丸佳浩のFA移籍先は巨人orロッテ?筋肉画像や年俸&成績が凄い!

リンクユニット




今回は、広島東洋カープの丸佳浩選手に注目していきます。

丸選手といえば、広島リーグ3連覇の立役者!

特に2018年ペナントレースでは、本塁打が過去最高の39本、出塁率はリーグトップの.468、そして、あの王貞治さん以来44年ぶりとなるシーズン130四球は圧巻でしたねぇ。

もはや、広島にとっての誇りでもある丸選手。

カープファンにとっては耳をふさぎたくなる話題ですが…

丸選手がFA権を行使して他球団に移籍するのでは?

との噂が浮上しています。

候補先として具体的なチーム名があがっている巨人やロッテ。

丸選手は移籍してしまうのでしょうか?

はたまた広島へ残留するのか?

丸選手のFA移籍先は?

これまでの年俸や成績についてや、

筋肉がかなりやばいことになっている?

などなど、気になる丸ちゃんの話題に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

丸佳浩選手のプロフィール

出典:https://www.phiten.com/

まずは、丸選手のプロフィールからみていきましょう。

丸 佳浩(まる よしひろ)

愛称:丸ちゃん

出身地:千葉県勝浦市

生年月日:1989年4月11日

年齢:29歳(執筆時点)

身長/体重:177cm/90kg

投打:右投左打

ポジション:外野手(主にセンター)

(出典:Wikipedia)

丸選手の実家は、ご両親が「カットサロンまる」という理髪店を経営されています。

出典:https://ameblo.jp/nnn73n

あっ、丸ちゃんと似ていらっしゃいますね。

小学3年からソフトボールを始め、中学校時代から軟式野球でピッチャーとショートの二刀流で活躍しました。

学歴についてですが、

千葉県勝浦市立勝浦中学校→千葉経済大学付属高等学校と進学されています。

ちなみに、千葉経済大学附属高等学校といえば…

南海キャンディーズの山里亮太さんと同じ出身校ですね。

顔のでかさや身長なども近くて意外にも共通点多し。

出典:https://spice.eplus.jp

高校時代は、2年生時に夏の甲子園、3年生時に春の甲子園出場もされていますよ。

高校時代に通算49本のホームランを記録。

2007年、ドラフト3位指名で広島東洋カープに入団。

今や、広島不動の3番打者として、名実ともに球界を代表するスラッガーにまで成長しました。

年俸や成績が凄い!

続いて、丸選手のこれまでの成績や年俸についてみていきましょう。

年俸(推定) 試合 打率 安打 得点 本塁打
2008 500万円
2009 500万円
2010 550万円 14 .158 3 1 0
2011 600万円 131 .241 105 48 9
2012 1,700万円 106 .247 70 82 4
2013 2,300万円 140 .273 138 26 14
2014 5,100万円 144 .310 166 106 19
2015 9,000万円 143 .249 132 81 19
2016 8,500万円 143 .291 162 98 20
2017 1億4,000万円 143 .308 171 109 23
2018 2億1,000万円 125 .306 132 109 39

丸選手も、入団当初からバカスカ打ってたわけではないんですねぇ。

ファームで下積みを積んで、6年目から花が咲き始め、10年目にしてようやく実を結んできた感じです。

これも広島カープのコーチ陣がじっくりと育ててきたことと、本人のたゆまない努力の賜物といえるでしょう。

筋肉の画像がやばい!?

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

現在、丸選手の筋肉がかなりやばいとの噂を聞きつけ、早速調べてみました。

確かに、僧帽筋から大胸筋がシャツの上からでもモリモリしてます。

出典:https://www.daily.co.jp

ぬお~~~っ、頑張ってますねぇ~。

え~~~~~っ!

丸佳浩選手のやばい筋肉画像はこちら!

FA移籍先は巨人orロッテ?

広島カープの上位打線1~3番を担うのが、他球団にとっても脅威でしかない「タナキクマル」と呼ばれる同学年トリオです。

・田中広輔(1番・ショート 1989年7月3日生)
・菊池涼介(2番・セカンド 1990年3月11日生)
・丸佳浩(3番・センター 1989年4月11日生)

この中で、一足先に丸選手が国内FA権を取得し、その去就が注目されています。

丸選手が移籍する可能性が高い理由として、ご自身も嫁さんも千葉県出身で地元愛が強いということがあげられています。

さらに、2017年の契約更改では、年俸が7,000円増にとどまり、記者会見での無表情が話題を集めました。

自身初の2億円超えとはいえ、FA権行使を阻止するために広島カープが高学年俸の複数年契約を提示するのでは?との見方が強かったためです。

野村謙二郎さんとの新春対談の企画では、FA権取得について、「今は考えられない」とコメントしていましたが、本音だったのでしょう。

全く移籍する気がなければ、そのようなコメントにもならないはずです。

一説には、既に巨人が水面下で交渉を進めており、大きな金額(4年20億円?)を提示してほぼ巨人入りが確実であるとの情報も流出していますね。

過去には広島の4番打者であった江藤選手や、巨人キラーだった川口投手など、数多くの名手が巨人に移籍しました。

球団愛よりも地元愛。

既に広島カープでの優勝を経験した丸選手が、地元に近い人気球団から多額の複数年契約でオファーがくれば…

カープファンとしては残念ですし、悔しいですが、丸選手の巨人行きはかなり確率が高いと言わざるを得ません。

それでもカープ残留を決めたならば、

丸よ!

お前は、男だ~!

今回も最後までお読みくださって

本当にありがとうございーました。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク