iPhone「MMS機能を有効にする必要があります」対処法は?

スポンサーリンク
iPhone「MMS機能を有効にする必要があります」対処法は? IT

iPhoneを使っているときに「メッセージを送信できません。MMS機能を有効にする必要があります」というエラーメッセージに遭遇することがありますが、その解決策をお伝えします。

スポンサーリンク

MMSって何?

MMS(マルチメディア メッセージング サービス)とは、画像や動画などの大きなファイルを含むメッセージを送ることができるサービスのことです。これは、テキストのみを送信するSMS(ショート メッセージ サービス)とは異なります。

SMSはテキストメッセージのみを電話番号宛に送るものですが、MMSはより大きなファイルを含むメッセージをメールアドレス宛に送ることが可能です。

メールアドレスを宛先にしていると、テキストのみのメッセージであってもMMSとみなされ、「MMS機能を有効にする必要があります」と通知されます。もしテキストメッセージのみで事足りる場合は、電話番号を宛先にしてSMSで送信することが最も簡単な解決方法です。

SMSで送信する場合は、件名や添付ファイルを使うことができない点に留意してください。SMSでの送信は、件名や添付ファイルなしでメッセージを送る形になります。

続いて、各キャリアでのMMS機能の有効化方法を見ていきましょう。

スポンサーリンク

docomoの場合

docomoでは、残念ながらMMSは使用できません。その代わりに、「設定」から「メッセージ」へ進み、「SMSで送信」を「ON」にすることで、SMS機能を有効化できます。

SMS送信のポイント

  • 宛先をメールアドレスから電話番号へ変更する。
  • 件名を省略し、本文のみを記入する。
  • 写真や動画は添付しない。

SMSは文字数に制限がありますが、MMSの通知に悩むことなく利用できます。70文字以内なら、約3円で送信可能です(受信無料、海外送信は別途料金)。

写真や動画を送りたい場合は、プラスメッセージの利用がおすすめです。

プラスメッセージは、NTTドコモ、au、ソフトバンクといった日本の大手携帯電話会社が共に開発した、従来のSMSサービスを発展させた新しいメッセージング機能です。

この機能を使えば、電話番号さえ知っていれば、写真や動画などのメディアコンテンツの送受信が可能になります。

ただし、このサービスを利用するためには、送信者と受信者の両方がプラスメッセージの設定を事前に完了している必要があります。この要件が、サービス利用の際の障壁となる場合があります。

プラスメッセージはアプリストアから無料でダウンロードして使用開始することができます。「MMS機能を有効にしてください」というアラートが表示される時、プラスメッセージの使用がその解決策の一つとなり得ます。これはauの公式情報に基づいたものです。

アプリに登録されている連絡先リストを確認することで、プラスメッセージを使用できるかどうかを判断できます。特定の連絡先の名前の隣に特別なマークがある場合、その人とはプラスメッセージでやり取りが可能です。

逆に、マークがない場合は、その人がまだプラスメッセージの設定をしていないため、プラスメッセージを通じたメッセージ送信は不可能です。

auのiPhoneでMMSを有効にする方法

auを使っているiPhoneユーザーが「MMS機能をオンにする必要がある」と通知された際の対処法です。auでは、いくつかの簡単なステップでMMSメッセージの送信機能を有効にできます。

auのMMS設定手順

  1. 「設定」を開く。
  2. 「メッセージ」を選択。
  3. 「MMSメッセージ」を見つけ、「ON」に設定。

MMSをオンにするとメールアドレスの入力欄が現れます。auの場合、@ezweb.ne.jpや@au.comのドメインが使用されます。

auのMMS用メールアドレスが不明な場合は、「auサポートメール設定」で「MMS機能用のメールアドレス」を確認できます。正確な情報を入力すれば、auのiPhoneでもMMSを利用できますようになります。

iPhone同士のメッセージ交換

iPhoneユーザー同士では、MMS機能をオンにする必要はありません。iMessage機能を利用することで、MMSがオフでもメッセージの送受信が可能です。iMessageを使ったメッセージは青色の背景で表示されます。

そのため、相手がiPhoneユーザーであれば、まずiMessageでテスト送信を試みることをお勧めします。

もし「MMS機能をオンにする必要がある」という通知が出たら、相手がiMessage非対応であることがわかります。

この場合は、SMSやプラスメッセージ、LINEなど他の方法で連絡を取ると良いでしょう。

この方法を取ることで、MMS機能を使うことができない状況や、特定のキャリアにおける制限に直面しても、スムーズにコミュニケーションを取ることが可能になります。

特にiMessageは、インターネット接続があれば、追加料金なしで画像や動画、テキストメッセージを送ることができるため、特にiPhoneユーザー間でのやり取りには最適です。

iMessageはiOSデバイス間でのみ機能し、Androidユーザーとの間でメッセージを交換する場合はSMSが適切になります。

また、海外にメッセージを送る場合には、キャリアによる追加料金が発生することがあるため、その点も考慮する必要があります。

プラスメッセージやLINEなどのアプリを利用する場合は、アプリ内での通信が無料であることが多いですが、データ通信料がかかることを念頭に置いておくと良いでしょう。

これらのアプリは、特に写真や動画を送りたい場合に有効で、多くのユーザーにとって便利な選択肢となります。

最終的には、利用環境や相手との関係、送信する内容などに応じて、最も適切なメッセージ送信手段を選ぶことがコミュニケーションを円滑にする鍵となります。

SMSやiMessage、プラスメッセージ、LINEなど、それぞれのメリットとデメリットを理解し、状況に応じて柔軟に対応できるようにしておくことが大切です。

まとめ

docomoのお客様には不便をおかけしますが、MMS機能を使うことはできません。ただし、相手がiPhoneユーザーなら、iMessageを介してメッセージを送る試みはできます。

もし「MMS機能を有効にしてください」と表示されてメッセージが送れない場合は、iMessageを使ってもダメなので、SMS等の別の連絡手段を試してみてください。

一方で、auやSoftbankを使っている人は、設定メニューからメッセージ設定へ進み、「MMSメッセージ」オプションをオンにしてMMS機能を有効にできます。その際、画面下にある空欄にメールアドレスを入力することを忘れないでください。

MMSは、ショートメッセージサービス(SMS)と違って、テキストだけでなく写真や動画などの大容量データも送れるサービスのことです。

宛先にメールアドレスを指定していると、自動的にMMSとして扱われ、「MMS機能を有効にしてください」という指示が出ることがあります。

docomoではMMS機能を利用できませんが、Softbankやauのユーザーは簡単な手順でMMS機能を活用できます。メールアドレスの記入をお忘れなく。

IT
スポンサーリンク
takahiroをフォローする
暮らしなんでも情報館