渚ようこの経歴や年齢は?若い頃の画像やお別れの会はいつ?

リンクユニット




歌手の渚ようこさんの訃報が入りました。

渚ようこさんはどのような方だったのでしょうか。

渚ようこさんの年齢などのプロフィールや経歴について

若い頃の画像についてや、

今後開催されるお別れの会の日程についてなど、

渚さんの話題について書いていきます。

スポンサーリンク

渚ようこさんの経歴や年齢について

出典:https://www.barks.jp/

まずは、渚ようこさんのプロフィールについてです。

渚ようこ(なぎさ ようこ)

出身地:山形県西置場賜郡白鷹町

没年月日:2018年9月28日

レーベル:Sexcite Records、タクミノート、Sound・Of・Elegance

(出典:Wikipedia)

渚ようこさんは年齢も本名も非公開のため、

正確な年齢は分かりませんが、ネット上からの

情報を統合すると、40代後半から50代前半あたりかと推測されます。

1994年、渋谷のDJバー”インクスティック”のイベント(自由に歩いて愛して)でザ・ヘアのパッキングとしてステージデビューされます。

1996年、「アルバム第一集」でCDデビュー。

2002年、クレイジーケンバンドの横山剣さんがプロデュースした『Yoko Elegance 渚ようこの華麗なる世界』リリース。

2003年、新宿ゴールデン街に自身のお店”汀(なぎさ)”をオープン。

出典:Wikipedia

2004年、阿久悠の作品を集めた『渚ようこ meets 阿久悠 ふるえて眠る子守歌』を発表。

2006年、4月公開映画『ヨコハマメリー』の主題歌「伊勢佐木町ブルース」を手がける。

2007年、映画『幽閉者 テロリスト』に出演。


2008年、映画『盆栽少女』に近所のおばさん役で出演。

同年10月4日、新宿コマ劇場で「歌謡曲と新宿に捧げる破れかぶれのオマージュ!新宿ゲバゲバリサイタル」を開催し、閉館に花を飾る。

2010年、初の写真集『NAGISA』を発表。

2012年、ラジオ番組『新・ドントパスミーバイ 明日への願い』のアシスタントに就任。

2016年、歌手生活20周年記念アルバム『渚ストラット』をリリース。

渚さんは、コモエスタの八重樫さん、及川光博さん、ゲイリー芦屋さん、半田健人、内田春菊、クレイジーケンバンドの横山剣や作詞家・阿久悠さんら数々のアーティストとのコラボにより独自の世界を構築され、歌謡界に大きな影響を残されてきました。

若い頃の画像は

渚さんの若い頃の画像についてご紹介します。

とても美しい方ですね。

こちらは、新宿にお店をオープンした頃の様子です。

出典:http://www.goldengai.net/shop/b/03/

出典:https://rikalog.com/


お別れの会はいつ?

渚さんの亡くなった原因は心不全とあり、詳細は公開されてませんが、かなり急であったことがうかがいしれます。

葬儀・告別式については、遺族の意向で家族葬で執り行い、お別れ会については後日開催されるとのこと。

詳細は、こちらの公式サイトでも公開されると思います。

渚ようこさんの公式サイト

渚ようこさんのご冥福をお祈りいたします。

今回も最後までお読みくださって

本当にありがとうございます。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク