貴乃花親方退職後の仕事や後継者は?現在の年収や廃業理由の真相は?

リンクユニット




今回は、日本相撲協会に退職届を提出した貴乃花親方に注目していきます。

貴乃花親方の退職後の仕事や後継者は?

現在の年収や廃業理由の真相についてなど

気になる貴乃花親方の話題に迫っていきたいと思います。

それでは、早速いってみましょう。

スポンサーリンク

貴乃花親方のプロフィール

出典:https://www.yomiuri.co.jp

まずは、貴乃花親方のプロフィールをみていきます。

四股名:貴乃花 光司

本名:花田 光司

出身地:東京都杉並区

生年月日:1972年8月12日

年齢:46歳(執筆時点)

身長/体重:185cm/161kg(現役時)、73kg(2016年時)

所属部屋:藤島部屋→二子山部屋

(出典:Wikipedia)

貴乃花親方は、父親の花田満さん(元大関・貴ノ花)と

元女優で母親の藤田憲子さんの次男として誕生しました。

出典:https://ameblo.jp/fujitanoriko

こちらは、藤田憲子さんのブログに掲載されていた画像。

貴乃花親方のお宮参りの写真だそうです。

弟の産まれた日、お兄ちゃんは嬉しさの余り興奮してベットに寝ている弟に覆いかぶさり大変でした‼️

そんな日を思い出しました😊

幸せいっぱいの家族が…

なんか切ないですねぇ。

家族ばらばらでも、皆が幸せならいいのかもしれませんが…

お兄ちゃんは、貴乃花親方と共に”若貴フィーバー”

で平成初期の一大相撲ブームを築いた花田 虎上(はなだ まさる)さん。

現在は、実業家、タレントとしてご活躍されていますね。

出典:https://www.daily.co.jp

当時、史上初となる兄弟による幕内優勝決定戦は、

本当に興奮したのを想い出します。


現役時代も常に真っ向勝負だった貴乃花親方。

簡単に経歴を追っていきます。

1979年、杉並区立松ノ木小学校入学

1985年、明治大学付属中野中学校入学、相撲部で40勝1敗の記録を残す。

1988年、兄と共に藤島部屋に入門。当時の四股名は貴花田光司。

その後、数々の最年少記録を打ち立てていきました。

・最年少幕下優勝(1989年5月場所、16歳9ヶ月)
・最年少十両(1989年10月30日、17歳2ヶ月)
・最年少入幕(1990年5月1日、17歳8ヶ月)
・最年少三賞受賞(1991年3月24日、18歳7ヶ月)
・最年少金星(1991年5月12日、18歳9ヶ月)
・最年少小結(1991年6月24日、18歳10ヶ月)
・最年少関脇(1991年8月26日、19歳0ヶ月)
・最年少幕内優勝(1992年1月26日、19歳5ヶ月)
・最年少年間最多勝(1992年度、20歳3ヶ月)
・最年少大関(1993年1月27日、20歳5ヶ月)
・最年少全勝優勝(1994年9月場所、22歳1ヶ月)

1995年、1月場所に横綱昇進、5月に元フジテレビの河野景子アナと結婚。
長男・花田優一さんが誕生。

出典:https://www.daily.co.jp/

花田優一の靴店の名前や場所は?オーダー値段や評判も調査!

現在は靴職人として活動されています。

陣幕親方の娘さんとご結婚されて凄く話題になりましたね。

矢木麻織香(陣幕親方娘)の年齢や母は?花田優一との馴れ初めは?

貴乃花親方の話に戻り、

1998年、整体師による洗脳騒動が起こり、兄との絶縁を宣言。

2003年、1月場所8日目で現役を引退。

2004年、正式に二子山部屋を継承し、貴乃花部屋創設。

2008年、日本相撲協会役員待遇委員・審判部副部長に就任。

2009年、日本相撲協会役員待遇委員・巡業部副部長・警備本部副部長に異動。

2010年、日本相撲協会理事に当選。

相撲教習所所長、審判部長、地方場所部長(大阪)、総合企画部等を歴任。

2016年、理事長戦に八角親方と争うが落選。巡査部長に就任。

2017年、11月場所中に横綱・日馬富士の貴ノ岩に対する暴行が発覚。

貴ノ岩が日馬富士に暴行された原因は?松村や貴乃花に似てる?

この事件をきっかけに、相撲協会執行部に対する貴ノ花親方の不信感や対立関係が明るみとなる。

同年12月28日の臨時理事会の協議の結果、日馬富士暴行問題に関して非協力的態度をとり、巡査部長としても報告義務を怠ったとの理由により、全会一致で貴乃花親方の理事解任が可決された。

2018年、理事候補選挙に落選し、委員に降格。

3月場所8日目、弟子の貴公俊の暴行事件が勃発する。

貴公俊の由来や中学&高校は?父母のハーフ説や彼女を調査!

この事件の引責により平年寄に降格。

そして、2018年9月25日、貴乃花親方は日本相撲協会への退職届を提出されました。

貴乃花親方の退職・廃業理由の真相は?

出典:https://www.asahi.com

貴乃花親方の退職、そして一門の廃業へ追いやられた理由は一体何だったのでしょうか?

その真相について追っていきます。

やはり、退職届の背景にはあの事件が色濃く絡んでいたようです。

貴乃花親方は、日馬富士の傷害事件について、日本相撲協会の対応に問題があったとする「告発状」を内閣府に提出していました。

その後、自身の弟子が暴行事件を起こしたことで取り下げますが、、告発状の内容については真実に反することはなかったと主張。

2018年8月7日に弁護士を通じて協会から「告発状の内容が事実無根な理由に基づいていた」とされる書面が貴乃花親方のもとに届く。

これを受けた貴乃花親方は、事実無根ではないことを再度書面で主張。

さらに、7月の決議で、全ての親方は5つの一門(出羽海、二所ノ関、高砂、時津風、伊勢ケ浜)のいずれかに所属することを定められ、

一門に所属する条件として

「告発状が事実無根だと認めるよう有形無形の圧力を受けた」

と、貴乃花は記者会見で主張されていました。

しかし、協会側はその事実を否定しています。

ちなみに、貴乃花親方が協会に提出したのは「引退届」であり、「退職届」ではないので正式に受理はされていないのだとか。

気になる貴乃花親方の今後の仕事については、

「入門希望が出来るような少年に相撲を教えたい。入門する子を増やせれば」

と、協会を離れても、次世代の角界を担う力士の育成に貢献していきたいとの考えを明らかにしていました。

貴乃花親方の後継者について

貴乃花親方の離脱により、既に貴乃花一門は消滅。

同じ一門だった阿武松親方、錣山親方は二所ノ関一門へ移籍しました。

貴乃花親方は、自身の後継者として数年前から千賀ノ浦親方の名前をあげ相談していたことも明らかになりました。

出典:https://twitter.com/chiganoura_beya

弟子たちについては、既に千賀ノ浦部屋への転籍届を提出されているようです。

貴乃花親方に子供を預けた親御さんとしては、切なく複雑な心境でしょうね。

現在の年収は?

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

貴乃花親方は相撲協会からどのくらいの年収をもらっていたのでしょうか。

ネット上の情報によると、

理事の場合、月額給与:約140万円、年額賞与:約280万円となり、

諸手当を含めると年収約2,000万円になるようです。

貴乃花親方は、理事から降格処分を受けて年寄りという地位になったので、

月額給与:約78万円、年額賞与:約156万円となり、年収役1,223万円

しかし、実際の力士や親方は、相撲協会から出る給料よりもタニマチからの支援や後援会の他、部屋の収入の方が大きく、億単位の収入を得ている理事もいるようですが…

一方で、貴乃花親方は、弟子の名前にもなっている辻本公俊氏の主催する宗教団体の広告塔として活躍されているとの噂も…

信じるか信じないかは、あなた次第です。

貴乃花親方が相撲協会を引退されるのはとても残念ですが、協会という束縛から解き放たれた花田光司さんが今後どんなご活躍をされるのかが楽しみでもあります。

今回も最後までお読みくださって

本当にありがとうございました。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク