細川成也(DeNA)の筋肉や弟も凄い?出身中学&高校や2軍成績は?

リンクユニット




今回は、横浜DeNA期待の新人・細川成也

選手について注目していきます。

細川選手の出身中学や高校などプロフィール

や、2軍での成績についてや、

筋肉が相当ヤヴァいとの噂や、弟も凄いと

いう噂について検証していきたいと思います。

こいつは、男だ!

出てこいや!

スポンサーリンク

細川成也選手のプロフィール

出典:https://baseballgate.jp/p/38007/

まずは、プロフィールからみていきますよ。

細川 成也(ほそかわ せいや)

生年月日:1998年8月4日

年齢:19歳

出身地:神奈川県厚木市

身長/体重:181cm/85kg

投球・打撃:右投右打

ポジション:外野手

所属:横浜DeNAベイスターズ(背番号52)

(出典:Wikipedia)

細川選手は2016年ドラフト5位で

横浜DeNAへ外野手として入団。

契約金3,000万円、年俸500万円(金額は推定)

出身中学は北茨木市立磯原中学校で野球部

に所属。

当時からパワーに定評があり、3年時には

陸上部顧問の勧めでやり投げに挑戦した

ところ、

たった3ヶ月の練習で出場したジャべ

リックスロー(やり投げの小中学生版

種目)で77.42mという中学生記録を樹立。

ジュニアオリンピックでも総合2位という

成績をおさめ、JOCの強化指定選手にも

誘われたそうです。

とんでもない身体能力ですねぇ。

高校は、明秀学園日立高等学校に進学。

野球部に入り、2年春からベンチ登録されます。

甲子園への出場経験こそありませんが、

高校時代の対外試合は茨城県の高校球児

最多となる通算63本塁打を記録

岐阜県長良川球場での練習試合では、

推定150m弾を叩き込むなど、並外れた

長打力が売りの細川選手は、

茨城の中田翔ハマのカブレラ

なんて異名を持つほど。

中田翔選手(日本ハムファイターズ)

アレックス・カブレラ選手(元西武ライオンズ)

高校3年夏の茨城大会では、最速146km/h

の直球を武器に、エースとして茨城県大会

の決勝まで進出。

おしくも常総学院高校に敗れ、甲子園出場

は逃します。

2軍成績は?

細川選手のプロ入り後の成績について

みていきましょう。

ファーム(二軍)での成績は114試合

に出場し、打率.201(388打数78安打)

本塁打10本、三振182 でした。

細川選手は、2017年10月3日の中日

ドラゴンズ戦で「5番・ライト」で

スタメン公式戦デビュー。

第一打席で笠原投手からなんと

初スイングでバックスクリーン直撃

の3点ホームランを叩き出します。

一軍公式戦初安打・初本塁打・初打点

を同時に記録するという快挙でした。

いやぁ、初スイングがホームランって…

モッてますねぇ。

ちょっちゅ見てみたくなりましたよね?

じゃあ、ちょっちゅね!

いやぁ、球場でのDeNAファンの

興奮が伝わってきますねぇ。

今年の日本シリーズでもやってくれました!

対ソフトバンクの第1戦、日本シリーズ

初打席で初打点!

セ・リーグ高卒新人野手での出場も

1988年中日の立浪和義選手以来29年ぶり。

初打席初安打は、高卒新人野手では初の快挙です。

あっ、立浪選手だ!

筋肉がヤヴァい!

細川選手の筋肉がぱねぇことが判明!

出典:http://michinaruyakyuch.doorblog.jp/

DeNA入団直後の筋力測定では、

ベンチプレス:130kg

スクワット:230kg

これは直近30年の高卒新人としては

最高記録なのだとか。

ほぼ、格闘家の体ですね。

弟も凄い?

細川選手の弟も、実は高校球児として

頑張っているそうです。

名前は、細川拓哉くん。

兄と同じく明秀学園日立高校の2年生。

ピッチャーとサードを守っているそうです。

拓哉さんも十分プロ野球ドラフト候補に

なり得る逸材ですね。

まとめ

今回は、横浜DeNAの期待の新人・細川成也

選手について書いてきました。

調べれば調べるほど、素質が半端なくて

桁違いのパワーが魅力的な選手です。

1年目はファームで実力をつけて、一軍

でも華々しいデビューを飾っていますの

で、来年はフルシーズンレギュラーとして

活躍が期待されますね。

今回も最後までお読みくださって、

本当にありがとうございました。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク