本庶佑(ノーベル賞)教授の学歴や年収は?がん治療薬や嫁&子供も!

リンクユニット




今回は、ノーベル医学生理学賞受賞をされた本庶佑教授に注目していきます。

本庶佑教授の学歴や経歴について、

がん治療薬についてや年収は?

嫁や子供などのご家族についてなど、

気になる話題に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

本庶佑教授の学歴について

出典:https://www.asahi.com/

まずは、本庶佑教授のプロフィールからみていきましょう。

本庶 佑(ほんじょ たすく)

出身地:京都府京都市

生年月日:1942年1月27日

年齢:76歳(執筆時点)

(出典:Wikipedia)

本庶教授は、医師である父親の仕事の都合により、小学校から高校まで山口県宇部市で過ごします。

学歴についてですが、

山口県立宇部高等学校

→ 京都大学医学部医学科(1966年卒)

→ 京都大学大学院医学研究科生理系専攻(1971年修了)

1974年、東京大学医学部の助手。

1975年、京都大学より医学博士号を取得。

1977年、国立小児保健発達研究所分子遺伝学研究室客員研究員就任

1979年、大阪大学医学部教授就任

1982年、京都大学医学部教授就任

1988年、京都大学遺伝子実験施設施設長就任

1989年、弘前大学医学部教授就任

1995年、京都大学大学院医学研究科教授
京都大学大学院医学研究科研究科長
京都大学医学部学部長を歴任

1999年、文部省高等教育局科学官就任

2002年、京都大学大学院医学研究科研究科長
京都大学医学部学部長を歴任

2004年、日本学術振興会学術システム研究センター所長就任

2005年、京都大学大学院医学研究科特任教授就任

2006年、京都大学大学院医学研究科客員教授就任
内閣府総合科学技術会議議員就任

2012年、静岡県公立大学法人理事長就任

2015年、公益財団法人先端医療振興財団理事長就任

以上の経歴を見ても、とんでもなく凄い方であることが分かるのですが、

これまでの研究の成果により、

日本生化学会奨励賞
野口英世記念医学賞
朝日賞
大阪科学賞
ベルツ賞
武田医学賞
ベーリング北里賞
恩賜賞・日本学士院賞
文化功労者
ロベルト・コッホ賞
文化勲章
京都賞基礎科学部門
慶應医学賞
トムソン・ロイター引用栄誉賞

などなど、数々の栄誉ある賞を受賞されています。

そして、ついにノーベル医学生理学賞を受賞されることとなりました。

こんな本も出版されていますね。

がん治療薬「オプジーボ」とは?

出典:https://www.jiji.com

これまでの癌治療は、手術・放射線療法・化学療法の3本柱と言われてきました。

本庶教授は、人間が本来持っている免疫の力を利用することで癌細胞を攻撃する治療法を開発し、癌治療の新しい道を切り開いてきたことが評価され、今回のノーベル賞受賞につながりました。

この研究を基に小野薬品工業が開発した「オプジーボ」とはどのような仕組みなのでしょうか?

オプジーボは、血液に入ると、T細胞のPD-1と結合することにより、癌細胞との結合が阻害され、免疫の働きにブレーキがかからないようにします。

このようなオプジーボの作用により、T細胞は妨害を受けることなく癌細胞を攻撃できるようになるというものです。

第4の癌治療法として高い効果が期待される一方で、

  • 投与しても7割の患者には効果がない
  • 年間1,000万円以上かかる

などのデメリットもあるため、この薬を無駄なく使うよう事前に効果の有無を見極める方法の確率が課題です。

本庶教授の嫁や子供は?

出典:https://www.nikkei.com/

本庶教授の嫁さんである本庶滋子(しげこ)さんも、

夫のノーベル生理学・医学賞受賞について

「うれしい驚き。言葉が見つかりません」

と、驚きを隠せない様子でした。

滋子さんは夫のことを、

「強い意志と行動力があり、物事を中途半端にしない人。努力が実ってよかった」

授賞式には一緒に参加され、是非夫婦で受賞の歓びを分かち合ってほしいですね。

子供さんについては、長男長女がいらっしゃるとの情報がありますが、一般の方であるため、プライベートな情報はほとんど出回っていません。

新しい情報が入りましたら追記していきますね。

年収について

出典:www.kyoto-np.co.jp

最後に、気になる本庶佑教授の年収についてですが、

公開されていませんが、推定1,500万円ほどではないかと言われています。

ただし、国公立大学の教授は一般に私立大学よりは給与が低い傾向にあります。

2016年には京都大学の高山教授が自身の給与を公開されましたが、高山教授の場合は、基本給660万円、賞与279万円の年収940万円でした。

本庶教授は、役職や実績から考えても、それよりは高いことは間違いないといえます。

一方、ノーベル賞受賞の賞金についてですが、

こちらは900万スウェーデン・クローナ(約1億1,500万円)と、かなり高額ですね。

まとめ

今回は、ノーベル医学生理学賞受賞をされた本庶佑教授について書いてきましたが、いかがでしたでしょうか。

死因の1位を占める国民病とも言える癌治療において、大きな前進となることを期待してやみません。

今回も最後までお読みくださって

本当にありがとうございました。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク