スティーブン・バトラーの戦績や身長は?ボクシング動画やwikiを調査!

リンクユニット




今回は、WBA世界ミドル級王者村田諒太選手の初防衛戦の相手に決まった、同級8位の

スティーブン・バトラー選手に注目していきます。

スティーブン・バトラー選手の戦績や身長などのプロフィールについてや、

ボクシング動画やwikiについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

スティーブン・バトラー選手の戦績や身長は?

まずはバトラー選手のプロフィールからみていきます。

スティーブン・バトラー(Steven Butler)

生年月日:1995年9月2日(24歳)

国籍:カナダ

利き手:左利き

身長:182cm

リーチ:190cm

ランク:WBA8位、WBO1位

ちなみに、村田諒太選手は

身長:184cm、リーチ:190cm

ほぼ同じ体格とリーチです。

ちなみにですが、ボクシングには、体重

によってミニマム級からヘビー級まで17

階級が存在しています。

スティーブン・バトラーや村田諒太選手が属するのは、ミドル級154 – 160ポンド (69.853 – 72.575kg) となります。

戦績やボクシングスタイルは?

続いて戦績についてですが、

30戦28勝24KO1敗1分

KO率は86%!

かなりのハードパンチャーであることが分かります。

ちなみに、バトラーの祖父のマーシャルは1970年代に20勝15KO5敗の記録を持つボクサーでしたので、遺伝子レベルで強い選手なんです。

バトラー選手は12歳でボクシングを始め、アマチュア時代では18歳時に最年少記録でカナダ国内の王者にも輝いています。

ボクシング動画は?

執筆中

今しばらくお待ちくださいませ。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク