渋野日向子の父母&姉妹やスポンサーは?飛距離やコーチも凄い!

リンクユニット




今回は、プロゴルファーの渋野日向子さんに注目していきます。

初の海外大会で快進撃を続ける渋野さんはどんな選手なのでしょうか?

渋野さんのプロフィールや経歴について、

ご両親(父母)や姉妹などご家族についてや、

ドライバーの飛距離は?

スポンサーやコーチは誰?

などなど、渋野日向子さんの気になる話題に迫っていきたいと思います!

スポンサーリンク

渋野 日向子さんのプロフィールと経歴

出典:https://www.iza.ne.jp

まずは、渋野さんのプロフィールからみてまいりましょう。

渋野 日向子(しぶの ひなこ)

出身地:岡山県岡山市

生年月日:1998年11月15日

年齢:20歳(執筆時点)

身長/体重:165cm/62kg

血液型:A型

学歴:岡山市立平島小学校
→岡山市立上道中学校
→岡山県作陽高等学校

趣味:駄菓子を食べること。動画を視聴すること。

特技:習字、ソフトボール

所属:RSK山陽放送

(出典:Wikipedia)

日向子という名前は、「太陽に向かって花を咲かせるひまわり(向日葵)のように明るく育ってほしい」との願いを込めて祖母より命名されたのだそうです。

その名の通り、今やスマイルシンデレラなんて呼ばれるほど笑顔がトレードマークとなりました。

渋野さんのゴルフとの出会いは、小学2年生の夏休み(当時8歳)まで遡ります。

同じ年の12月から地元のスポーツ少年団でソフトボールも始め、ピッチャーとして活躍。

小学6年生時には、なんとソフトボール投げ58m(当時の岡山県2位)を記録します。

ちなみに、小学生6年生男子のソフトボール投げ平均は約30m、女子は16m。

メジャーリーガーで活躍中の田中将大選手の小学6年生時の記録は67m、現在中日ドラゴンズの根尾昂選手は89m。

プロ野球選手の記録は別格としても、小学6年生の女子で58mというのがいかに驚異的な数字かが分かりますね。

中学進学後は、その強肩を活かして学内唯一の女子選手として軟式野球部に入部。

しかし、同年「岡山県ジュニアゴルフ選手権」中学生・女子の部で優勝を果たした後、中学2年からは野球部監督の勧めもありゴルフ1本に絞ります。

その後はゴルフ漬けの毎日が功を奏し、同大会にて2012年、2013年と3連覇を果たしました。

2014年、高校進学後の「中国女子アマチュア選手権」で優勝。

2015年、「全国高等学校ゴルフ選手権大会」女子団体戦のメンバーとして出場し優勝。

2018年、LPGA最終プロテストに2度目のチャレンジで合格。

2019年5月、LPGAツアー公式戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」にて大会史上最年少でツアー初優勝を果たします。

さらに、同年7月のLPGAツアー「資生堂 アネッサレディスオープン」でも初代女王に輝きます。

日向子さんのドライバーの平均飛距離は245ヤード

女子プロゴルファーの中ではかなり上位の数字ですね。

渋野さん曰く、ゴルフで結果を残せているのもソフトボールの経験が相当活きているのだそうです。

バッティングの経験やマウンドで打ち込まれてカッとなる自分を抑えようともがいたことや、何より最後まで諦めない精神力を養えたのが大きかったようですね。

更に驚くべきことには、渋野さんは習字を特技としており、なんとその腕前は10段より上になる初頭師範を取得されています。

ごっつ達筆!

二刀流ならぬ三刀流であったとは驚きです。

静と動を極めた精神力は半端ないですね。

渋野日向子さんの父母や姉妹は?

小学時代からソフトボールとゴルフの二刀流で並外れた数字を残している渋野さん。

きっとご両親も凄い方なんだろうなぁと思って調べたところ、やっぱり凄い方でした。

出典:https://www.nikkansports.com

父親の悟さんは、筑波大学出身で現在は岡山市水道局に勤務しています。

大学時代は陸上部に所属し、投てき選手として活躍されていました。

団体競技では、砲丸投げ2位、円盤投げ3位という記録を持っています。

出典:https://mainichi.jp/

母親の伸子さんは、悟さんと同じく筑波大学出身で陸上部では先輩・後輩の関係。

やり投げの選手として活躍されていました。

めちゃめちゃアスリート家族やないっすか!

娘さんには同じ陸上をやらせたいと考えたこともあったそうですが、最終的には好きなことをやらせたいと思い、日向子さんは自らの意思でソフトボールとゴルフを選んだのだとか。

そんな日向子さんは3姉妹の次女。つまり、姉と妹がいらっしゃいます。

妹の暉璃子さんは現在高校1年生で、日向子さんと同じくソフトボールとゴルフをされています。

妹さんの方が身体も大きく、日向子さんよりもソフトボールが上手でゴルフの飛距離も凄いんだとか。

お姉さまについては情報がありませんでした。

スポンサーやコーチは誰?

渋野日向子さんは、若者に人気のファッションブランド ビームスゴルフとウェア契約を締結。

6月には、株式会社キャンディルとスポンサー契約を締結しました。

キャンディルは、2014年に設立し、2018年7月に東証マザーズ市場に上場したばかりの企業。

東京都新宿に本社を置き、建築の修繕・改修・維持・管理の事業を行っている会社です。

出典:https://www.sponichi.co.jp/

渋野さんのコーチは青木翔さん。

福岡県出身の1983年生まれ。

大学卒業後はツアープロを目指していましたが、改めて自分を見つめ直したことがきっかけで27歳で指導者としての道を志します。

渋野日向子をはじめ、日本アマ優勝後プロ入りした亀代順哉選手や超有望なジュニアゴルファーを数多く育成していらっしゃいます。

渋野さんとは2017年、用具メーカーの紹介で出会ったのがきっかけで、スイング改造を試みた結果が現在の渋野さんの快進撃につながったようです。

まとめ

今回は、スマイルシンデレラこと女子プロゴルファーの渋野日向子さんについて書いてきましたがいかがでしたでしょうか。

実力もさることながら、笑顔がとても素敵で見ているだけで気持ちを明るくさせてくれる魅力的な選手ですね。

渋野選手のこれからのますますのご活躍に期待したいと思います。

今回も最後までお読みくださって本当にありがとうございました。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク