「ノーサイド・ゲーム」主題歌の歌詞&意味や発売日/米津玄師”馬と鹿”

リンクユニット




出典:https://realsound.jp

大泉洋さん主演のTBS系ドラマ『ノーサイド・ゲームが2019年7月7日(日)21時にスタートしました!

『ノーサイド・ゲーム』は池井戸潤さんの同名小説が原作となっている話題作。

大手自動車メーカーに勤務する君嶋隼人(大泉洋さん)は出世レースを勝ち抜いて一時は幹部候補とまで言われていましたが、上司に盾突いた結果本社から異動することに。

経営戦略室から一転、工場の総務部長に就任。

さらには、経験・知識がないのにも関わらず、成績不振にあえぐ会社のラグビーチームのゼネラルマネージャーを兼務させられます。

出世を絶たれたサラリーマンが、会社のお荷物と化した弱小ラグビーチームと共に様々な逆境を跳ね返していくストーリーです。

さて、本作品の主題歌はドラマの第1話が放送されるまで、一切ネット上でも明かされてませんでした。

今回は、ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の主題歌の発売日や歌詞などについて、詳しくみていきたいと思います。

スポンサーリンク

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』主題歌の歌詞&発売日や意味は?

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の主題歌に起用されたのは、米津玄師さんの書き下ろし新曲「馬と鹿」です!


いったいどんな曲なのか、気になりますね。

米津さんといえば、2018年『Lemon』でYouTube再生回数1億回を超える記録的ヒットを生み出したシンガーソングライター。

ちなみに、現在『Lemon』のMV再生回数は4億回を超えてます。

そんな米津玄師さんの書き下ろし新曲ともなれば、期待せずにはいられません。

発売日は、9月11日(水)にシングルとしてリリースすることが公表されました!

『馬と鹿』
ノーサイド盤(初回限定):CD+ホイッスル型ペンダント(レザージャケ)¥1,900+税

映像盤(初回限定):CD+DVD(紙ジャケ)¥1,500+税
通常盤:CDのみ ¥1,000+税

<収録曲>(全形態共通)
1.馬と鹿
2.海の幽霊
3.(未定)

<DVD収録内容>※映像盤(初回限定)のみ
1.『米津玄師2019TOUR / 脊椎がオパールになる頃』LIVE Teaser
2.『海の幽霊』MV

<購入者店舗特典>
共通特典あり(詳細は後日発表)
※特典は先着順で数量限定の販売。
一部の店舗/ECサイトでは特典が付かない場合ありますのでご注意ください。予約購入の際は、特典の有無を必ず店頭/ECサイトでご確認願います。

カバーされている方がいらっしゃいますので、こちらを御覧ください。

歌詞については、耳コピされてる方がいらっしゃったので、こちらをご参照願います。


いい歌詞ですねぇ。

ドラマのシーンと合わせて聞くと、胸がジーンとします。

第1話から涙腺崩壊寸前という方もおおくいらっしゃったのではないでしょうか。

馬と鹿、そのまま読むと馬鹿になってしまいますが、バカの語源は諸説あって謎も多いです。

ミステリアスなところが米津さんらしいですね。

発売日など楽曲の詳細については分かり次第追記させていただきます。

今回も最後までお読みくださって、本当にありがとうございました。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク