ペレグリーノ(幻の生ハム店)の予約方法や場所は?シェフや価格も!

リンクユニット




今、最も予約が取れないと言われるイタリア料理の店「PELLEGRINO(ペレグリーノ)」にスポットを当てていきます。

ペレグリーノは、The Tabelog Award 2017、2018と2年連続で金賞を受賞しているトップレベルの人気イタリア料理店。

取材NGで幻の生ハムが食べられるペレグリーノとはどんなお店なのでしょうか?

お店の場所や予約方法についてやシェフはどんな人?

ランチなどのメニューや価格は?

などなどペレグリーノの気になる情報に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

ペレグリーノってどんなお店?

出典:https://www.metromin.net/

ペレグリーノはイケメンの高橋隼人さんがオーナーシェフを務める本格派イタリアレストラン。

営業日は水・金・土・日曜日の4日間で、1日6人の完全予約制となっています。

席は全て壁側にあり、オープンキッチンで調理する様子が見える配置ですね。

開場時間は19時15分で、19時30分から一斉に料理がスタートとなります。

お店のど真ん中に設置されているのは、切りたてを提供するための生ハムスライサー。

高橋さんいわく、

「自分が魅せられたエミリア=ロマーニャ州パルマの郷土料理を、すべて最高値で味わってもらうため」

とことん追求した結果が現在の形になっているのだそうです。

シェフ・高橋隼人さんの経歴

出典:https://blog.goo.ne.jp

新潟県出身の高橋シェフは、10代の頃から海外に憧れ、二十歳の時にワーキングホリディでニュージランドへ行きます。

日本食レストランでアルバイトをしていた時にまかないで食べたパスタに衝撃を受け、帰国後は徳島のイタリアンレストランに就職し3年目にはシェフを任されるまでに腕を磨きます。

その後、再びワーキングホリディでカナダを訪れ、日本人がいないイタリアレストランでひたすら料理と英語に集中する日々を送るのです。

帰国後は、兵庫県芦屋は東京駅丸の内のリストランテでも修行を積み、いよいよ本場イタリアへ…

29歳の時、イタリア北西部に位置するエミリア・ロマーニャ州パルマにある個人経営のリストランテで、屋根裏部屋に寝泊まりしながらパルマの伝統料理を学びます。

「生ハムを目の前で切り分ける」というおもてなしのスタイルに感動し、帰国後すぐに生ハムスライサーを注文されたんだとか。

そして、このマシンを使った「最高」のおもてなしを表現するために、西麻布に「ペレグリーノ」をオープン。

ペレグリーノには、「はやぶさ」という意味が含まれており、ご自身の名前(隼人)からとったのだそうです。

その後、お店を恵比寿に移し、現在に至っています。

お店の場所や予約方法は?

出典:https://www.ttcbn.net

ペレグリーノは、広尾駅から徒歩約6分ほどの場所にあります。

閑静な住宅街の路地にある隠れ家的な雰囲気です。

「ペレグリーノ」は1日6人の完全予約でなかなか予約がとれないと言われていますが、予約方法についてお店の公式ホームページに掲載されています。

朝10時~13時までの間、2ヶ月先の同日まで2名での予約を受付。

電話番号は03-6277-4697

公式サイトでは予約できる日程について最新情報を更新しています。

しかしながら、その最新情報も2018年8月8日で更新が止まっており、電話をかけても音声が流れるだけで予約ができない状況です。(執筆時点)

現在、飲食店の予約サイト「OMAKASE」での受付開始を準備しているようです。

View this post on Instagram

【PELLEGRINO】 6席1日1回転のみで、日本のイタリアンでは予約が最も困難と言われるペレグリーノの予約をOMAKASEで受付開始致します。 イタリアンでは初の導入店になります。 予約開始次期は追って発表いたしますのでもう少々お待ち下さい。 . . 【PELLEGRINO】 PELLEGRINO, the most popular and difficult to book Italian restaurant in Tokyo, starts taking reservations on OMAKASE. (Only 6 seats in a day) The first Italian restaurant on OMAKASE. We’ll let you know the reservation details soon. Stay tuned. . . #PELLEGRINO #ペレグリーノ #高橋隼人 #HayatoTakahashi #OMAKASE #Japan #Italian #生ハム #reserveWithOmakase #Tokyo #Restaurants #Gastronomy #Gourmet #Foodie #JapanTopRestaurants #人気店 #予約困難店 #予約はOMAKASEから #食 #グルメ

OMAKASEさん(@omakasejapan)がシェアした投稿 –

メニューや価格は?

出典:https://www.gourmetcaree.jp

メニューについてですが、残念ながらランチはやっておらず、高橋シェフのお任せ料理とそれに合わせたペリングドリンクのみを提供しています。

価格は、ドリンク込みで27,000円~。

ワインや素材の時価により変動するようで、11~12月は1人5万円の冬期限定コースとなっています。

こちらは、メニューの一例です。

19時半からスタートする料理のコースが全て終了するのに約3時間超かかるのだとか。

・真鯛タルタルとハーブ
・きたろう軍鶏の出汁スープに黒トリュフ
・あわびのソティ
・多田さんのペルシュウ17ヶ月
・多田さんのペルシュウ27ヶ月
・しんすけのお米とペルシュウ
・イタリアボローニャ産モルタデッラ
・モーニャ黒豚ハム。パンヴェネト州のソップレッサ 北海道で1年以上熟成したキタノアカリを粉の2倍使った自家製フォカッチャ
・イタリアの赤肉メロンにプロシュート
・モデナのモーラマニョリータのプロシュート、 トルタフリッタ
・タリオーニとミョウバンなしのうに
・白あまだい
・牛フィレのロースト
・バルサミコをかけたアイス
・サブレアイス
・ピッコラ・パスティッチェリア

(出典:https://tabelog.com/)

ちなみに、多田昌豊さんという方は、日本人で唯一パルマハム協会から認定されたハム職人で、岐阜で株式会社BON DABONを経営されています。

出典:http://r-tsushin.com/

多田さんの作ったペルシュウ(パルマハム)が食べられるのは、東京ではペレグリーノとSUGALABの2店舗しかないというから驚きですね。

しばらく予約ができないなんて…

くう~~~~~っ!

予約再開の最新情報については、是非下記のサイトをご参照ください。

ペレグリーノ公式サイト

飲食店予約専門サイト「OMAKASE

今回も最後までお読みくださって

本当にありがとうございました。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク