猫の屋内飼育はなぜよくない?デメリットと注意点も!

スポンサーリンク

かつては猫が外を自由に歩き回り、食事も庭で与えられるのが普通でしたが、現代では屋内飼育が一般的になっています。

「猫は屋内で飼うべきではない」という意見にはどのような根拠があるのか?検証していきたいと思います。

スポンサーリンク

【猫】屋内飼育を指示する理由

屋内飼育を支持する側は猫の安全と健康を最優先に考えるべきだと主張しており、その理由としては、以下のような点が挙げられます。

交通事故のリスク

外を自由に歩く猫は交通事故に遭うリスクが高まります。特に、交通量の多い道路や自動車事故の多発地域では猫の安全が脅かされることがあります。

病気のリスク

屋内で飼うことにより、猫は感染症や寄生虫から守られます。外での接触により感染症が広がるリスクが高いため、屋内飼育が推奨されることもあります。

環境への配慮

屋内飼育により、野生動物への影響が最小限に抑えられます。外で猫が狩猟をすることは地域の生態系に悪影響を及ぼすことがあり、野良猫が多い地域では庭や花壇への糞尿被害も問題になっています。

安心できる環境

屋内飼育は猫に安心感を与えます。外部からのストレスが少ないため、安定した環境で生活が可能です。

このように、屋内で猫を飼うことには安全面や健康面での多くのメリットがあることが分かります。一方、猫を屋外で飼うべきであると主張する理由についてみていきましょう。

スポンサーリンク

【猫】屋外飼育を指示する理由

屋外で猫を飼うことに賛成する人たちの主張は、猫には外での自由な時間が必要だと考え方に基づきます。

猫の本能に基づいた行動

猫は自然界での狩りや社交行動を本能的に行います。屋外での活動はこれらの本能的な要求を満たす機会を与えます。

例えば、外で遊ぶことは猫に必要な身体的な運動や知的な刺激を提供し、猫の幸せに貢献します。

ストレスの軽減

室内での生活は猫にストレスを与えることがあります。特に狭いスペースでの生活は、運動不足や社会的な孤独感を引き起こし、ストレスの一因になります。外での活動や探検は、猫のストレスを軽減する効果があります。

健康面の良い影響

屋外での運動や日光浴は、猫の健康にプラスの効果をもたらします。太陽光によりビタミンDが生成され、骨の健康を維持するのに役立ちます。

幸福感の向上

屋外で自由に過ごすことは、猫にとって幸福感を感じる機会を提供します。外の景色を楽しんだり、自分の領域を拡大したりすることで、猫はより豊かな環境で生活できます。

屋内飼育に関する賛否両論

屋内での猫飼育に関しては、賛成派と反対派の意見が様々です。一つの飼育方法がすべての猫や飼い主に適しているわけではなく、飼育環境は猫の性格や飼い主の生活状況によって異なることがあります。

屋内飼育支持者は、猫の安全と健康を最も重視しており、外での活動に伴うリスクを懸念すべきという考えに基づいています。端的に言うと、猫が交通事故や病気で命を失っては元も子もないという考えですよね。

一方、屋内飼育に反対する意見は、猫が自然な行動や社交行動を楽しむことができることを最優先に考えています。猫本来の生き方を尊重して、ストレス軽減や幸福感を重要視しているわけです。

飼う場所の環境や猫の性質、頭数によっても変わってきます。最終的には、飼い主は猫の安全、健康、幸福感を総合的に考慮し、最適な環境を提供することが求められます。

【猫】屋内飼育の注意ポイント

屋内で猫を飼育する際には、快適な生活環境を整えることが大切です。ストレスを最小限に抑え、猫が快適に過ごせるような環境を作るためには、いくつかの重要なポイントがあります。

高い位置の確保

部屋の中で高い位置は猫にとって大変重要です。これにより、猫は自分の領域全体を見渡すことができ、安心感を感じます。

屋内で飼われる猫にとって家全体がその領域となるため、高い場所を確保することはストレスの軽減に繋がります。

高所へのアクセスは猫の運動不足解消にも役立ちます。キャットタワーやキャットウォークの設置、または家具や本棚を活用して高い場所を作り出すことができます。

窓際の高い位置を確保すると、猫は外の景色を楽しみ、刺激を受けることが期待できます。

安全な隠れ場所の提供

屋内で飼われる猫には、安心して隠れられる場所を提供することが大切です。猫は本能的に狭く暗い場所を好むため、そうした隠れやすい環境を作ることが求められます。

隠れ場所は、予期せぬ訪問者や突然の騒音から猫を守り、ストレスを軽減するのに役立ちます。市販の猫用隠れ家や自作のダンボールハウスなど、様々な選択肢があります。

猫用品の準備

屋内で猫を飼う際は、食器、水容器、キャットフード、猫用トイレ、爪とぎなど、必要な猫用品を用意することが重要です。

特に、猫が好むタイプの爪とぎを設置することは欠かせません。これがないと、猫がストレスを感じて家具や壁を傷つけることがあります。

脱走防止対策

好奇心旺盛な猫は外に出ようとすることがあります。脱走を防ぎ、事故を避けるために適切な対策を講じることが大切です。

屋内安全対策

猫は家の中を自分の縄張りとして探検し、遊ぶことがありますが、家の中には猫にとって危険な物があります。

特にキッチンには危険な調理器具や有害な食品があるため、猫が触れない場所に保管し、誤飲を防ぐことが重要です。

外を見渡せる場所の確保

猫は縄張り意識が強く、家の中からでも外を見渡したがります。日光浴は体内時計の調整や体温維持に役立つため、家の周りを一望できる窓辺に、猫が快適に過ごせる場所を設けることが望ましいです。

猫を室内で飼う場合は以上のポイントを元に対策を行えば、猫の身の安全を守りつつストレス軽減や幸福感にも配慮した環境を提供することができるでしょう。

少しでも参考にして頂けたら幸いです。最後までお読みくださり、ありがとうございます。

ペット
スポンサーリンク
takahiroをフォローする
暮らしなんでも情報館