【リクガメ】餌の量やタイミングは?健康長寿に飼育する秘訣!

スポンサーリンク

愛らしい行動とユニークな食べ方で人気のリクガメ。ペットとしての需要が高まる中、初心者の飼育者向けに適切な食事の選び方や注意点を紹介します。

この情報を活用して、リクガメとの共生を長く、幸せなものにしましょう。

スポンサーリンク

リクガメに与える餌の頻度と量について

リクガメには、1日に1回の給餌が基本です。成長期の幼体の場合、状況に応じて1日2回まで増やしても良いでしょう。

料については、通常はサラダボウル1杯分を目安にします。毎日の残食をチェックして、飼育中のリクガメに適した量を調整しましょう。

スポンサーリンク

リクガメの健康に必要な栄養素

また、リクガメの健康を維持するためには、バランスの取れた食事が必要です。特に重要な栄養素は、カルシウム、ビタミン、ミネラル、繊維質です。

日本の軟水ではカルシウムが不足しがちなので、サプリメントの利用が推奨されます。経済的な方法として、詰め替え用のカルシウムサプリメントを100円ショップの容器に入れて冷蔵庫で保管することもできます。

また、ビタミンとミネラルが不足すると、病気を引き起こす可能性があるため、積極的に食事で補うことが大切です。

繊維質はリクガメの消化機能をサポートし、免疫力を向上させるためには、繊維質が重要な栄養素です。便秘が心配な場合は、繊維質を多く含む食事を与えることをおすすめします。

リクガメに与える人工飼料の正しい使い方

ペットショップで手に入るリクガメ用の人工飼料は、適切に使用することが重要です。人工飼料だけでの給餌はおすすめされていません。

これは、人工飼料にカルシウム不足や脂質・タンパク質過多の傾向があるためです。また、人工飼料の多用は、リクガメが自然食に興味を失うリスクもあります。トッピングとして少量にとどめるのが良いでしょう。

リクガメに適した餌の選び方

リクガメに与えるのに理想的な餌としては、野草、野菜、果物が挙げられます。

野草

自然環境下で育つリクガメは、特に野草を好んで食べます。野草はリクガメに必要な栄養を豊富に含んでおり、彼らの食欲を満たします。

適した野草を見つけるのは少々手間がかかるかもしれませんが、リクガメの健康維持には大切です

リクガメに適した野草として、オオバコ、ヘラオオバコ、ナズナなどがあり、中でもカルシウムが豊富なオオバコが特におすすめです。

ただし、野草を与える前には、汚染物質がないか確認し、しっかり洗ってから与えましょう。

野菜

リクガメの主な食事としては野菜が適しています。バラエティに富んだ野菜を組み合わせることで、栄養バランスの良い食事が提供できます。

特に小松菜やモロヘイヤ、大根の葉がおすすめで、これらの野菜はカルシウムやミネラルを豊富に含みます。

ただし、モロヘイヤの種には毒性があるため、注意が必要です。副菜として、サラダ菜やきゅうり、スプラウトなども適しており、これらを組み合わせることでリクガメの健康をサポートします。

果物

ビタミンが豊富な果物もリクガメには良い影響を与えます。バナナ、りんご、いちご、キウイフルーツ、マンゴー、パパイヤなどがリクガメに適しています。

しかし、果物の摂りすぎはリクガメが他の食べ物を食べなくなる原因になるため、全体の食事量のうち20%未満に抑えることが大切です。リクガメの食事を多様にすることで、食べる楽しみを提供し、健康維持に役立てましょう。

リクガメに与えてはいけない餌

リクガメの飼育で特に注意すべき、与えてはいけない餌について紹介します。これらの知識はリクガメの健康維持に欠かせません。

特定の野草と球根植物

リクガメには、オシロイバナやヒガンバナなどの野草や球根植物を絶対に与えてはいけません。これらにはリクガメにとって毒性のある成分が含まれており、健康を害する可能性があります。

また、リクガメに適さない球根植物もありますので、餌を選ぶ際には慎重に行いましょう。

シュウ酸を含む野菜

ほうれん草、キャベツ、ブロッコリー、レタスなど、シュウ酸を含む野菜はリクガメに与えるべきではありません。

シュウ酸はカルシウムの吸収を妨げ、結石を引き起こす原因となることがあります。これらの野菜を与える場合は、量を制限し、バランスの良い食事にしましょう。

避けるべき穀物と豆類

リクガメにとうもろこしや豆類を与えるのはおすすめできません。これらは高炭水化物で、過剰に摂取するとリクガメの健康を害することがあります。

また、消化不良を引き起こす可能性もあるため、リクガメの食事には適していません。

刺激物

ししとうや唐辛子などの辛い食べ物は、リクガメにとって非常に刺激が強く、消化器系に負担をかける可能性があります。

これらの刺激性の高い食品はリクガメに与えないよう注意しましょう。リクガメの食事選びは、彼らの生理学的ニーズに合わせて慎重に行うことが大切です。

野菜や果物の種子

リクガメに野菜や果物を与える際は、中の種子を除去することが重要です。

これらの種子はリクガメの消化に難しく、腸閉塞を引き起こす危険があります。野菜や果物を与える前には、種子を丁寧に取り除いてからリクガメに提供しましょう。

安全で健康的な食材選びを心掛けて、リクガメの健康を守りましょう。

人間用の加工野菜食品

人間用の加工野菜食品は、リクガメにとっては適さない食品です。これらの食品は味付けが強く、リクガメの消化器官に大きな負担をかけることがあります。

さらに、リクガメは乳製品や油の消化ができないため、これらを含む加工食品を避けることが重要です。

犬や猫用の餌

犬や猫用の餌はリクガメには不適切です。これらの餌はリクガメが必要とする栄養素を含んでいない上、消化することができないため、健康に悪影響を与える可能性があります。

リクガメの給餌タイミングと管理方法

リクガメに餌を与える最適なタイミングと、食後の適切な管理方法について解説します。

餌を与えるタイミング

理想的には、リクガメには1日1回餌を与えることが推奨されますが、特定の時間に決まりはありません。

日常生活のリズムに合わせて、例えば朝の時間に餌を与えることが良いでしょう。朝はリクガメが活動を始める前であり、食事に最適な時間帯です。

リクガメに餌を与える際のポイント

野菜や果物を与える場合は室温に戻してから与えることで、下痢や消化不良を防ぐことができます。

また、リクガメが一口で食べやすく、栄養バランスを均等に摂取できるように、食事を一口サイズに切ることが大切です。これによりリクガメは食事を楽しみやすくなり、健康維持に役立ちます。

食べ残した餌の対処法

リクガメが食べ残した餌は、腐敗や細菌の増殖の原因になるため、速やかに撤去することが大切です。

また、食べ残しを放置するとリクガメが過食になり、肥満のリスクがあります。肥満はリクガメの健康に悪影響を与えるため、食事が終わったら早めに餌を片付けることが重要です。

リクガメの食欲について

リクガメは気分屋なので、時には食欲がない日もあります。一時的な食欲不振は心配ありませんが、数日間食欲が戻らない場合は健康上の問題があるかもしれません。

専門の獣医が少ないため、事前に獣医を探しておくことが大切です。

リクガメの餌について、おすすめの内容と健康維持のための注意点を紹介しました。

リクガメを家族の一員として迎えるなら、彼らが健康で長生きするために適切な食事管理を心がけましょう。

栄養バランスの良い野草、野菜、果物を組み合わせることで、リクガメの健康を支えることができます。