ザ ツネハッチャン(2700) の芸歴は?現在のネタや年収を調査!

今回は、お笑いコンビのザ ツネハッチャン

について注目していきます。

ザ ツネハッチャンのプロフィール

や芸歴についてや、

現在のネタや年収についてなど

気になる話題にズームイン!

おっ、なつかすうぃ~

スポンサーリンク

ザ ツネハッチャンのプロフィールと芸歴

出典:http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170828-OHT1T50105.html

では、プロフィールからみていきましょう。

ザ ツネハッチャン

メンバー:

八十島 宏行(やそしま ひろゆき)

本名:八十島 弘行

生年月日:1984年3月22日

年齢:33歳

出身地:山口県下関市

血液型:O型

身長/体重:176cm/80kg

学歴:下関市立安岡中学校→下関市立下関商業高等学校

趣味:TVゲーム、麻雀、パチンコ、パチスロ

常道 裕史(つねみち ひろし)

本名:常道 啓史

生年月日:1982年10月15日

年齢:35歳

出身地:大阪府和泉市

血液型:B型

身長/体重:178cm/65kg

学歴:和泉市立郷荘中学校→大阪府立伯太高等学校

趣味:筋トレ、水着の早着替え、人間ポンプ

(出典:Wikipedia、https://profile.yoshimoto.co.jp/)

芸歴は?

出典:https://twitter.com/2700tsune

お二人の芸歴についてですが、

八十島さんは、NSC大阪26期生。

常島さんとコンビを組むまでは、

コンビ「マンマスター

トリオ「ラ・アラビアータ

音楽ユニット「ワンラブ

のメンバーとして活躍されていました。

一方の常島さんは、

コンビ「チャーミングナイス」(後のギャフン)

のメンバーとして活動。

お二人がコンビを組まれたのは2008年2月。

当時のコンビ名は「2700」でした。

バイト先で運ぶ鉄骨の長さが2700mm

だったことに由来するのだとか。

ところが、ある有名な占い師に、「2700」

というコンビ名だでは売れるのが50年後

と言われたため、

2017年8月14日より、コンビ名を

ザ ツネハッチャン」に改名。

う~ん、確かに「2700」よりはましだ

けど、もうちょっちゅ何とかならなかったものか…

そう思ってしまう人も多いのでは。

お二人がコンビを結成してからの受賞歴は、

キングオブコント2008(8位)・2011(準優勝) 決勝進出

キングオブコント2009 – 2010、2012 – 2015 準決勝進出

オールザッツ漫才2009 – 2013 出場

オールザッツ漫才2009(準優勝)・2010(優勝)

歌ネタ王決定戦2013、2015 決勝進出

歌ネタ王決定戦2014 準決勝進出

(出典:Wikipedia)

受賞歴を見ると、なかなかの実力派

であることが分かります。

ここ最近は、下積みのある中堅お笑い

コンビが頭角を現しているようで、

よい傾向ですね。

現在のネタや年収について

主に歌ネタなどのリズム系ネタが多いと

のことですが、現在どんなネタをされて

いるのでしょうか。

あの新垣結衣さんがザ ツネハッチャン

の動画でいつも癒やされているのだとか。

ちょっちゅみてみましょうかね。

それでは、再び登場です!

ちょっちゅねー!

おっ、これがガッキーが好きなネタ

「人間ポンプ」ですね。

TV番組で披露する時は、ネタ中に出演者

に話しかけられ、耐えきれずに吐き出して

しまうというオチが定番のようです。

こちらは、得意の歌ネタです。

しかし、常道さんはええ身体してますなー。

年収についてですが、

2015年8月のインタビュー記事によると、

その半年前くらい前までは月収100万円

を超えていたそうです。

つまり年収約1,000万円超。

しかし、その後は給料が激減し、月収は

23万円ほどになったそうで、実に全盛期

の約5分の1に。

いやぁ、吉本興業の芸人さんは月給制

で安いとは聞いてましたが、ちょっちゅ

残酷な話ですね。

半年足らずで、いきなり5分の1なんて…

その後、特にブレイクされているわけで

はないので、現在もバイトを続けながら

なんとか生計を立てられているのでは

ないでしょうか。

まとめ

今回は、お笑いコンビのザ ツネハッチャン

について書いてきました。

ガッキーが、ザ ツネハッチャンの動画

で癒やされているということが話題に

なりました。

元々実力のあるお笑いコンビなので

これをきっかけに再ブレイクして

活躍していただくことを期待してます。

今回も最後までお読みくださって

本当にありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク