今和泉隆行(地理人)の大学や経歴は?空想地図や中村市とは?

今回は、地理人こと今和泉隆行さんに注目していきます。

今泉さんのプロフィールや出身大学や経歴について、

今泉さんが描いた空想地図や中村市とは、どんな内容なのでしょうか?

ちょっちゅ気になる話題に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

今和泉隆行さんのプロフィール(出身大学や経歴)

出典:http://www.akiradrive.com

まずは、今和泉さんのプロフィールからみていきましょう。

今和泉 隆行(いまいずみ たかゆき)さん

別称:地理人

生年月日:1985年5月1日

年齢:33歳(執筆時点)

出身地:鹿児島県鹿児島市

今和泉さんは、鹿児島県で誕生後すぐ横浜市に転居され、

1990年からは東京都日野市で過ごします。

小学1年生(7歳)の時から、空想地図を描き始め、

都市地図や統計、郷土資料などに興味をもつようになります。

その後の学歴についてですが、

1998年、日野中学校入学。

2001年、立川高等学校入学。

2004年、専修大学に入学し、環境地理学を専攻。

その後、埼玉大学経済学部(住民協働のまちづくり)に編入学し2009年卒業。

大学時代には、なんと47都道府県300都市を周ったのだそうです。

大学卒業後、IT企業に勤務し、DTPデザイン・

オペレーターを経て、2013年より個人で独立。

2014年、「地理人研究所」をたちあげます。

2015年には、株式会社地理人研究所を設立し、

現在では、

  • TV番組やゲームの地理監修・地図作成、
  • 記事執筆・出版
  • ワークショップ・講演
  • ナビゲーションマップ・路線図制作
  • 空想地図の制作・地理考証
  • ライブ型DTPデザイン(名刺、ロゴ、図版)
  • シェアハウス企画

などなど、幅広く活動をされています。

主な著書には、「みんなの空想地図」(2013年)があります。

空想地図や中村市とは?

出典:http://pajapan.jp/2017/12/21/chirijin/

ところで、今和泉さんが手がける「空想地図」とは、

聞き慣れない言葉ですが、どのような地図なのでしょう?

空想地図とは、文字通り「空想」の世界で

作られたもので、文字通り実在しない都市の

地図のことをいいます。

今和泉さんは、7歳の頃、なんとなく落書きの

延長で地図を描き始めたのが始まりなんだそうです。

それがやがて本格的な地図製作の作業となり

気がついたら12年もの歳月をかけて

中村市という実在しない空想都市の地図が完成します。

中村市って、”なごむるし”と読むんですね。

中村市の地図はこちらのサイトから閲覧できますよ。

実際の地図と変わらず、あたかも実在するかの

ように細かく描かれているのが分かりますね。

実際の都市地図と同じように、何度も改訂版が

作られ、空想ながら中村市はどんどん進化してきたようです。

自分が理想とする都市を自由に描くなんて、

凄く楽しい作業に思えますが、今和泉さんに

とっては決して楽しい作業でもなかったのだとか。

実在しないので、いくら信号機やコンビニなど

目印となる建物等を細かく表記しても、実用性

が全くないため、時折虚しくなることも…

しかし、それでも実用性を求めて番地を振ったり

現実的でないところを描き直したり、面倒な

作業が大半であるため、2005年から5年ほど

は作業を休止していたこともあったそうです。

ちなみに、中村市は百万都市でありながら、

ベッドタウンでもあり、観光地としては

見どころにかけるため、特におすすめスポットは

ないのだとか。

う~ん、空想地図の作成は、なかなか地道な

作業ですが、都市計画、街づくりなどには

多いに応用できそうなスキルですよね。

自分の理想とする将来像を引き寄せるために

望月俊孝さんが考案した「夢の宝地図」と

いうのを筆者も実践したことがありますが、

その時のワクワクした気持ちを思い出しました。

夢の宝地図は、空想の世界で、自分が叶えたい

理想とする将来像を、コルクボードなどに写真

や文字で貼り付けていくものになります。

自分の夢がビジュアル化されることによって、

引き寄せの法則が働き、夢がかなったという

方も大勢いらっしゃいますので、是非参考に

なさってください。

まとめ

今回は、地理人こと今和泉隆行さんについて

書いてきましたがいかがでしたでしょうか。

空想地図を見ていると、実在しないのに、

この街で暮らしている人たちのことや、

風景など、なぜだか想像やロマンを掻き

たてられるのは筆者だけでしょうか。

Google Mapのように、ストリートビューで

この街がどうなっているのか見てみたい!

そして実際に行ってみたい!

そんな気持ちに駆り立てられます。

なんでしょうね、不思議な感覚です。

今和泉さん、オモローな方ですねぇ。

今後のご活躍にも期待しています。

今回も最後までお読みくださって

本当にありがとうございました。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク