和田一浩の現在や若い頃の画像は?嫁&子供や経歴&記録も!

リンクユニット




今季Bクラスが確定した阪神が、貧打の強化に向けて、

和田一浩さんを来季の打撃コーチに招聘する方向であることが報道されました。

和田さんといえば、西武ライオンズ、中日ドラゴンズで

活躍された強打者として知られますが、

「なぜ阪神なの?」と驚かれた方も多いと思います。

和田一浩さんとはどんな選手だったのか?

和田さんの経歴や現役時代の記録について、

現在の活動についてや若い頃の画像は?

嫁や子供についてなど、

和田さんの気になる話題に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

和田一浩さんの経歴や記録について

出典:https://www.sports-biz.co.jp

まずは、プロフィールからみていきましょう。

和田 一浩(わだ かずひろ)

出身地:岐阜県岐阜市

生年月日:1972年6月19日

年齢:46歳(執筆時点)

身長/体重:182cm/90kg

投打:右投右打

ポジション:外野手、捕手

所属:スポーツビズ

(出典:Wikipedia)

和田さんは、”ベンちゃん”の愛称で親しまれています。

由来は、演出家やタレントとして活動された同姓の和田勉さん。

とても個性的な方でしたよね。なつかすぃ~

まず、和田さんの学歴についてですが、

岐阜市立鷺山小学校

→ 岐阜市立青山中学校

→ 岐阜県立岐阜商業高等学校

→ 東北福祉大学

と進学されています。

岐阜の名門・県立岐阜商高校2年生の時、

控え捕手として春・夏甲子園に出場。

大学時代は、仙台六大学野球連盟リーグ戦にて

首位打者1回、ベストナイン2回獲得し、

4年生時には主将として春のリーグMVPに輝きました。

大学卒業後、社会人野球の神戸製鋼に入り、

通算打率.429という記録を残します。

1996年ドラフト4位で捕手として西武ライオンズに入団。

当時の西武には不動の捕手・伊藤勤さんがいたので

強打を買われた和田さんは外野手に転向し、

2005年には首位打者と最多安打を獲得しました。

2007年、FAにて中日ドラゴンズに移籍。

2010年にはリーグMVPに輝き、リーグ優勝に貢献されました。

2015年に現役引退。

プロ野球現役生活19年間の通算記録は、

1968試合に出場して、安打:2050本、本塁打:319本、打率.303

大学と社会人野球を経てプロ入りした選手の2000本安打達成は、

古田敦也さん、宮本慎也さんについで史上3人目。

2000本安打達成者による生涯打率.303は落合博満さん、長嶋茂雄さんについで歴代3位。

”遅咲きのスラッガー”と言われる所以ですね。

独特の構えから左足を高く上げ、まるで刀を抜くように

バットを振り抜く打撃フォームが印象的でしたね。

現在の活動や若い頃の画像は?

和田さんは、現役引退後、NHK野球解説者、

日刊スポーツの評論家として活動。

2016年4月から東海テレビ「スタイルプラス」の

人気コーナー『わだブラ』に出演するなど、

タレントとしても活動される傍ら、少年野球の指導、

イベント出演や講演などマルチにご活躍されています。

和田さんの若い頃って凄く髪がフサフサして男前なんですよね。

いや、今も男前ですけど…

出典:http://www.central-dragons.com

嫁や子供は?

和田さんは、2004年1月に8歳年下の絵美子さんという

一般女性の方とご結婚されています。

そして現在3人の息子さんと1人の娘さんの

4児のパパでもあります。

出典:https://www.tokyo-sports.co.jp

絵美子さん、めっちゃ美人ですね。

とても幸せそうで素敵な家族です。

まとめ

今回は、元西武ライオンズ、中日ドラゴンズで活躍した

プロ野球選手の和田一浩さんについて書いてきました。

阪神の来季打撃コーチに招聘されることが

濃厚となってきたとのことで、同じくBクラスで

再起を図る中日のファンにとっては少し残念なニュースかもしれませんね。

いずれにしても、和田さんが再びユニフォームを着て

どんな指導者ぶりを発揮されるのかとても楽しみです。

今回も最後までお読みくださって

本当にありがとうございました。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク