さくらももこの元夫&再婚した夫や息子の現在は?今後の放送は?

リンクユニット




『ちびまる子ちゃん』で知られる漫画家の

さくらももこさんが永眠されました。

53歳という早すぎる旅立ちに、多くの

ファンが悲しみに包まれています。

さくらももこさんとは、どんな人物だったのでしょうか?

さくらももこさんの経歴についてや、

元夫や再婚された夫、息子さんなどのご家族の現在は?

『ちびまる子ちゃん』の今後の放送はどうなるのでしょうか?

今回は、さくらももこさんについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

さくらももこさんのプロフィール&経歴

出典:https://www.yomiuri.co.jp/culture/20180827-OYT1T50068.html

まずは、プロフィールからみていきましょう。

さくら ももこ

本名:三浦 美紀(みうら みき)

出身地:静岡県静岡市清水区

生年月日:1965年5月8日~2018年8月15日(享年53歳)

身長:159cm

血液型:A型

職業:漫画家、エッセイスト、作詞家

ジャンル:少女漫画、青年漫画、児童漫画

(出典:Wikipedia)

さくらももこさんというのはペンネームで、

本名は非公開ですが、旧姓は三浦美紀さんといいます。

代表作品としては、

『ちびまる子ちゃん』1986年8月号~

『コジコジ』1994~1997年

などの漫画作品が有名ですね。

さくらさんは、漫画としてだけではなく

『もものかんづめ』『さるのこしかけ』『たいのおかしら』

などのエッセイでもミリオンセラーを記録。

さらには、1990年の第32回日本レコード大賞

受賞曲である『おどるポンポコリン』の作詞他

数々の楽曲の作詞やジャケットデザインも手がけられました。

そんな多彩なさくらももこさんの学歴についてですが、

清水市立入江小学校(現・静岡市立)

→清水市立清水第八中学校(同上)

→清水県立清水西高等学校

→静岡英和女学院短期大学(現・静岡英和学院大学短期大学部)国文学科

1984年、大学在学中に作成した「教えてやるんだありがたく思え!」で漫画家デビュー。

大学卒業後、1986年上京してぎょうせいに入社。

わずか2ヶ月で退職し、同年8月『りぼん』で「ちびまる子ちゃん」の連載が始まります。

以降、さくらさんは、32年間、

漫画家、エッセイスト、作詞家として活躍されるわけです。

元夫や再婚した夫と息子の現在は?

さくらももこさんは、1989年に『りぼん』の編集者

であった宮永正隆さんとご結婚され、1994年には長男が誕生。

しかし、宮永さんとは1998年に離婚されています。

出典:https://www.toonippo.co.jp/articles/gallery/72073?ph=2

宮永正隆(みやなが まさたか)

出身地:神奈川県金沢市

生年月日:1960年4月23日(年齢58歳)

現在は、音楽評論家、プロデューサーとして活躍されています。

息子はさくらめろん というペンネームで

さくらももこさんとの共著「おばけの手」

という絵本で名前が知られています。

但し、本名についてや現在何をされているか

など詳しい情報は得られませんでした。

2003年、さくらももこさんはイラストレーターの

うんのさしみ さんと再婚されています。

うんのさしみさん

生年月日:1969年1月17日(年齢49歳)

現在もイラストレーターとして活動されていると

思われますが、ほとんど情報がありません。

かなりベールに包まれた方のようです。

『ちびまる子ちゃん』の今後の放送は?

出典:http://news.livedoor.com/article/detail/13966671/

1990年にTVでの放送が始まった『ちびまる子ちゃん』

今年で29年も放送されてきたことになりますが、

今後の放送はどうなるのでしょうか?

こんなにも長く放送され続けたアニメの

放送が打ち切られてしまうと、ロス感半端ないですね。

フジテレビの発表によると、

これからも私たちスタッフ・キャスト一同で、さくら先生が天国で見守ってくださることを感じながら、おもしろい『ちびまる子ちゃん』を制作していきたいと思います

今後も放送は継続されるようですね。

ひとまずほっとしました。

さくらももこさんのご冥福をお祈りいたします。

今回も最後までお読みくださってありがとうございました。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク