世古和の高校&大学や経歴は?なぜ乗馬クラブ?可愛い私服画像も!

リンクユニット




今回は、陸上競技の世古和(のどか)選手に注目していきます。

日本選手権女子100メートルで初優勝を果たしました。

同種目で7連覇の記録を持つ女王・福島千里選手と

2017年の女王・市川華菜選手を抑えての優勝は素晴らしいですね。

誰もこの結果は予想できなかったのではないでしょうか。

福島千里の経歴やスパイクのメーカーは?愛車や可愛い私服画像は?

世古選手の身長・体重などのプロフィールについてや

出身高校&大学などの学歴や経歴について、

陸上選手なのに、なぜ乗馬クラブ所属なんでしょう?

また、世古選手の可愛い私服姿の画像など、

気になる話題に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

世古 和選手のプロフィール

出典:https://www.facebook.com/joba.crane

まずは、プロフィールからみていきましょう。

世古 和(せこ のどか)

出身地:三重県

生年月日:1991年7月28日

年齢:26歳(執筆時点)

身長/体重:154cm/49kg

血液型:A型

所属:CRANE(乗馬クラブクレイン)

(出典:Wikipedia)

」と書いて「のどか」と読むんですね。

お名前の通り、とこかおっとりしていて

和やかな雰囲気を感じるとても美しい方です。

名付け親であるご両親も陸上経験者で、

父親は宇治山田商業高校時代に全国2位の実績があるのだとか。

実は、凄い遺伝子を引き継がれていたんですね。

参考までに、陸上女子を牽引してきた2人の女王と比較すると、、

福島選手 29歳(1988年6月27日生まれ)

市川選手 27歳(1991年1月14日生まれ)

よりも年齢はちょっちゅ若いですが、

身長については、

福島選手 166cm、市川選手163cm

と比べて世古選手は約10cmも低く小柄です。

それだけ足の回転率も速く、筋力があるということですよね。

身長と足の速さが必ずしも比例するものではない

ことを改めて証明してくださいました。

出身高校&大学は?

出典:https://twitter.com/

続いて、世古選手の学歴についてみていきます。

小学校時代から器械体操に夢中だった世古選手。

伊勢市立五十鈴中学校に進学した後も体操を

続けていましたが、中学2年時に跳馬からの転落

で胸椎4本骨折という大怪我をしてしまいます。

結果として、この怪我がきっかけで陸上部の

顧問から誘われて入部し、本格的に陸上を始めます。

その後、父の母校である宇治山田高等学校に進学。

1年時からインターハイに出場し、2年時には

100mと200mで2位日本ユース選手権200m

では当時の大会記録を更新して初優勝を成し遂げました。

高校3年時には、インターハイ100m(11秒68)

4✕100mリレー(46秒02)の2冠達成

さらに、国民体育大会と日本ジュニア選手権の100mも制し、

東アジア大会では4✕100mリレー日本代表にも選出

1走を務めて、銀メダル獲得に貢献しています。

すんごいですねぇ。

高校卒業後は、筑波大学に進学。

めっちゃ優秀じゃないっすか!

大学時代も陸上を続けますが、2年~3年時は

肉離れの怪我などで思うような活躍ができず、

陸上は大学で引退しようと決意していたのだとか。

しかし、大学4年時には100mで自己ベストを更新。

日本インカレ100mでは大学日本一にも輝くなど

再び闘志がよみがえり、陸上を続けることになります。

まさに不撓不屈の精神!

これだけの荒波を乗り越えての”新女王”の称号。

改めて、あっぱれ!

なぜ乗馬クラブ勤務?

出典:http://picbear.online/nodoka_seko

ところで、世古選手の所属先は乗馬クラブクレイン

陸上選手なのに、なぜ?

と思われる方も多いと思います。

実は、競馬好きの従兄弟の影響で、中学時代

から馬が好きになり、当時はディープインパクト

に夢中だったんだとか。

器械体操で大怪我をして落ち込んでいた時に

両親が乗馬クラブに入会させてくれ、将来は

馬に関わる仕事をしたいという想いが芽生えたのだそうです。

そして、大学の就職活動では、乗馬の指導員を

目指すため乗馬クラブクレインを志望し、内定をもらいます。

ところが、内定後陸上競技の方で結果が出始め

再び楽しいと思えるようになり、就職後も

陸上競技を続けることを会社から承諾を得て

現在に至っています。

可愛い私服姿の画像は?

最後に、世古選手の可愛い私服姿画像をご紹介します。

世古選手の可愛い私服画像1

世古選手の可愛い私服画像2

う~ん、きゃわうぃい~し、かっこいいですねl

でも、やっぱり世古選手は陸上ユニフォームが一番ステキかも。

出典:https://yakyu.jp.net

まとめ

今回は、世古和選手について書いてきましたが

いかがでしたでしょうか。

「結果が出たから陸上が楽しくなったのではなく、楽しくなってきたから結果がついてきた」

新女王の栄冠を手にするまでの道のりは、決して

平坦ではなかったはずですが、この世古選手の

言葉が全てを物語っていますね。

最初から楽しくて結果が出れば苦労はしませんが、

結果が悪くても諦めずに続けていれば、楽しく

なって結果は後からついてくるものなんだと。

今後は、福島千里選手や市川華菜選手から

追われる立場となりますが、年代も近く

新たな女王争いが楽しみです。

陸上女子を大いに盛り上げたいただきたいと

思います。

今回も最後までお読みくださって

本当にありがとうございました。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク