大阪府(新型コロナ)支援金の申請方法は?対象や支給時期も!

リンクユニット




新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う休業要請の対象事業者に対し、ついに大阪府も支援金の給付を行う方針で検討を進めていることを明らかにしました。

大阪府が打ち出した休業支援金の申請方法や支給金額、対象事業者や支給時期についてなど、現段階で分かっている概要についてまとめてみました。

スポンサーリンク

大阪府(新型コロナ)支援金の対象や支給金額は?

出典:https://www.lmaga.jp/news/

4月15日、大阪府の吉村洋文知事が記者会見で発表した内容は次のとおりです。

対象は、政府の緊急事態宣言に伴い大阪府が休業要請※した対象に関わる事業社のうち

個人事業主一律50万円

中小・零細企業一律100万円

※大阪府は府内の運動施設や遊興施設などに対し、4月14日から5月6日までの休業を養成しました。その対象施設については大阪府の公式ページに詳しく掲載されていますのでご参照ください。

大阪府内の使用制限対象施設一覧

支援金は大阪府と市町村が折半する方針であり、最も事業者が多い大阪市の松井市長は内諾済を得ているとのことですが、負の要請に応じるかどうかは各市町村の判断に委ねられているといいます。

大阪府側の財源は財源調整基金と国からの交付金を充填するとの考えです。

さらに、休校が続く子供たちの家庭学習を支援するため、全ての自動や生徒を対象にして教材や書籍の購入用として2,000円分の図書カード配布についても発表されています。

会見で吉村知事は次のように述べられました。

「不十分な点もあるが、知恵を絞って、厳しい状況にある皆さんを支えていきたい。東京都に見劣りしない給付金制度を構築したい」

大阪府(新型コロナ)支援金の申請方法や支給時期は?

支援金については財源が確定しておらず、4月下旬に関連経費を盛り込んだ補正予算案を編成する方針です。

申請方法や支給時期についてはまだこれから詰めていき、決定次第発表されるものと思われます。

大阪府から新たに発表されましたら追記させていただきます。

まとめ

新型コロナ感染拡大防止に伴い休業要請に伴い、大阪府は支援金を支給する方針で検討を進めていることを発表されました。

申請方法や時期については未定ですが、対象については休業要請に協力した個人事業主に50万円、中小企業に100万円を支給する考えです。

今回も最後までお読みくださってありがとうございました。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク