池江璃花子の兄姉や父母の教育法が凄い!水着メーカーや成績は?

リンクユニット




今回は、競泳選手の池江璃花子さんに注目

していきます。

池江さんのプロフィールや経歴、過去の

成績についてや、

父母や兄、姉など家族のことや、

教育法が凄いって本当?

競泳水着姿がカッコイイと評判ですが、

水着メーカーはどこ?

などなど、気になる話題について

迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

池江璃花子さんのプロフィール

出典:https://www.joc.or.jp/

まずは、プロフィールからみていきましょう。

池江 璃花子(いけえ りかこ)

出身地:東京都江戸川区

生年月日:2000年7月4日

年齢:17歳

身長/体重:170cm/56kg

所属:ルネサンス亀戸

(出典:Wikipedia)

池江さん、次々と日本記録を塗り替えて

ますが、まだ現役の高校生だったんですねぇ。

ルックスもいいですし、全てがパーフェクト過ぎます。

池江さんがどんな子供時代を過ごして

きたのか、みていきましょう。

池江さんは、2000年7月4日、なんと

自宅の風呂場の水中で生まれました。

まさに、生まれながらのスイマーじゃないっすか。

3歳10ヶ月から水泳を始め、5歳で

自由形・平泳ぎ・背泳ぎ・バタフライ

50mを泳げたそうです。

出典:http://www.fitnessclub.jp/

学歴については、

西小岩小学校

→小岩第四中学校

→淑徳巣鴨高等学校

と進学されています。

小学時代は、地元の江戸川スイミング

スクールで着実に実力をつけ、

中学時代には次々と中学生記録を更新。

中学3年の時には、全日本大会初制覇

を果たし、世界選手権にも出場。

50m・100mバタフライと50m自由形

と3種目で日本記録更新します。

高校1年の時、日本史上最多7種目にて

リオ五輪出場を果たします。

さらに、9種類の日本記録保持者へ。

高校2年で史上初の日本選手権5冠達成

高校3年になっても勢いはとまらず、

次々と日本記録更新中。

2018年4月7日時点で、個人種目12個

リレー種目7個、計19種目の日本記録

保持しています。

保持している個人種目の日本記録
長水路
 50m自由形 24秒21 2018/04/06
 100m自由形 53秒46 2018/04/07
 200m自由形 1分55秒04 2018/02/17
 50mバタフライ 25秒44 2018/02/18
 100mバタフライ 56秒38 2018/04/04
短水路
 50m自由形 23秒95 2017/12/21
 100m自由形 51秒62 2018/01/14
 200m自由形 1分52秒64 2018/01/13
 50mバタフライ 24秒71 2018/01/13
 100mバタフライ 55秒64 2016/12/11
 100m個人メドレー 57秒75 2017/11/15
 200m個人メドレー 2分05秒41 2018/01/14
2018年4月7日現在(出典:Wikipedia)

そんな池江さんが所属しているのが、

フィットネスクラブのルネサンス亀戸

場所はこちらになります。

父母の教育法が凄い!

池江さんは生後2ヶ月から幼児教育に通い

超早期教育を受けたと言われています。

凄い教育熱心な家庭だなぁと思って

調べてみたところ、ご両親共に、

とんでもなく凄い方であることが分かりました。

池江さんの母親は、EQWELチャイルド

アカデミー本八幡教室で代表を務める

池江美由紀さん。

EQWELLとは、2018年4月1日に社名変更

する前は、「七田式チャイルドアカデミー」

という名称でした。

右脳開発を中心とした幼児教育で有名な

学校で、本屋にも関連本がたくさん並んで

いるので、ご存知の方も多いのでは。

璃花子さんは、母親の指導する本八幡校

に0~12歳まで通われていたそうです。

それにしても、璃花子さんに似てお母さん

も美人な方ですねぇ。

なんでも脳の発達には雲梯がいいという

ことで、璃花子さんは生後6ヶ月で既に

雲梯にぶら下がり、1年後には鉄棒の

逆上がりもこなしたのだとか。

出典:http://www.fitnessclub.jp

へぇ~、大人でも逆上がり出来ない人

たくさんいるのに… すんごいですねぇ。

璃花子さんの父親については、情報は

公開されていませんが、ネット上では

元防衛相航空自衛隊で、株式会社ノーザン

ライツ代表取締役の池江俊博さんでは

ないかと、ほぼ特定されています。

出典:http://www.conceptbank.jp

ウィケメンでさーねぇ。


池江俊博さんのFacebookでは、家族に

ついての投稿はほとんどありませんが、

ついつい嬉しさを抑えきれなかったの

ではないかと推測されます。

池江俊博さんも、七田式教育の上級講師

資格者であり、右脳教育・幼児教育の

プロの方なんですね。

こんな本も出版されています。

こんなゴイスーなご両親のもとで0歳

から教育を受けてきた池江璃花子さん。

ご自身の努力や精神力がなければ、

ここまでの活躍はなかったと思いますが

改めて幼児教育の大切さを感じずには

いられません。

兄・姉について

出典:https://qulioplus.jp/

池江さんには、7歳上の姉と、3歳上の兄

がいらっしゃいます。

姉も兄も水泳をやっていたのを見て、

璃花子さんも水泳を始めたことは

よく知られていますね。

お兄さんは、Instagramにも登場して

いますが、現在早稲田大学の水泳部に

所属する池江毅隼さん。

妹想いの優しいナイスイケメンですねぇ。

水着メーカーは?

出典:https://matome.naver.jp

池江さんの競泳水着姿がかっけーと

ネット上でも話題になっています。

池江さんが着用している水着は、自身が

ブランドアンバサダーを務めるミズノの

GX・SONICⅢ。

レディースの新作モデルですと、

価格が約3万円です。


筋肉への負荷と、摩擦抵抗を極限まで

削減しつつデザイン性も追究されており、

多くの競泳選手に愛用されてまっせ。

まとめ

今回は、競泳界期待のホープ・池江璃花子

さんについて書いてきましたが、いかが

でしたでしょうか。

池江さんの破竹の勢いが続きますが、

このまま東京オリンピックでも大活躍

して、各種目で金メダルを総なめして

ほしいですね。

今後のご活躍にも期待します。

今回も最後までお読みくださって

本当にありがとうございました。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク