PayPayのメリットデメリットや評判&比較!登録やチャージ方法は?

リンクユニット




今回は、2018年10月に始まったばかりのスマホの決済サービス”PayPay(ペイペイ)”について注目してまいります。

一見、PayPalの間違いちゃうかな?と思ってしまうほど、1文字違いで聞き慣れないPayPayとはどんなサービスなのでしょうか?

登録方法やチャージ方法についてや、

他の決済サービスと比較したメリット・デメリットや評判についてなど

今話題のPayPayにスポットを当てていきたいと思います。

スポンサーリンク

PayPay(ぺいぺい)とは?

まずは、PayPayの概要について説明していきます。

PayPayはソフトバンクとヤフーが共同出資したPayPay株式会社が2018年10月5日にスタートしたスマホ専用の決済サービスとなります。

簡単に言うと、スマホ1つで現金を使わず簡単にお金の支払いや送金などができるサービス。

スマホにインストールした専用アプリを使って、利用できる店舗でQRコードを読み取ってもらったり、逆に店舗側のQRコードをスマホで読み込んだりして決済が行えるというもの。

楽天ペイやLINE Payなど、ここ最近で同様のサービスが急激に増えています。

PayPayは始まったばかりなので、使える店舗はまだ限られますが、ソフトバンク&ヤフーの強力タッグですから、今後利用可能店舗は拡大していくことが予想されます。

出典:https://paypay.ne.jp/

公式サイトに、レジでの支払い方法について分かりやすい動画がUPされています。

こちらのチャンネルに登録しておけば、今後最新の情報が解説付きで追加、更新されていくでしょう。

新規登録やチャージ方法は?

続いて、PayPayを利用するための新規登録方法についてです。

出典:https://paypay.ne.jp/

①まずは、お手持ちのスマホにPayPayの専用アプリをダウンロードします。

②電話番号とパスワードを設定して入力するか、Yahoo JAPAN IDをお持ちであればログインが可能となります。

③お支払い方法について、PayPay残高、Yahoo!マネー、クレジットカードの3種類から選ぶことができます。

PayPay残高とは、銀行口座やクレジットカードの情報を登録することで簡単にチャージすることができるものです。

具体的に、銀行口座からチャージする場合は、Yahoo!ID(Yahoo!ウォレット)に登録している銀行口座からのチャージとなります。

クレジットカードからのチャージする場合は、同時にカードのポイントも貯まりますのでとてもお得ですね。

登録が終われば、後はPayPayのロゴマークのある加盟店にて、先ほどの動画のように現金を使わず買物ができます。

他サービスと比較したメリット・デメリットや評判について

では、他の同様の決済サービスと比較した場合、どのようなメリット、デメリットがあるでしょうか。

まう、メリットについてですが、なんと行ってもSoftBankとYahoo!という圧倒的なバックボーンがあるという点です。

さらには、インドで決済システムを提供するPaytmも技術提携をしているため、約3億人のユーザーで実証済の蓄積された膨大なノウハウが投入されていくことになります。

このバックボーンの大きさによる安心感はかなり大きいですね。

利用者側のメリットとしてあげられるのは、とにかく支払いが簡単であること。

利用者が行うことは、先程の動画にあった通りでほんの数十秒で支払いは完了します。

さらに、支払金額の0.5%分のポイントが「PayPay残高」として貯まっていきます。

また前述のように、クレジットカードでチャージした場合は、PayPayのポイントとクレジットカード会社のポイントがWで貯まることになりますの。

これは、利用者にとってかなり大きなメリットといえます。

さらにさらに、利用しない理由が見つからない、とんでもないキャンペーンが公表されました。

2018年12月4日から2019年3月31日までの期間中、PayPayを使って支払った人に総額100億円をプレゼントするというものです。

出店:https://www.softbank.jp/

具体的には、なんと使った金額の20%が戻ってきます。

月最大25万円まで対象となるため、月最大5万円もらうことができますので、期間中の4か月だと合計で最大20万円も戻ってくることになります。

これだけでも太っ腹ですが、さらに驚くべきことには…

支払い40回に対し1回の確率で全額がキャッシュバック!
ヤフープレミアム会員であれば20回に1回キャッシュバック!
ソフトバンクモバイル利用者なら10回に1回キャッシュバック!

※但し、1回あたり上限10万円。

それから、PayPay新規登録だけで500円相当が残高にチャージされます。

というわけで、史上最大級にお得なキャンペーンなのでこれを機にQRコード決済ユーザーが増えることが想定されますね。

PayPayが一気にトップシェアをとることを視野に、SoftBankの本気度が伺えます。

これだけのばらまきキャンペーンをされては、メリットしか見つかりませんが、現段階でのデメリットをしいてあげるなら、まだまだ使える店舗が限られることです。

これは、スマホ決済サービスとしては後発組ですので仕方がないことですが、全国に拠点を配するSoftBankとYahoo!が提携し、数千人規模の営業マンが稼働して飲食店や美容店など、今までこうしたサービスに乗り気でなかった店舗も一気に取り込んでいく戦略です。

店舗側としても、導入費用がかからないというのは大きなメリットとなります。

まとめ

今回は、新しく始まったスマホ決済サービスのPayPaayにスポットを当ててきましたが、いかがでしたでしょうか。

2018年12月4日から始まるキャンペーンを利用して、この機会に是非登録してみることをおすすめします。

筆者も利用登録をしていますので、また新たな情報を更新していきたいと思います。

今回も最後までお読みくださって、本当にありがとうございました。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク