ロイ・ハラデー投手の通算成績やフォーム動画は?家族や死因を調査!

リンクユニット




大リーグ史上屈指の名投手として知られた

ロイ・ハラデー(Roy Halladay)さんの訃報

が入りました。

ロイ・ハラデーさんはどんな選手だったので

しょうか?

今回は、ロイ・ハラデー投手のプロフィール

や現役時代の通算成績や投球フォームの動画

について、

また家族などプライベートな部分や、

このたびの事故の原因や死因についても

調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

ロイ・ハラデー(Roy Halladay)氏のプロフィールや成績について

では、ロイ・ハラデー氏はどんな人物だったのか?

プロフィールからみていきます。

ロイ・ハラデー(Roy Halladay)

本名:ハリー・リロイ・ハラデー3世(Harry Leroy Halladay III

生年月日:1977年5月14日

没年月日:2017年11月7日(40歳没)

出身地:アメリカ合衆国コロラド州デンバー

身長/体重:198.1cm/104.3kg

投球・打席:右投右打

ポジション:投手

(出典:Wikipedia)

ハラデーさんは、コロラド州のアーバダ西

高校野球部時代から注目されてましたが、

当時はバスケットボール選手としても

活躍されていたそうです。

1995年6月、MLBドラフトにて、トロント・

ブルージェイズから1巡目指名を受けて入団。

ブルージェイズといえば、過去に日本の

大家友和投手や、

出典:http://www.bbm-japan.com/

最近では、青木宣親選手が一時期

移籍したチームとしても知られてます。

出典:https://www.asahi.com/

日本では第一線で活躍していた選手が

いずれも途中解雇されたりしていたので

厳しいチームだなぁという印象でした。

あのイチロー選手が長年籍をおいた

シアトル・マリナーズと同じく1977年

に誕生した、新しいチーム。

そんなブルージェイズで、ハラデーさんは

1998~2009年までエースとして活躍され、

その後、フィラデルフィア・フィリーズに移籍。

4年後の2013年に引退されました。

通算203勝をあげ、2度の最優秀投手賞

(サイ・ヤング賞)に輝くなど、メジャー

史上でも最高クラスの投手との呼び声が高い

選手でした。

あの松井秀喜選手のメジャー初打席の投手と

しても知られていますね。

メジャー時代の主な成績や獲得タイトルは下記のとおりです。

  • 203勝105敗・2117奪三振・防御率3.38
  • サイ・ヤング賞 2回(2003年、2010年)
  • 最多勝利 2回(2003年、2010年)
  • MLBオールスターゲーム選出 8回(2002年、2003年、2005年(故障のため辞退)、2006年、2008年 – 2011年)
  • 完全試合 1回(2010年)
  • ノーヒットノーラン 1回(2010年)
  • プレイヤーズ・チョイス・アワーズ優秀投手 2回(2003年、2010年)
  • ピッチャー・オブ・ザ・マンス 4回(2003年5月・9月、2007年4月、2010年7月)
  • ハート&ハッスル賞 1回(2010年)
  • 最多完投 7回(2003年、2005年、2007年 – 2011年(歴代1位))
  • 最多完封 4回(2003年、2008年 – 2010年)
  • 最多投球回 4回(2002年、2003年、2008年、2010年)

(出典:Wikipedia)

投球フォームや動画は?

ハラデー選手の投球についてですが、

球種は140kg/h台後半のシンカーや

チェンジアップ、ナックルカーブ、

カッター、スプリッター、スラーブ。

ちょっと日本ではあまり聞き慣れない球種

が多いですね。

剛速球投手がわんさかいるメジャーでは

決して150kg/h前後の球速は特段速い方で

もなかったようですが、

とにかくカッターやシンカーのキレがよく、

内角と外角を自在に責められるため、

あの松井秀喜さんも現役時代に「最も

打ちにくい投手」と評したほどです。

投球フォームについては、

百聞は一見に如かずということで、

こちらの動画をご覧ください。

2010年ハラデー選手がノーヒットノーラン

(完全試合)を達成した時の映像ですね。


バッターは手も足も出ないといった

感じですね。

家族について

ロイ・ハラデーさんの家族についてですが、

ご結婚されていて、2人の息子さんがいらっ

しゃるようです。

出典:https://sports.yahoo.com/

突然の不幸に、ご家族の悲しみははかり

しれず、身につまされる思いです。

事故の原因や死因は?

事故については、現地の報道を調べた限り

死因などの詳細については、まだ調査中

とのことです。

ハラデーさんは、普段から趣味で小型飛行機

を自ら操縦されていたようですね。

フライトはとても魅力的な反面、常に

リスクと隣合わせであることを改めて

感じます。

まとめ

このたび訃報が届いた元メジャーリーグの

名投手ロイ・ハラデーさんについて書いてきました。

メジャー・リーグ史上数々の記録を残し、

本当に素晴らしい選手であったことを改めて

認識しました。

ご冥福をお祈りいたします。

今回も最後までお読みくださって

ありがとうございました。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク