Mykey佐野のSDC(カンボジア不動産投資&慈善事業)を紹介!

リンクユニット




今回は、敏腕投資家として知られるMykey佐野さんが主催する投資家クラブ(SDC)に注目していきます。

カンボジア不動産投資と慈善事業をメインとするSDCクラブとはどんな投資家クラブなのか? 内容についてリサーチしていきたいと思います。

スポンサーリンク

Mykey佐野さんについて

この投稿をInstagramで見る

donation to cambodia our community has visited orphanage constantly support we really enjoy always to meet up kids and i feel thanks for them welcome us. カンボジアの孤児院へぼくらのコミュニティから 支援を行っていますがまた行って来ました♪ 今回は日本の小学生からもいろいろと 物資頂き感謝してますー バスケしたり歌歌ったりと とても充実できました(^-^) また近いうち行ってこよーと 思いますー #7フェザーズプロジェクト #7feathersclub #7FC #cambodia #phnompenh #orphan #orphanage #donation #supportlife #カンボジア #プノンペン #孤児院訪問 #孤児院 #寄付 #寄付募集

Yoshi Sano 佐野マイキー(@yoshi_sano_mykey)がシェアした投稿 –

SDCクラブ会長を務めるのはMykey佐野こと佐野義仁さん。

実は、知る人ぞ知るとんでもなく凄い投資家さんです。

見かけは金髪で国籍不明な怪しい感じですが、純血日本男児で半端ない経歴の持ち主。

  • 1982年6月5日生まれ
  • 高校時代アメリカ留学→ポートランド州立大学入学
  • 大学卒業後商社へ入社(1人で部の7割を売り上げるトップ営業マン)
  • タイ・バンコク駐在し300人のマネジメントを任される
  • 2013年トレーダーとして独立
  • 金融関係のビジネスを中心にコンサル業を開始
  • ブロックチェーン協会と契約
  • 韓国にて、芸能・メディア関連の出演開始
  • 2017年カンボジアのNGO団体を立ち上げ、孤児院や貧困地域の支援を開始
  • カンボジアの投資会社を設立
  • 海外不動産事業を展開

その他、日本語、英語、スペイン語を話せたり、0歳の時の記憶を持っていたり、ここでは書ききれないほどの天才ならではのエピソードが多数…

2019年3月、SDCの全身となる慈善投資プロジェクトを立ち上げ、現在では2,000人以上の投資家が在籍するコミュニティを運営しています。

SDCクラブとは?

SDCプロジェクトは、Sustainable Development in Cambodia Project の略称であり、わかりやすく言うと、「投資により資産を増やしながら、カンボジア発展のため継続的に支援していく」ためのプロジェクトになります。

カンボジアの首都プノンペンは著しい経済成長を遂げている一方で、貧困者が住むスラム街も存在し貧困格差が広がっている現実があります。

カンボジア不動産に投資することで得たリターンの一部を、そうした貧困層の医療や教育などの支援に当てて慈善事業も継続的に行っていきます。

慈善事業は、カンボジアで認可されたNGO団体を中心に行い、孤児院の運営や病院の設立などの支援だけでなく、最終的には起業して自立していくことを支援するビジネスの教育なども行っていくことを目的とした投資クラブになります。

ただし、Mykey佐野さんもおっしゃっています。

「まずは、あなたが稼いでください!」と。

慈善事業は立派な事業ですが、継続することができなければ意味がありません。

そのためには、まずは自分自身が投資の勉強をして稼いで余裕資金を作らなければ寄付もできませんからね。

自分たちの利益だけを追求した投資クラブや、中には不動産見学ツアー代だけで数十万円かかるような詐欺まがいの内容も多い中で、なかなか真っ当な内容ではないかと思います。

さらにSDCクラブでは、不動産投資だけでなく様々なビジネスについても情報提供するようです。

クラブが預かった会費はそのまま投資に運用されて、倍になったら戻ってくるため、その場合は実質会費は無料となります。

もちろん、投資にはリスクが伴いますが、たとえ戦争が起きても土地が無くなることはありません。

余剰資金があって効率的に運用したいと思っている方は、SDCクラブへの入会を是非検討してみてはいかがでしょうか。

今回も最後までお読みくださってまことにありがとうございます。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク