大谷龍太(翔平兄)の高校&経歴や身長は?嫁や子供や実力も調査!

リンクユニット




今回は、メジャー・エンゼルスで大活躍中の

大谷翔平選手の兄・大谷龍太さんに注目していきます。

大谷龍太さんは、トヨタ自動車東日本で野球

をされていたんですね!

大谷龍太選手の身長などのプロフィールや

出身高校などの学歴および経歴について、

結婚された嫁や子供さんはいらっしゃるのでしょうか?

野球の実力などについても迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

大谷龍太選手のプロフィール(身長は?)

まずはプロフィールについてみていきましょう。

大谷 龍太(おおたに りゅうた)

出身地:岩手県

生年月日:1988年3月20日

年齢:30歳(執筆時点)

身長:187cm

ポジション:外野手

投打:右投右打

大谷龍太選手は、弟・大谷翔平選手の7歳上。

兄弟だけあって、顔も似ていらっしゃいます。

身長については、193cmの弟には及ばないものの、

187cmとかなり体格に恵まれています。

出身高校&大学や経歴について

大谷龍太選手の学歴についてですが、

岩手県立前沢高等学校を卒業されています。

甲子園の出場経験はないようですね。

ちなみに、弟の大谷翔平選手は、同じ岩手県ですが、

私立の花巻東高等学校出身。

高校卒業後、大谷龍太選手は大学には進学せず、

地元の野球クラブチーム・水沢駒形野球倶楽部

で4年間所属し、プロ野球選手を目指していました。

その後、独立リーグの高知ファイティングドッグスに入団。

高知ファイティングドッグスといえば、元読売

ジャイアンツで「満塁男」と呼ばれた駒田徳広

さんが監督をされているチームですよね。

大谷龍太選手はファイティングドッグスで2年間プレー。

2012年4月、当時地元岩手県を拠点とする

トヨタ自動車東日本の野球部創部の際に誘われ

帰郷することとなります。

当初の部員は岩手県出身者ばかりで13人しか

おらず、廃校となった小学校のグランドを

使って練習していたのだとか。

大谷選手は創部以来、コーチ兼任外野手という

「二刀流」でチームを牽引してきました。

トヨタ自動車東日本は2013年に都市対抗野球

初出場して以来6年連続で1次予選突破するも

2次予選は、2017年まで準優勝止まり。

2013年の大谷龍太選手のバッティングフォームがこちら。


何となく、弟の翔平選手とフォームや雰囲気が似てませんか。

2018年、創部7年目にして、ついにトヨタ自動車

東日本が都市対抗野球の2次予選を突破。

都市対抗野球全国大会の初出場を決めました!

おめでとうございます!

妻や子供はいるの?

長身でイケメンの大谷龍太選手。

かなり女性にモテるであろうことは

想像に難くないのですが、ご結婚されてるのでしょうか?

調べてみたところ、2013年12月に既に

結婚されているようです。

一般の方ということもあり、ほとんど情報が

ないのですが、、

  • ミス高知
  • 地元局のキャスター
  • タレント

などなど、様々な噂が飛び交っていますが

いずれにしても、かなり美人な方ではないかと思われます。

子供さんについては、全く情報がありませんでした。

結婚5年目なので、小さなお子さんがいらっしゃっても

不思議はないですね。

引き続きこちらの情報には注目していきたいと思います。

まとめ

今回は、現在メジャーリーグで大フィーバー中の

大谷翔平選手の兄・大谷龍太選手について書いて

きましたが、いかがでしたでしょうか。

弟があまりにも偉大すぎるため、何かと

比較されて悔しい思いもされてきたのでは

ないでしょうか。

大谷選手の父親である大谷徹さんも、

ネット裏でこんなことをおっしゃってました。

「どうしても比べられるつらさがある。自分には自分の道がある。“嫌かもしれないけどプラスに変えてやりなさい”と伝えている」

仕事が忙しく、龍太さんが中学・高校の時に

ほとんど野球を教えられず、その分、

次男の翔平さんにはできるだけ教えようと思ったのだとか。

長男の龍太さんには、父親なりに負い目も

あるのかもしれませんね。

優しくて度量の大きいお父さんだからこそ

次男も世界で大活躍し、長男も努力を重ね

社会人野球最高峰の舞台に飛び立つことが

出来たのだと思います。

改めて大谷選手が素晴らしいご家庭に

恵まれていらっしゃることを感じます。

大谷龍太選手も、いよいよ大舞台に出陣され

弟の影響もあって何かと注目されていく存在

になるかと思いますが、今後のますますの

ご活躍を期待しています。

今回も最後までお読みくださって

本当にありがとうございました。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク