柳瀬唯夫元首相秘書官の家族(妻&子供)や経歴は?自宅や年収も!

今回は、柳瀬唯夫・元首相秘書官に注目していきます。

柳瀬さんのプロフィールや経歴についてや

出身高校や大学などの学歴について、

妻や子供などの家族について、

自宅のマンションや年収についてなど、

気になる話題に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

柳瀬唯夫元首相秘書官のプロフィール&経歴

出典:https://www.nikkan-gendai.com

まずは、柳瀬さんのプロフィールについてみていきます。

柳瀬 唯夫(やなせ ただお)

出身地:静岡県

生年月日:1961年7月17日

年齢:56歳(2018年5月現在)

学歴:武蔵高等学校
→東京大学法学部
→イェール大学大学院国際開発経済学科修了

(出典:Wikipedia)

さすが元首相秘書官を務めるだけあって

学歴は素晴らしいですねぇ。

武蔵といえば、中高一貫の私立男子校。

東大卒業後、通商産業省に入省。

その後も順調にエリート街道を進んでおられます。

略歴をみていきましょう。

2004年6月、資源エネルギー庁原子力政策課長

2007年7月、経済産業省経済産業政策局企業行動課長

2008年9月、麻生内閣の内閣総理大臣秘書官

2009年12月、経済産業政策局産業再生課長

2010年7月、経済産業省大臣官房総務課長

2011年7月、経済産業政策局審議官

2012年12月、第2次安倍内閣の内閣総理大臣秘書官

2015年8月、経済産業政策局長

2017年7月、経済産業審議官

(出典:Wikipedia)

麻生太郎元首相、安倍首相と歴代首相2人の

秘書官に抜擢されたというのは、かなり

厚い信頼を寄せられている方なのでしょう。

出典:http://biz-journal.jp

出典:https://snjpn.net/

2017年7月24日の衆院での閉会中審査では、

記憶にございません」7連発で、

”加計疑惑”から安倍首相を守り抜きました。

サラリーマンの世界でも、上司の指示に忠実

に従い、時には盾となって上司を外敵から

守り抜く部下というのは、当然ながら上司に

気に入られて出世も早かったりします。

本来は顧客最優先、そして会社のために

働くのが理想なのですが、時には自分の

意にそぐわないとしても、自分の身を守る

ためには上席に忠実にならざるを得ない時もあります。

政界とサラリーマンの世界は全然違うとは

いえど、人間関係や処世術については、

共通するところも多いのではないでしょうか。

現在経済産業省ナンバー2の審議官。

次の人事では事務次官に出世できる可能性

が高いとも言われています。

柳瀬さんは、出世欲のためだけにやってる

とは思いませんが、自分が置かれている立場

において純粋に上席のために行動している

ように思えてなりません。

家族(妻や子供)や自宅について

出典:http://president.jp/articles/-/24933

柳瀬さんのご家族についてですが、

一般人ということもあり、有力な情報は

得ることが出来ませんでした。

一方、ご自宅については、以前週刊誌で

かなり具体的に書かれていました。

出典:https://friday.kodansha.ne.jp

  • 東京・杉並区内の4階建てセレブマンション。
  • 京王井の頭線の浜田山駅から徒歩約5分の閑静な住宅街に位置する。
  • 約9300平方メートルの敷地内には低木が整然と植え付けられ、隣接する公園の木々と相まって新緑が目にまぶしい。
  • 重厚なエントランス脇の駐車場入り口からは、高級車がズラッと並んでいる様子がうかがえる。
  • マンションは築15年と決して新しくはないものの、現在の中古価格でも1億円は下らない「億ション」。

(出典元:日刊ゲンダイ)

これは、かなり特定されてしまいますね。

いずれにしても、ファミリー富裕層向けの

高級マンションですので、ご家族と暮らさ

れているものと思われます。

年収について

出典:https://www.nikkei.com

完了のエリート出世街道を進んでいる

柳瀬さんの年収はどれくらいなんでしょう?

官僚の審議官では約1,500万円~1,800万円

事務次官になると、約2,500万円ほどと言われます。

昨今は国家公務員人件費削減に伴い減少傾向

にあるようですね。

それでも、一般サラリーマンに比べれば、

うまやらしい限りの金額です。

まとめ

今回は、柳瀬唯夫元首相秘書官について

書いてきましたがいかがでしたでしょうか。

「記憶にございません」で安倍首相を守り

抜いた柳瀬さんでしたが、2015年4月に

首相官邸で学園関係者らと面会したことを

認める運びとなりました。

首相の絶対的信頼をおく柳瀬さんが今後

どのような答弁をされるのか再び注目

していきたいと思います。

今回も最後までお読みくださって

本当にありがとうございました。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク