どこで切手を入手する?販売店の一覧と購入方法も!

スポンサーリンク
どこで切手を入手する? 生活

手紙や書類を郵送する際に必要なのが切手です。個人的なはがきや封筒に貼って、郵便箱へ投函するか郵便局で処理すれば、日本全国どこへでも低価格で送ることが可能です。

しかし、切手をどこで手に入れることができるのでしょうか?
多くの場合、郵便局が主な購入先ですが、週末の午後や祝日には閉まっていることもあります。

そうした時に切手をどこで購入できるか、この記事でご紹介します。

スポンサーリンク

切手の入手先:様々な販売店のリスト

郵便物の重さに合わせて必要な料金の切手を購入し、貼る必要があります。一般的には郵便局が購入先として最もポピュラーですが、他にどこで買えるのか?

ここでは、切手の入手可能な場所を詳しく紹介します。

郵便局での購入

切手を確実に手に入れたい場合、郵便局へ行くのが一番です。限定デザインの特別切手や地域限定のフレーム切手も、郵便局でのみ販売されています。

しかし、郵便局の営業時間は平日の昼間や土曜日の午前中に限られているため、仕事をしている人には不便かもしれません。

「ゆうゆう窓口」のある郵便局

近くの郵便局が閉まっている場合、「ゆうゆう窓口」がある郵便局を利用すると良いでしょう。これらは土日、祝日や24時間営業していることもあり、特に大きな郵便局では通常営業しています。

ここでは、不在時に届いた郵便物の受け取りだけでなく、官製はがきや切手の購入も可能です。

コンビニエンスストア

郵便局の営業時間外に切手が必要な場合、近くのコンビニが便利です。切手は棚には置かれていないため、レジで店員に伝える必要がありますが、在庫は限られています。

1~2枚の購入であれば問題ありませんが、多量に必要な場合は在庫不足になることも。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート

多様な切手取扱店

多くの個人経営店も「切手取扱店」として指定されています。これらの店舗はタバコ店や文具店、酒屋、衣料品店、駅の売店など様々です。

これらの店では、大きな郵便マークや「はがき」「切手」「印紙」の文字が書かれたシールやプレートが目印です。

店の前に郵便ポストがある場合もありますが、ポストがあるからといって必ずしも切手を扱っているわけでありませんので、実際に店内で切手を販売しているかどうかを確認することが必要です。

このように、切手は郵便局だけでなく、様々な場所で購入することができます。どの場所もそれぞれのメリットがあり、郵便局では限定デザインの切手を、コンビニや個人店では急な必要に応じて手軽に切手を手に入れることができます。

購入する際には、営業時間や在庫状況を確認することが大切です。

スーパーマーケットで切手を購入

イオンやイトーヨーカドーなどの大手スーパーマーケットチェーンでは、サービスカウンターで切手を取り扱うことがあります。これらの店舗では、通常、少量の切手購入が可能です。

しかし、全てのスーパーマーケットで切手が販売されているわけではないため、切手取扱店かどうかを確認する必要があります。

切手取扱店を見分ける方法の一つとして、スーパーの入口近くに郵便ポストが設置されており、「はがき」「切手」「印紙」と書かれたシールがあるかどうかをチェックすると良いでしょう。

  • ダイエー
  • トライアル
  • 西友
  • マックスバリュ
  • イトーヨーカドー
  • CGCグループ
  • 生協(コープ)
  • イオン

切手専門の店

金券ショップでは、年間を通じて切手や切手シートが販売されています。これらの店舗では、通常、在庫切れになることは少ないです。

店舗によっては郵便局の価格よりも少し安い価格で切手を提供していることもありますが、多くの場合は切手シートでの販売になります。

・全国のチケットショップ/金券ショップ一覧(NAVITIMEサイト内)

オンラインでの切手購入

オンラインショップで切手を購入する場合もあります。インターネット上での販売も行われていますが、通常は店頭価格よりも少し高めの設定になっていることが多いです。

忙しくて店舗に行く時間がない場合や、他の商品と一緒に注文したい場合など、オンラインでの購入が便利です。

  • アマゾン
  • ヤフーショッピング
  • 楽天市場

以上、切手を購入できる様々な場所をまとめました。急いでいる場合は、コンビニが最も確実な選択肢となります。スーパーや個人店では、切手の有無を確認するのが少し手間かもしれません。

生活
スポンサーリンク
takahiroをフォローする
暮らしなんでも情報館