辰巳渚さんの本名や経歴は?離婚歴や再婚した夫&子供は?

今回は、『捨てる!技術」などの著書で知られる

文筆家の辰巳渚さんに注目していきます。

辰巳さんの本名などのプロフィールや経歴について、

離婚歴や再婚した夫や子供などご家族についてなど

辰巳さんの気になる話題に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

辰巳さんのプロフィール(本名は?)

出典:http://witty.l-happystyle.com

まずは、辰巳さんのプロフィールからみていきましょう。

辰巳 渚(たつみ なぎさ)さん

本名:加藤 木綿子(かとう ゆうこ)

出身地:福井県

生年月日:1965年11月27日

年齢:52歳(執筆時点)

職業:文筆家、生活哲学家
家事塾 代表理事、生活哲学学会 代表理事
㈱生活の学校 取締役

学歴:東京都立立川高等学校→御茶ノ水女子大学分教育学部地理学科
→ 星槎大学大学院教育学研究科修了(教育学修士)

(出典:Wikipedia)

経歴について

出典:https://dot.asahi.com/

辰巳さんは、大学在学中より生活心理分析の

マーケティングを学びます。

大学卒業後は、『月間アクロス』(パルコ出版)記者、

㈱筑摩書房の書籍編集者を経て、1993年フリーとなります。

生活者のマーケティング分析に携わった経験を

活かし、『「捨てる!」技術』を出版し、

130万部を超えるベストセラーとなりました。

2008年から、「家事(暮らし方)は生きること」を

スローガンに家事塾を主催。

2009年、株式会社、一般社団法人として独立。

2013年より、家事塾卒業生と共にイエノコト事業を展開。

2016年、一般社団法人生活哲学学会設立。

2017年より全国で「子供家事塾」を展開。

2018年、元セブンカルチャーネットワークの野上秀子社長と共に株式会社生活の学校を設立。

離婚歴や再婚した夫と子供について

出典:http://www.asahi.com/

ベストセラー本を生み出し、家事塾を展開して

ビジネスの方では順調だった辰巳さんでしたが、

私生活では一度離婚されています。

離婚原因は明らかにされていませんが、

元夫の所有物を無断で捨てていたことが

きっかけになっているのでは?

とネット上では噂されています。

2012年12月、辰巳さんは現在の夫である加藤秀一

さんと再婚されています。

加藤さんについて詳しい情報はありませんが、

辰巳さんの主催する家事塾のサポート等を

されているようですね。

また、子供さんについては、お二人のSNSや過去の

コメントから、

辰巳さんと元夫との間にできた長男長女と、

加藤さんと元妻との間にできた3人の娘さん

との連れ子婚ではないかと言われています。

まとめ

今回は、『「捨てる!」技術』の著書でお馴染みの

辰巳渚さんについて書いてきましたが、いかがでしたでしょうか。

昔の人は、モッタイナイと行って、物を

大切に保管する傾向がありましたが、

「断捨離」「ミニマリスト」という言葉が

流行っているように、必要最小限のもの

だけを残すことの重要性を感じました。

今回も最後までお読みくださって、

本当にありがとうございます。

【追記】

残念なことに、辰巳さんの突然の訃報が届きました。

2018年6月26日長野県軽井沢町にて、

夫とツーリングの最中に交通事故に遭われ

搬送先の病院で命を落とされたとのことです。

52歳というあまりにも早すぎる別れが惜しまれます。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク