Mykey(佐野義仁)さんの経歴や評判は?人脈や資産も半端ないって!

リンクユニット




今回は、投資家として活動されているMykey(マイキー)こと佐野義仁さんにスポットをあてていきたいと思います。

投資の世界において、凄腕投資家と言われているマイキーさんですが、人脈や資産も半端ないのだそうです。

いったいどんな方なのでしょうか?

早速ですが、マイキーさんのプロフィールや経歴、評判についてなど、

気になる話題に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

マイキーさんの経歴や評判について

まずは、マイキーさんのプロフィールについてみていきましょう。

本名:佐野 義仁(さの よしと)

愛称:Mykey(マイキー)

出身地:静岡県

生年月日:1982年6月5日

年齡:36歳(執筆時点)

マイキーさんの本名は佐野義仁だったんですね。

しかも出身地は静岡県ということで、生まれもバリバリの日本人です。

ただし、高校時代はアメリカのポーランドで過ごされていたとのことで、英語はペラペラです。

ちなみに、「Mykey(マイキー)」という愛称は、アメリカにいた頃に「マイケル」「マイコー」と呼ばれたことがきっかけになっているのだとか。

逆に、漢字が苦手で読めない字もけっこうあるというエピソードも…

英語がしゃべれない日本人にとっては、何とも羨ましいというかなんというか。

大学卒業後は金融関係の会社に入り、バンコクや台北など海外を拠点に活動。

2013年以降はトレーダーとしても活動されており、2016年帰国後も海外を股にかけて事業を展開されておられます。

国内でも各地でセミナーを開催されていますが、その内容は投資を含めたお金の稼ぎ方にとどまらず、世界経済にも精通されているマイキーさんならではのエッセンスが詰まった濃い内容のものです。

人脈や資産も半端ないって?

出典:https://dna-world.asia/

マイキーさんのトレーダーとしての実績についてですが、主にFXを中心に1日で10億円単位でのトレードをされることもあり、500万円を元手に数十億円の資産を築かれているのだとか。

半端ないですねぇ。

さらには、マイキーさんは仮想通貨にも精通されており、政府公認の韓国ブロックチェーン協会理事も務めていらっしゃいます。

韓国ブロックチェーン協会とは、韓国の元議員や大学教授などの専門たちが2018年8月に立ち上げた組織で、日本人の理事としてはマイキーさんただ一人となります。

この協会の理事をしながら、仮想通貨や取引所などを広く普及させる活動に従事していく中で、K-POPや韓国財閥とも人脈を構築されているとのこと。

まさに、半端ない人脈を持っているわけです。

さらに、マイキーさんは、NGO団体も設立してカンボジアを中心に、慈善活動も行っています。

NGO団体とは、Non Governmental Organization(非政府組織)の略で、地球的規模の課題(開発・環境・人権・平和など)を解決するため、非政府かつ非営利の立場で活動している団体のことを指します。

中心部ではめざましく発展を遂げつつあるカンボジアにおいても、地域によっては水や電気も通っていなかったり、学校や病院なども不足していて、まだまだ支援を必要としているんですね。

マイキーさんはこれらの地域に寄付をするだけでなく、何度も現地を訪れて本格的に支援活動に取り組んでいらっしゃいます。

まとめ

今回は、Mykey(マイキー)こと佐野義仁さんについて書いてきましたが、いかがでしたでしょうか。

投資家として莫大な資産を築かれたというだけでなく、その資金を元手に慈善事業に従事されたり、韓国ブロックチェーン協会理事として、仮想通貨を広く普及させる活動を行うなど、まさに世界に股をかけてご活躍されている凄い方であることが分かりました。

日本人としても、マイキーさんのような方がいらっしゃることを大変誇りに思います。

今回も最後までお読みくださって、本当にありがとうございました。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク