古屋圭司議員の経歴や年収が凄い!妻&息子や事務所も調査!

今回は、自由民主党所属の衆議院議員・古屋圭司さん

に注目していきます。

古谷議員の出身大学や経歴について、

事務所や派閥はどこ?

妻や子供は?

年収はどのくらい?

などなど、古谷議員の気になる話題に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

古屋圭司議員のプロフィール&経歴

出典:http://www.furuya-keiji.jp/blog/archives/11390.html

まずは、古谷議員のプロフィールからみていきましょう。

古屋 圭司(ふるや けいじ)

出身地:東京都

生年月日:1952年11月1日

年齢:65歳(執筆時点)

血液型:B型

趣味:クラリネット演奏、音楽鑑賞、モータースポーツ

座右の銘:人事を尽くして天命を待つ

政治信条:真の保守政治の再生

好きな食べ物:とんかつ、そば

(出典:Wikipedia、公式サイト)

戦前に衆議院議員を務めた祖父・古谷慶隆さんの

影響を受け、議員を目指すようになったのだそうです。

学歴については、

中学生で3年間のホームステイを経て、

成蹊高等学校に編入学

→ 成蹊大学経済学部経済学科

と進学されています。

安倍総理と同じ出身校だったんですね。

大学卒業後は、大正海上火災保険(減・三井住友海上火災保険)

へ入社し、約8年間勤めます。

1984年、安倍晋太郎(当時外務大臣)の秘書に就任。

同年、養父・古谷亨自治大臣秘書官に就任。

1990年、第39回衆議院議員総選挙初当選

その後、第48回衆議院議員総選挙まで10期連続で当選されています。

一方で、

  • 自由民主党青年局長
  • 法務政務次官
  • 衆議院商工委員長
  • 自由民主党政務調査会副会長
  • 経済産業副大臣
  • 文部科学委員長
  • 自由民主党団体総局長
  • 自由民主党広報本部長
  • 自由民主党中央政治大学院学院長
  • 自由民主党・政治制度改革実行本部長
  • 国家公安委員会委員長
  • 拉致問題担当
  • 国土強靭化担当
  • 内閣府特命担当大臣(防災)
  • 自由民主党 北朝鮮による拉致問題対策本部長
  • 自由民主党選挙対策委員長

などなど、数々の要職を歴任。

2017年より衆議院議員運営委員長として活動されています。

そんな超多忙な政治活動の中、こんな本も

出版されていますよ。

事務所や派閥について

出典:https://news.headlines.auone.jp

古谷議員の派閥についてですが、

過去には、二階派や谷垣派と転々とされており、

現在は無所属のようです。

活動の拠点となる事務所は、現在下記の3つを

開設されています。

東京事務所

東京都千代田区永田町2-1-2

衆議院第二議員会館423号室

恵那事務所

岐阜県恵那市長島町正家1-1-25

ナカヤマプラザ二階

多治見事務所

岐阜県多治見市日ノ出町1-29-5

第3新興ビル1階

現在、自宅は恵那市にあり、地元である岐阜県

を中心に政治活動をされていらっしゃいます。

妻や子供について

出典:https://www.daily.co.jp

古谷議員のご家族についてですが、

ネット上の過去の記事などから、2~3歳年下

の奥様と息子さんが1人いらっしゃるようです。

古谷議員の年齢からすると、息子さんも

30~40代くらいにはなっているかと思いますが、

政治家として活動されているかどうか、

詳しい情報は得られませんでした。

年収は?

出典:http://miki-yamada.com/

年収については、2012年の所得公開データによると、

1,714万円(給与:1,587万円、不動産・利子など126万円、その他:1万円)

となっていました。

ちなみに、当時の国会議員の中では439人中195位。

当時から比べると、現在はもう少し上がっているかもしれませんね。

【追記】


残念なニュースが飛び込んできましたね。

現在、古谷議員はこちらの疑惑を否定しています。

どうか嘘であってほしいと願うばかりです。

引き続き、こちらの最新情報に注目していきます。

今回も最後までお読みくださって

本当にありがとうございました。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク