中村祐太の球種&球速や年俸は?マエケン二世の由来や彼女も!

リンクユニット




広島カープの”マエケン2世”こと中村祐太投手が1軍登録され、2019年5月5日の巨人戦にて今季初先発することが予告されました!

リーグ4連覇の期待を背負いながら、今季ここまで苦戦を強いられている広島カープの救世主となるのでしょうか?

中村祐太投手のピッチングにカープファンの期待が寄せられています。

ところで、中村祐太投手がメジャーリーグで活躍されている”マエケン”こと前田健太投手2世と呼ばれるのはなぜ?

球種・球速などの投球スタイルや年俸について

熱愛中の彼女はいるのでしょうか?

などなど、気になる中村祐太選手の魅力に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

中村祐太投手のプロフィールや年俸について

出典:http://www.livinghiroshima.com

まずは、中村投手のプロフィールについてご紹介します。

中村 祐太(なかむら ゆうた)

出身地:東京都江戸川区

生年月日:1995年8月31日

年齢:23歳(執筆時点)

身長/体重:182cm/88kg

投球・打席:右投右打

学歴:江戸川区立小岩第五中学校→関東第一高等学校

プロ入り:2013年ドラフト5位

背番号:67

(出典:Wikipedia)

中村投手は、中学時代に江戸川中央シニアでプレイし、甲子園の常連校である関東一高に入学後、1年秋から背番号10でベンチ入り。

2年春の第84回選抜高等学校野球大会ではベスト4進出の原動力となりました。

2013年ドラフト会議にて広島東洋カープから5位指名を受けてプロ入します。

プロ入り後の成績は下記のとおりとなっています。
















2018 9 8 0 3 4 0 0 50 31 33 30 6.04
2017 15 14 0 5 4 0 0 68 54 33 31 3.74

年俸推移については、

年度 年俸
2019 1,200万円
2018 900万円
2017 450万円
2016 460万円
2015 460万円
2014 460万円
2013 契約金3,000万円

中村祐太投手の球種&球速やマエケン2世の由来

続いて中村投手の球種や球速など投球スタイルについてみていきます。

伸びのある140km/h前半のストレートを中心に、キレのよいスライダーを得意としています。その他、カーブやフォーク、チェンジアップも織り交ぜた多彩な球種が武器です。

整った投球フォームからキレのよい珠を武器にするセンスのよさから、広島東洋カープからメジャーリーグに移籍し現在も活躍中のマエケン(前田健太)二世と呼ばれています。

百聞は一見に如かずということで、中村祐太投手の投球フォームをみてみましょう。


手元でぐーんと伸びてくるストレートは、バッターボックスでは実際の球速よりも早く感じるのではないでしょうか。

変化球のキレもよいので、的を絞っていても芯で捉えるのは至難の業ですね。

そして、本家本元”マエケン”の投球フォームはこちら!

いやぁ、メジャーリーグの猛者を相手にキレッキレの迫力ある投球は見事です。

日本で活躍されていた頃からさらに磨きがかかっている感じですね。

さて、本家の前田健太さんには、美人アナウンサーの成嶋早穂さんとご結婚されていますが、中村祐太さんはまだ独身です。

イケメンですし彼女は絶対にいるであろうと調査を進めましたが、確証となる情報は得られませんでした。

新しい情報が入り次第、追記させていただきます。

まとめ

今回は、”マエケン2世”こと広島東洋カープの中村祐太投手について書いてきましたが、いかがでしたでしょうか。

中村投手はまだ23歳ですし、2019年度は2軍で良い成績を残して1軍に這い上がってきましたので、5月5日でよいピッチングをして、是非4連覇の立役者になっていただきたいですね。

今回も最後までお読みくださって、本当にありがとうございました!

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク