Webライターの始め方/初心者や未経験者からプロへの道

スポンサーリンク
Webライターの始め方 仕事

この記事では、Webライティングの基礎から、適性を持つ人物の特徴までをご紹介します。

・Webライティングの始め方と進行プロセス
・スタートする前に把握しておきたいこと
・Webライティングに適した人の特性

Webライティングの世界への一歩は、特に準備が必要なく始められますが、初期の挑戦は困難を伴うこともあります。

しかし、継続してスキルを磨くことで、楽しさと共に収入も増えていきます。
ぜひこの記事を参考に、Webライティングへの一歩を踏み出してみましょう。

スポンサーリンク

初心者が試せるWebライターの基本ガイド

まずは、Webライターとしての基本的な流れについて説明します。
ここで紹介するステップに従えば、Webライティングをスムーズに始めることができるでしょう。

クラウドソーシングプラットフォームへの登録

基礎知識を得た後は、クラウドソーシングプラットフォームへの登録が続きます。
これらのプラットフォームは、仕事を依頼する人と受ける人を結びつける役割を果たします。

Webライター初心者にとって、特に以下のクラウドソーシングサービスが推奨されます。

これらのプラットフォームは、初心者にも適したWebライティングの案件を多数扱っています。
様々なタイプの案件があるため、自分に合った、あるいは挑戦してみたい仕事を見つけやすいでしょう。

Webライティング関連の書籍を読む

Webライターとしての最初の一歩は、関連分野の書籍を読むことからスタートします。
直接仕事を受けることも可能ですが、基本的な知識が不足していると、効率が悪くなり、案件を獲得するのが難しくなる可能性があります。

そのため、最初にWebライティングに関する書籍を読むことが良いスタートにつながります。
特に初心者の方には、以下の2冊がおすすめです。

・「現代的な文章力の基礎」
・「Webライティングの新しい技法」

『現代的な文章力の基礎』では、文章を書く基本がわかりやすく解説されています。
『Webライティングの新しい技法』は、Web特有の書き方を漫画を交えて楽しく説明しています。

これらは初心者にも理解しやすく、基礎から学べる良書です。
これらの書籍で基本を身につけた後は、興味のある書籍を読んでさらに知識を深めていきましょう。

プロフィールの詳細化と案件応募のコツ

クラウドソーシングサイトに登録後は、プロフィールの充実に努めましょう。
基本情報だけでは、依頼者に自身の能力や特徴を伝えるのが難しいです。詳細なプロフィールは信頼感を与えます。

プロフィールをきちんと設定したら、興味のある仕事にどんどん応募していきましょう。
クラウドソーシングサイトでは常に新しい案件が出てくるので、仕事探しに困ることはありません。

ただし、報酬があまりに低い案件は避けることが肝心です。
多くのサイトでは文字数に応じた単価設定がなされており、中には極端に低い報酬の仕事も存在します。

低報酬の仕事を選んでしまうと、かけた労力に見合わない報酬によって、ライティングへの情熱を失う可能性があります。
初心者の方でも、過度に低い単価の仕事は控えるようにしましょう。

応募する際は、単に挨拶を述べるだけでなく、自分の能力や経験をアピールする内容を添えると良いです。

案件獲得と執筆の流れ

Webライター初心者は、案件を受注するのが難しいことを理解し、積極的に応募する姿勢が大切です。
気になる仕事を見つけたら、すぐに応募しましょう。

通常、応募に対する返答がないことが多いので、一つの案件にこだわらず、次々と応募を続けることが重要です。
選考を通過すると、テストライティングの機会が与えられます。

Webライターの多くは、最初のテストライティングで実力を見せ、それによって本格的な仕事を受けることになります。

テストライティングでは、依頼主から指示されたキーワードやテーマに従って文章を書き、それが評価されれば継続的な仕事を受けるチャンスが広がります。

クラウドソーシングサイトでは、短期的な仕事も長期的な仕事もありますので、案件を選ぶ際はその種類を確認することが大事です。

スポンサーリンク

Webライターになるための準備

Webライターとしての活動を開始する前に、いくつかの準備をする必要があります。
ここでは、Webライティングを始める前に重要な準備事項をご紹介します。

パソコンの購入

Webライターとして活動するには、パソコンの準備が欠かせません。

500文字程度の短い文章ならスマートフォンでも可能ですが、より長い文章や多くの仕事をこなすには、パソコンが効率的で快適です。特に長文を扱う際は、パソコンを使うことで作業のストレスを軽減できます。

また、依頼者によってはExcelやWordなどのオフィスソフトウェアの使用を求められることもあります。

多くの場合、依頼者はライターがパソコンを使用していると想定しているため、Webライティングを本格的に始める前に適切なパソコンを用意することが望ましいでしょう。

インターネット環境の整備

Webライティングの仕事をする上で、安定したインターネット環境の確保は必須です。

文章の執筆はもちろん、オンラインでの仕事応募や依頼主とのコミュニケーションにも、安定したネットワークが求められます。

オンラインでの面談やミーティングが増えている現在、信頼できるインターネット環境がなければ、依頼主に迷惑をかける可能性があります。

過去にオンラインでの面談を経験したことがある私自身も、安定したネット環境の重要性を強く感じています。

インターネット環境を整備するためのおすすめサービス

・GMOとくとくBB WiMAX:持ち運び可能で広いエリアに対応、高速通信を実現
・auひかり:auやUQモバイルユーザーには割引が適用されるのでコストパフォーマンスが高い
・楽天モバイル:データ使用量無制限で、テザリングも自由に使える

ビジネス専用クレジットカードの選定

Webライティングを副業または本業として行う際には、ビジネス専用のクレジットカードを持つことが役立ちます。

関連する書籍やパソコンの購入など、Webライティングにかかる経費を効率的に管理するために、専用カードを使用することが望ましいです。

個人用のクレジットカードでビジネス経費を支払うと、確定申告時の会計が複雑化する可能性があります。

特に、フリーランスとして独立する場合は、退職前にビジネス用のクレジットカードを準備しておくことを推奨します。フリーランスとなると、クレジットカードの審査が厳しくなることが多いためです。

Webライターに適したクレジットカードとして、以下のものがおすすめです。

・楽天カード:多くの店でポイントが貯まる点が特徴
・PayPayカード:公共料金の支払いでポイントが貯まる利点があり
・アメリカン・エキスプレス(グリーン):ステータスを重視する方に向け、退職前に申し込むと審査が通りやすい

これらのカードは、Webライターとしての業務を効率化し、財務管理を容易にします。さらに、ポイントや割引などのメリットも提供されます。

ビジネス専用カードを使うことで、プライベートの財務とビジネスの財務をきちんと区別することができ、これがビジネスの会計処理や税務申告をスムーズに進めるのに役立ちます。

カードを選ぶ際は、年会費やポイント制度、付帯サービスなど、自分のニーズに合ったものを選ぶことが大切です。これらのカードは特にWebライティング業務に適していますので、各カードの特徴を比較して選択することをお勧めします。

Webライティングに向いている人の特徴

Webライティングへの挑戦を考えているあなたに、この分野に適した人の特性を紹介します。
もし以下の特徴が自分に当てはまるなら、Webライティングがあなたにとって良い選択かもしれません。

文章を書くことに対する熱意

Webライティングの仕事は、ほとんどが文章を書くことに費やされます。
そのため、文章を書く作業そのものを楽しめる人は、この仕事で成功しやすいでしょう。

もし文章作成が苦手だと感じるなら、Webライティングの道を選ぶのは難しいかもしれません。
Webライターとして歩み始める前に、自分が本当に文章を書くことに情熱を感じられるかを考えてみましょう。

情報収集のスキル

Webライターの仕事には、効果的に情報を収集する能力が不可欠です。
Google検索などを駆使して素早く必要な情報を見つけ出せる人は、Webライティングに向いています。

一般に、Webライターは書くことに多くの時間を割くと思われがちですが、実際にはリサーチにもかなりの時間を費やすことがあります。
情報収集が苦手だと感じる場合、Webライティングの仕事は厳しいかもしれません。

独立して作業することの好み

Webライティングは基本的に単独で行う仕事です。
ほとんどの時間をパソコンと向き合いながら過ごすため、一人で黙々と作業をすることを好む人にはぴったりです。

逆に、人と協力して仕事を進めたいと考える人にとっては、Webライティングはあまり合わないかもしれません。
コミュニケーションを取りながら仕事をしたい場合は、オフィス勤務のポジションを探すのが良いでしょう。

まとめ

Webライターとしてのキャリアに対する否定的な意見は、適切なスタートを切れていない人や、過度に厳しい条件の仕事に就いてしまった人から出ることが多いです。

収入面での心配がある場合でも、副業として少しずつ始めてみることで、徐々に収益を増やしていくことができます。
空き時間を活用して、Webライティングに挑戦してみるのも一つの方法です。

仕事
スポンサーリンク
takahiroをフォローする
暮らしなんでも情報館