Apple Pencilが充電できないのはなぜ?原因と解決策は?

スポンサーリンク
Apple Pencilが充電できないのはなぜ? IT

この記事では、Apple Pencilが充電トラブルに関する一般的な原因と対処法について紹介します。

スポンサーリンク

Apple Pencilの充電問題の主因:過放電

しばらく使用していないApple Pencilが充電できなくなる主な原因は、過放電です。過放電は特に以下のような場合に発生します。

  • 長期間、バッテリーがほとんどない状態で放置
  • バッテリーが完全に尽きてしまい、充電不可能になる。

最悪の場合はバッテリー交換が必要で、これは新品を購入するのと同じくらいの費用がかかることがあります。

スポンサーリンク

過放電したApple Pencilの復旧方法

Apple Pencil第一世代・第二世代の充電問題への対応方法は以下のとおりです。まずは、これらの手順を順に試してみてください。

iPadOSのアップデートの確認

iPadOSの最新アップデートを確認しましょう。OSのアップデートによって問題が解決することがあります。

アップデートは「設定」から「一般」を経由し、「ソフトウェアアップデート」で行います。定期的なチェックが推奨されます。

iPadの再起動とペアリングの再設定

iPadを再起動してApple Pencilとのペアリングを再設定することで、問題が解決することがあります。設定メニューからBluetooth設定を開き、Apple Pencilの接続を解除してから再ペアリングを行います。

接続部分の清掃

  • Apple Pencil(第一世代):コネクタ部分のホコリや汚れを拭き取る
  • Apple Pencil(第二世代):充電部分を清潔に保つ

柔らかい乾いた布を使って最初に掃除を行うことが推奨されます。これにより接続問題が解消されることがあります。

長時間の充電

過放電した場合、長時間充電を続けることでバッテリーが回復することが多いです。最大で1日程度充電して、問題が解消されれば使用可能になります。

保証期間の確認とサポートへの問い合わせ

新品購入直後の製品であれば、Appleの保証期間を利用することが選択肢になります。この保証は通常1年間有効で、確認には製品のシリアルナンバーが必要です。

保証の状況はAppleの特定のウェブサイトで確認できます。製品の保証期間内であれば、あるいは有料修理でも構わない場合は、Appleサポートに連絡してみると良いでしょう。

Appleサポートでは、問い合わせに対して無償でサポートを提供する場合もありますが、ハードウェアの故障が原因の場合は部品の交換など有料のサービスが必要になることがあります。

新製品への切り替え

修理や試した対処法で問題が解決しない場合、新しい製品への切り替えを検討することも一つの選択肢です。

Apple製品の価格が高いと感じるユーザーもいるかもしれませんが、他にも代替の選択肢が存在します。修理や対処が難しい場合、新しい製品への投資を検討するのは合理的な選択と言えるでしょう。

Apple Pencilの過放電からの回復確率

Apple Pencilが過放電から回復する確率は約50%です。確率が低いかもしれませんが、試してみる価値はあります。回復しない場合は、他の製品への切り替えを考えることが効果的です。

もし修理が困難な場合、中古のApple Pencilを低価格で購入するのも一つの選択肢です。Apple Pencilのペン先は交換可能で、新品の価格の半額程度で購入できることもあります。

サードパーティー製品の利用検討

Appleの純正品以外のサードパーティー製品も良い選択肢になり得ます。

最近のサードパーティー製品は性能が向上しており、充電や傾き検知などの機能も問題なく使用できます。価格も手頃で、3,000円以下で購入可能な製品もあります。

Apple Pencilの適切な保管方法

Apple Pencilを過放電から守るための保管方法は次の通りです。

  • バッテリー残量を50%から60%程度に保つ
  • 長期間使用しない場合はペアリングを解除する
  • 定期的に使用する場合はこまめに充電する

特に長期間使用しない場合は、過放電を防ぐためにこれらの保管方法に注意することが重要です。これはApple Pencilに限らず、Apple WatchやAirPodsなどのApple製品全般に当てはまります。

また、常に充電した状態を避けることも大切です。長時間の放置はバッテリーにダメージを与える可能性があります。

スマートデバイスの保証オプションの検討

Apple Pencilの保証に関して詳しく説明してきましたが、iPhoneやiPadなどの他のスマートデバイスの保証オプションについても検討するのが良いでしょう。

多くの人々がAppleCareに慣れていますが、この保証プランは各デバイスごとに加入が必要で、費用がかさむことがあります。

そこで別の保険オプションとして「モバイル保険」の検討が推奨されます。この保険はコストパフォーマンスに優れ、以下のようなメリットがあります。

モバイル保険の特徴

  • 月額700円
  • 年間最大10万円までの保証、回数無制限
  • 最大3台までのデバイスをカバー
  • スマートフォン以外のモバイルデバイスも含む
  • 機種変更後もオンラインで簡単に保証対象を更新
  • 修理店を自由に選べる

AppleCareはデバイスごとに加入が必要ですが、モバイル保険では一つの契約で複数のデバイスが保証されます。

たとえAppleCareの保険料が高額であっても、モバイル保険を利用することで、何度でも保証を受けることが可能です。

モバイル通信機器全般を対象とし、Apple Watch、ワイヤレスイヤホン、スマートウォッチ、Apple Pencilなども保証の範囲内に含まれます。

この保険プランを利用することで、iPhone、iPad、Apple Pencilなど複数のデバイスを同時に保証することができます。

特にApple製品を複数所有しているユーザーにとって、モバイル保険は経済的な選択肢となるでしょう。

IT
スポンサーリンク
takahiroをフォローする
暮らしなんでも情報館