荻野由佳はなぜ速報1位で人気?性格や私服&すっぴん画像も!

今回は、第10回AKB48総選挙の速報1位

輝いた荻野由佳さんに注目していきます。

荻野さんは、2年連続の速報1位

前回の最終結果は5位でした。

2016年の総選挙では95位だった荻野さん。

こんなに人気者となったのはなぜなんでしょうか?

萩野さんのプロフィールや性格についてや

可愛いと評判の私服姿やすっぴん画像など、

人気の秘訣を探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

荻野由佳さんのプロフィール

出典:https://www.excite.co.jp

まずは、荻野さんのプロフィールからみていきましょう。

荻野 由佳(おぎの ゆか)

出身地:埼玉県越谷市

生年月日:1999年2月16日

年齢:19歳(執筆時点)

血液型:A型

身長:160cm

趣味:ダンス、カラオケ

好きな食べ物:ピザ

(出典:エケペディア)

公式ニックネームは”おぎゆか”、”ゆか”ちゃん。

特技は、開脚しながらの変顔なんだそうです。

出典:https://twitter.com/wata_mono5

おお~っ、やってますねぇ。

若干周りがドン引き状態でしょうか…

荻野さんは、元々芸能界を目指していた

わけではなかったんですね。

母親に勧められ、

小学2年で初めてオーディションを受けます。

そのことがきっかけで徐々に芸能界に興味を

持ち始め、ダンスも習い始めます。

そんな中、AKB48の「ヘビーローテーション

の虜になり、”AKB48になりたい”と強く思うようになったのだとか。

そして、2011年AKB48の13期生オーディション

に初挑戦するも書類選考で落選。

翌年の14期生オーディションでは最終審査まで残るが落選。

続いて15期生オーディションでは仮合格を

果たすもメンバーにはなれず。

2014年には都道府県から選出するチーム8

の埼玉オーディションを受けるが、またも落選。

その後AKBのスタッフの勧めで、他の芸能

関係のオーディションを十数回受けた後、

2014年9月に「バイトAKB」のオーディションに合格。

2015年5月、「第2回AKB48グループ ドラフト会議」

にてNGT48から二巡目で指名され、念願のメンバー加入が決まりました。

いやぁ、根性ありますねぇ。

エケペディアによると、荻野さんの性格は

  • 元気であまり人見知りしない
  • 負けず嫌い
  • 前向きな性格

かなりポジティブで明るい性格のようですね。

座右の銘が「努力は必ず報われる」

素晴らしい!

なぜ速報1位で人気なの?

出典:https://rankingbox.jp/article/57993

荻野さんが周りを元気にさせる明るい元気な

性格なのは分かりましたが、デビュー3年経って、

なぜ速報1位になるまで急に人気になったのでしょう?

心ない一部のファンの中には、

「やらせなのでは?」

「重複投票では?」

「システムエラーか?」

などなど、不正疑惑やシステムの脆弱性まで疑われる騒ぎに。

しかし、2年連続で速報1位というのは、

もはや不正などではなく、実力と人気が

なければあり得ない結果でしょう。

様々な理由が考えられますが、ネット上の

声をまとめると、

  • とにかく明るく元気でポジティブ。
  • 一緒の空間にいるだけでパワーをもらえる。
  • 新潟県民やメンバーに愛されている。
  • 握手会などファンへの神対応。
  • ファンに愛されている。

AKB総選挙に投票する方々は、実際に

講演に足を運ぶコアなファンが多いので、

生の荻野由佳さんは、写真で見るより

ずっと魅力的な方に違いありません。

可愛い私服姿やすっぴん画像は?

それでは、最後に荻野さんの可愛い私服姿や

すっぴん画像についてご紹介します。

出典:https://twitter.com/yuka_ippaiwarae

出典:https://twitter.com/yuka_ippaiwarae

すっぴん画像がこちらです。

うーん、全然普段と変わらなーい。

最後に荻野さんの水着姿もご紹介します。

荻野由佳さんの水着姿1

荻野由佳さんの水着姿2

荻野由佳さんの水着姿3

きゃわうぃ~

まとめ

今回は、AKB48世界選抜総選挙の速報にて

見事2年連続1位に輝いた荻野由佳さんの

魅力に迫ってみました。

ネット上ではいろいろ言われていますが

なんと言っても周りを元気に明るくさせる

キャラとファンを大事にする姿勢は凄く

好感が持てます。

先回は最終結果が5位でしたが、今回はどこまで

順位を上げるのでしょうか。

荻野さんのますますの躍進とご活躍を期待しています。

今回も最後までお読みくださって

本当にありがとうございました。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク