三宅義行監督(宏美父)の経歴や身長は?双子説や嫁&息子も!

リンクユニット




今回は、重量挙げの三宅宏実選手の父親である

三宅義行監督に注目していきます。

三宅さんの身長などのプロフィールや経歴について、

嫁や息子についてや双子説って本当?

などなど、気になる話題に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

三宅さんの身長や経歴について

出典:https://blog.goo.ne.jp/

まずは、三宅さんのプロフィールについてみていきましょう。

三宅 義行(みやけ よしゆき)

出身地:宮城県柴田郡村田町

生年月日:1945年9月30日

年齢:73歳(執筆時点)

身長:153cm/63kg

最終学歴:法政大学

競技:重量挙げ(ウェイトリフティング)

(出典:Wikipedia)

三宅さんの身長は153cmです。

同年代男性の平均身長約163cmと比べても

小柄な方ですね。

ちなみに、芸能人で小柄な方といえば、、

岡村隆史さんが身長156cm

出典:https://hakata.keizai.biz

猫ひろしさんの身長は147cm

出典:gree.jp/neko_hiroshi

体操選手のように若い頃から筋肉質になると

身長が伸びなくなるという説が昔からありますが、

そうでない事例も多くあり、実際の因果関係は

解明されていないようですね。

前置きが長くなってしまいましたが、

三宅さんは、大学卒業後の1968年、

メキシコシティオリンピックに出場。

重量挙げフェザー級で銅メダルを獲得されました。

幹部自衛官として自衛隊体育学校に在籍し、

1969年、1971年には世界選手権で優勝。

現役引退後は指導者として活躍し、

数多くの重量挙げ選手の育成に貢献されています。

娘の三宅宏実選手のコーチとしても知られていますね。

出典:http://blog.livedoor.jp/ironmanjapan/

三宅 宏美(みやけ ひろみ)さん

出身地:埼玉県新座市

生年月日:1985年11月18日

年齢:32歳(執筆時点)

身長:147cm

(出典:Wikipedia)

宏美さんは、中学時代までテニスに夢中でしたが、

シドニー五輪を見てから重量挙げ選手を目指します。

コーチの父親と二人三脚で厳しいトレーニングを積み、

2012年ロンドンオリンピック48kg級で銀メダル獲得

2016年リオデジャネイロオリンピック48kg級では銅メダルを獲得しました。

出典:https://www.sponichi.co.jp

一方、三宅義行さんは、

2016年、公益社団法人日本ウェイトリフティング協会会長に就任。

2017年、国際ウェイトリフティング連盟理事に就任。

日本ウェイトリフティング界で重要な役職につき

現在も多大なる貢献をされています。

嫁や息子は?

三宅さんには宏美さんの他に2人の息子さんがいらっしゃるようです。

出典:http://www.tiu.ac.jp/

次男の三宅敏博(としひろ)さんは、

1975年6月15日生まれの43歳。(執筆時点)

自衛隊体育学校ウェイトリフティング77kg級選手として活躍。

全日本選手権大会通算5度優勝のほか、

各種国内外の大会で活躍され、現役引退後も指導者として活躍。

2009~2012年は日本女子代表の監督も務めています。

三宅さんの長男も重量挙げ競技経験者だそうですが、

一般の方であるため、詳しい情報はありませんでした。

三宅さんの嫁さんであり、宏美さんや敏博さんの母親は三宅育代さん。

音楽大学を卒業し、ピアノ教師をされていた方です。

宏美さんは育代さんからピアノを習っていたのだとか。

双子説って?

出典:http://www.goldmedalist.jp/

三宅義行さんは、ネット上でなぜか双子説が浮上しています。

調べたところ、三宅さんは9人兄弟の7番目。

双子ではありませんが、6男の兄・義信さんと

経歴もルックスもクリソツであることが分かりました。

出典:https://asanogawa.exblog.jp/

三宅 義信(みやけ よしのぶ)さん

出身地:宮城県柴田郡村田町

生年月日:1939年11月24日

年齢:78歳(執筆時点)

(出典:Wikipedia)

元陸上自衛官で、ウェイトリフティングの選手。

1960年ローマオリンピックから4大会連続で

日本代表となり、ローマでは銀メダル獲得。

出典:https://search.yahoo.co.jp

1964年東京オリンピック:金メダル獲得

1968年メキシコシティオリンピック金:メダル獲得。

1972年ミュンヘンオリンピックでは惜しくも4位

選手としての実績では、弟の義行さんを凌いでいますね。

現役引退後も幹部自衛官として多くの選手育成に貢献。

1997年、自衛隊体育学校校長を務めた後、退官。

その後は、

  • 小松製作所顧問
  • 日本トライアスロン連合副会長
  • 日本オリンピアンズ協会常務理事
  • 東京都ウェイトリフティング協会副会長
  • 東京国際大学特命客員教授
  • 東京国際大学ウェートリフティング部監督

など、数々の要職を歴任。

2014年5月には、なんと現役復帰を果たし、

マスターズ大会を中心に選手として活躍されています。

すんごいですねぇ。

三宅家の遺伝子半端ないって!

まとめ

今回は、重量挙げの三宅宏実選手の父親であり、

コーチとして活躍され、自身も選手として

実績のある三宅義行さんについて書いてきました。

三宅さんの息子や娘さんだけでなく、

兄も重量挙げで凄い実績を残されており、

半端ない遺伝子の継承者であることが分かりましたね。

【追記】

ここにきて、三宅さんにとんでもない疑惑が浮上してしまいました。

アメフト、レスリング、ボクシング、体操に続き、

またもやパワハラ告発…

パワハラを訴えた選手は既に引退しており、

現段階では真相は明らかになっていませんが、

引き続き、こちらの話題に注目していきたいと思います。

今回も最後までお読みくださって

本当にありがとうございます。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク