スティーブン・モヤ(中日)の年俸や成績は?打撃&守備や経歴も!

今回は中日ドラゴンズのスティーブン・モヤ

選手に注目していきたいと思います。

低迷を続ける中日ドラゴンズの新4番打者

として、いきなり4打数3打点と大暴れ。

いったいスティーブン・モヤとはどんな選手なんでしょう?

モヤ選手のプロフィールや経歴について、

打撃や守備、通算成績、年俸など、

気になるモヤ選手の話題に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

スティーブン・モヤ選手のプロフィール&経歴

まずは、プロフールからみていきましょう。

スティーブン・モヤ(Steven Moya)

出身地:プエルトリコ・リオ・ピエドラす

生年月日:1991年9月8日

年齢:26歳

身長/体重:200.7cm/117.9kg

投球・打席:右投両打

ポジション:外野手

所属:中日ドラゴンズ(背番号44)

(出典:Wikipedia)

身長2m超えでスイッチヒッターだなんて

相手ピッチャーからしたら脅威ですねぇ。

かつて西武ライオンズの黄金時代を支えた

オレステス・デストラーデ選手を彷彿と

させます。

出典:cimg.sp.baseball.findfriends.jp

ちなみに、出身地のプエルトリコとは、

人工約370万人(2013年統計)の国。

1990年よりアメリカ合衆国の領土と

なっています。

場所はこちらです。

モヤ選手の経歴についてですが、

2008年10月、デトロイト・タイガースと契約。

2009年ルーキー級でプロデビューの後、

デトロイト・タイガース傘下のチーム

ルーキー級→A級→A+級→AA級でプレー。

2014年AA級イースタンリーグのエリー・

シーウルブズでは、通算133試合に出場。

打率.276,35本塁打、105打点と大活躍し

オールスター、レギュラーシーズン共に

MVPに選出されています。

そして、2014年9月1日には念願のメジャー

初昇格を果たしますが、結局メジャーでの

出場は20試合に終わりました。

出典:https://ja.wikipedia.org

2016年はメジャーで31試合に出場、

2017年はAAA級に降格。

2017年12月26日、中日ドラゴンズと

来季の契約を結んだことを発表されます。

打撃や守備、通算成績は?

モヤ選手の打撃についてですが、

身長2mの体格を活かしたパワーがウリですね。

かなり低めの球でも右に左にスタンドへ

運ぶ力を持っています。


これでスイッチヒッターとは脅威です。

守備については、ライトを中心に外野手

をメインに守っています。

大柄の体格ながらそこそこ走れますし

なかなかの強肩が魅力です。

守備はこちらの動画を参照ください。


なかなかいい選手ですよねぇ。

これだけよい素質を持っていても、

メジャーではなかなか出番がなかったと

いうのですから、どんだけ厳しい世界なんでしょうか。

メジャーでの通算成績ですが、

2014~2017年の3年間で51試合に出場。

平均打率.250、5本塁打、11打点。

年俸は?

出典:https://news.headlines.auone.jp/

モヤ選手の年俸ですが、推定5,000万円

となっています。

2018年4月20日、米国市民権獲得のため

一時帰国したビシエドに変わって新4番

打者としてスタメン起用されたモヤ選手。

低迷に苦しんでいた中日打線が、新4番

の出現で生まれ変わったかのように

20安打11点と打ちまくり、首位広島に

見事な逆転勝ちを収めました。

モヤ選手、モッてますねぇ。

まだまだ、真価が問われるのはこれから

ではありますが、モヤ選手の今後の活躍

が楽しみです。

是非、今後のプロ野球界を盛り上げる

超大物スラッガーとしてのご活躍を期待しています。

それでは、今回も最後までお読みくださって

本当にありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク