一般参賀(令和初)待ち時間&アクセスや服装は?旗やトイレはどこ?

リンクユニット




令和天皇即位後初の一般参賀が2019年5月4日に行われます。

今回はGW中ということもあり、参加して新天皇陛下の即位を祝福したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、令和初となる一般参賀への参加に伴い、アクセス方法や旗を入手する方法についてや、大変な混雑が予想されますので、待ち時間(予想)や周辺のトイレ事情についてなどをまとめてみました。

初めて参加される方は、ぜひご参照くださいませ。

スポンサーリンク

令和初”一般参賀”の集合場所や時間について

(出典:https://mainichi.jp)

一般参賀とは、文字通り一般人の方が、皇居内にある長和殿前の広場へ出向いて祝賀の意を表するもので、天皇陛下の「お言葉」を直接聞くことができる貴重な行事です。

毎年1月2日と天皇誕生日に行われ、全国各地から大勢の方が集まっています。

今回は、新天皇陛下御即位を祝賀する一般参賀となります。

期 日 :2019年5月4日

参入時刻:午前9時30分~午後2時30分

参入門 :皇居正門(二重橋)

退出門 :坂下門,桔梗門(ききょうもん),大手門,平川門,北桔橋門(きたはねばしもん),乾門

お出まし(予定)時間:

  • 第1回 午前10時00分頃
  • 第2回 午前11時00分頃
  • 第3回 正午頃
  • 第4回 午後1時00分頃
  • 第5回 午後2時00分頃
  • 第6回 午後3時00分頃

※第3回までは,天皇皇后両陛下,秋篠宮皇嗣同妃両殿下始めお出ましになれる成年の皇族方
※第4回以降は,天皇皇后両陛下,秋篠宮皇嗣同妃両殿下,眞子内親王殿下及び佳子内親王殿下

(出典:宮内庁公式サイトより)

出典:スポーツ報知/報知新聞社

参加希望者は、皇居前広場に集合します。

この時、手荷物検査を受けますので、キャリーバッグなど大きな荷物は駅のコインロッカーなどに預けるのがよいでしょう。

その後、皇居・正門(二重橋)より宮殿前の東庭に入り、終了後は上記の通り坂下門ほか6つの門から退出することが可能です。

服装や旗(国旗)について

服装については特に制約はありませんので、カジュアルな普段着で問題はありません。

ただし、天皇陛下にお会いすることを配慮して、清潔で節度ある服装が望ましいですね。

尚、一般参賀で参加者が降っている旗(国旗)については、事前に用意する必要はありません。

「皇居参賀協力委員会」と書かれた緑色の帽子をかぶっている方々が、手渡しで配布されています。

ちなみに、「皇居参賀協力委員会」は宮内庁の職員ではなく、

「国民の理想を表わし、国を象徴する国旗の正しい理解と普及に努め、健全な国民の育成に資すると共に、世界の人々との間に相互理解の精神をつちかい、明るい日本と平和な世界の建設に寄与すること」

を理念として設立された内閣府所管の社団法人なんですよ。

アクセス方法と待ち時間(予想)について

続いて現地へのアクセスについてですが、集合場所となる皇居前広場に比較的近い駅は下記の通りとなります。

東京メトロ(地下鉄)千代田線「二重橋駅前」:徒歩約10分

都営地下鉄三田線「日比谷駅」:徒歩約10分

都営地下鉄三田線「大手町駅」:徒歩約12分

JR「東京駅」丸の内中央口:徒歩約15分

他にも、地下鉄「霞ヶ関駅」「有楽町駅」「桜田門駅」も最寄りの駅となっていますが、東京都内の交通手段に慣れていない方は、JR東京駅の丸の内中央口から出てまっすぐに広い通りを和田倉門交差点を目指して進んでいただくのが分かりやすいと思います。

大変な混雑が予想されますが、参考までに平成最後となる2019年1月2日の一般参賀は、平成過去最高の約15万4,800人が皇居に入場されました。

早朝から、JR東京から皇居までの長蛇の列が続くほどの混雑ぶりで、当初5回のお出ましだった予定を急遽2回増やされました。

今回は「令和初」の一般参賀で大型ゴールデンウィークということもあり、バスツアーで参加される方もいらっしゃいますので、さらなる混雑状況も予測されます。

過去の事例では、1時間30分~2時間ほどの待ち時間ですが、今回はそれ以上も想定されますので、できれば参加予定時刻より3時間ほど余裕をもっておいた方がよいでしょう。

さらに言うと、一般参賀が終了して皇居を出るまでにも時間がかかります(約1時間)ので、その後のスケジューリングも考えておくことをお薦めします。

皇居周辺のトイレ事情

一般参賀の混雑状況に伴い、対策として考えて置かなければならないのがトイレですね。

一応、一般参賀の際は現地に仮設トイレが設置されていますが、トイレにも相当な待ち時間が必要であることは想像に難くありません。

もちろん最寄り駅のトイレも混雑しますので、可能な限り事前にトイレを済ませておくことをお薦めします。

ちなみに、現地には水飲み場や救護所も設置されます。

トイレのことを考えると水分補給も控えたくなりますが、念の為350~500mlペットボトル1本は用意しておきたいところ。

体調が悪くなったら、我慢せずに現地の救護所をぜひご利用なさってください。

まとめ

今回は、令和天皇即位後初となる”一般参賀”について、場所や時間、服装、国旗のもらい方、待ち時間予想や周辺のトイレ事情など、気になる話題についてまとめてみました。

初めて参加される方はぜひご参考にしていただければ幸いです。

今回も最後までお読みくださって、本当にありがとうございました。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク