甲斐拓也の嫁や子供は?キャノンの由来やイケメン兄の顔画像も!

リンクユニット




今回は、”甲斐キャノン”として一躍有名人となった福岡ソフトバンクホークスの捕手・甲斐拓也選手に注目していきます。

ニックネーム”甲斐キャノン”の由来についてや、

結婚した嫁や子供について、

イケメンと噂のお兄さんの顔画像についてなど、

甲斐選手の気になる話題に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

”甲斐キャノン”の由来について

出典:https://news.nicovideo.jp

まずは、甲斐選手のプロフィールについてみていきます。

甲斐 拓也(かい たくや)

出身地:大分県大分市

生年月日:1992年11月5日

年齢:26歳(執筆時点)

身長/体重:170cm/80kg

投・打:右投右打

ポジション:捕手

所属チーム:福岡ソフトバンクホークス

推定年俸:4,000万円(2018年)

(出典:Wikipedia)

甲斐選手は、小学1年生から野球を始め、中学時代は「大分リトルシニア」に所属し、内野手として全国大会にも出場しました。

楊志館高等学校に入学後、捕手に転向。

高校通算40本塁打のうち、3年春から夏にかけて25本も量産するほどの活躍を見せますが、大分大会で初戦敗退し甲子園出場は果たせず、高校3年時の7月下旬に野球部を退部しています。

プロに行く選択肢はありえない状況でしたが、野球部の宮路監督がソフトバンクの九州担当スカウト・福山氏に連絡を入れたことがきっかけで、同年10月ドラフト会議でソフトバンクから育成6位指名を受けて入団します。

つまり、宮路監督の推薦がなければ福岡ソフトバンクホークスの”甲斐キャノン”は存在しなかったんですね。

宮路監督は当時から甲斐選手の素質を見抜き、次のように話しています。

「当時から矢のような送球で、普通に相手チームに走られることはなかった」

入団後の甲斐選手についてですが、すぐにスタメンというわけではありませんでした。

3軍からスタートし、開幕一軍入りを果たし初めてスタメン出場を果たしたのは2017年4月2日。

同年は自己最高の103試合に出場し、チームのリーグ優勝、日本一にも大きく貢献しました。

そして、2018年は133試合に出場し、盗塁阻止率.447という12球団トップの驚異的な数字を記録。

チームはリーグ優勝こそ逃しましたが、2位からクライマックスシリーズに出場し、リーグトップの盗塁数を誇る西武ライオンズに盗塁を許さず勝利して日本シリーズに進出。

日本シリーズでも、新記録となる6連続盗塁阻止を達成し、広島カープに全く盗塁を許さずチームの日本一に大きく貢献されました。

育成ドラフト選手としては初のMVPも受賞され”甲斐キャノン”は一躍時の人となったのです。

ところで、”甲斐キャノン”とはどこから名付けられたのでしょうか?

その由来について、ガンダム世代ならばピンときた方も多いのでは。

そうです。

『機動戦士ガンダム』に登場したガンキャノン。

両肩にキャノン砲と言われる中距離砲撃用兵器を装備したモビルスーツ。

このガンキャノンの主な操縦士であったカイ・シデンに由来しているとのこと。

う~ん、なるほど。

どことなく甲斐選手と似てるような気もしてきました。

嫁や子供について

甲斐選手は2018年3月30日に婚姻届を出されていました。

正捕手として2年目となる今シーズンには特別な思いがあり、決断されたようです。

お相手は福岡市在住で同学園の元幼稚園教諭。

まだ甲斐選手が育成選手であった2013年4月、友達の友達として出会い、交際が始まります。

本人曰く

「素直にかわいいな。しっかりしているなという印象でした」

画像は公開されていませんが、代わりに似顔絵を公開!

似顔絵からも目がぱっちりして可愛らしい雰囲気がうかがえますね。

野球にはあまり詳しくないが料理が得意なんだそうです。

甲斐キャノンの活躍の陰には奥様の支えがあったのですね。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

今秋には長男も誕生されています。

目は奥様に似て、鼻と口は甲斐選手に似ているそうです。

家族も増えて、来季はさらに進化した甲斐キャノンが見られそうです。

イケメン兄の顔画像は?

出典:https://www.asahi.com/

甲斐選手が野球を目指すことになったのは、兄の存在があります。

実は、甲斐選手が2歳の頃にご両親は離婚されており、母親の小百合さんがタクシードライバーをしながら兄の大樹さんと甲斐選手を育て上げました。

画像で拝見すると、とても綺麗なお母さんですね。

大樹さんは、甲斐選手の3歳年上で、楊志館高校では3年時にエースとして活躍されていました。

甲斐選手にとって大樹さんは憧れの存在であり、負けず嫌いだった甲斐選手はずっとその背中を追い続け、ついにはプロ野球選手として”甲斐キャノン”と他球団から怖れられる存在にまでなりました。

素晴らしいことですね。

今後、さらにバージョンアップした甲斐キャノンの活躍が楽しみです。

今回も最後までお読みくださって本当にありがとうございます。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク