ジャスティン・ボーア(阪神)の年俸や経歴は?メジャー成績や動画も!

今回は、”バースの再来”と呼び声高い阪神タイガースのジャスティン・ボーア選手に注目していきます。

いったいどんだけ凄い選手なんでしょうか?

 

ボーア選手の年俸や経歴についてや、

メジャーでの成績やホームランの動画など、

気になる話題に迫っていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

ボーア選手の経歴や年俸は?

出典:https://topics.smt.docomo.ne.jp/

まずは、ボーア選手のプロフィールからみていきましょう。

ジャスティン・ジェームズ・ボーア(Justin James Bour)

出身地:アメリカ合衆国ワシントンD.C.

生年月日:1988年5月28日

年齢:32歳(執筆時点)

身長:193cm

体重:122.5kg

投球・打席:右投左打

ポジション:一塁手

所属チーム:阪神タイガース

背番号:41

(出典:Wikipedia)

 

早くもランディ・バースの再来とまで期待されるボーア選手。

ちなみに、ランディ・バース選手は1983年から1988年まで阪神タイガースでプレーした球団史上最強の助っ人外人です。

 

シーズン最高打率.389(日本記録)
連続試合本塁打:7(日本記録)
連続打数本塁打:4(日本タイ記録)
シーズン最多勝利打点:22(日本記録)

などなど数々の日本記録を塗り替え、三冠王を2度も獲得。
1985年には阪神タイガースのリーグ優勝、日本一に大きく貢献しました。

阪神ファンの中では、まさに「神」と崇め奉られる存在です。

 

そんなバース選手の再来と期待されるボーア選手ですが…

2020年6月、開幕前の練習試合で3試合連続でホームランを記録し、相手チームの度肝を抜きました。

桁違いのパワーは本物でしたね。

出典:https://hochi.news/

 

打席に立った時の威圧感やスイングのシルエットまで、現役時代のランディ・バースを彷彿とさせます。

 

そんなボーア選手の推定年俸は250万ドル(約2億7,500万円)の単年契約。

 

メジャー時代の経歴についてですが、

マイアミ・マーリンズ (2014 – 2018)

フィラデルフィア・フィリーズ (2018)

ロサンゼルス・エンゼルス (2019)

 

来日する前は、あの大谷翔平選手と同じエンゼルスで活躍されていたんですね。

出典:https://www.sportingnews.com/

 

マーリンズ時代の同僚であるイチロー選手のことを師匠として敬愛しているのだとか。

出典:https://full-count.jp/

 

スポンサーリンク

ボーア選手のメジャー成績は?

 

ボーア選手は、メジャーで合計6年間プレーし559試合に出場。

平均打率.253、本塁打92本、打点303 という成績を残しています。

2017年にはオールスターのホームランダービーにも選出されました。

 

年度球団試合得点安打本塁打打点三振打率
2014MIA39102111119.284
2015129421072373101.262
2016903574155156.264
201710852109258395.289
201811243851954111.227
PHI296111513.224
2019LAA52182682652.172
合計55920643392303447.253

 

 

スポンサーリンク

ジャスティン・ボーア選手のホームラン動画

 

最後に、2019年エンゼルスで放った8本のホームランを御覧ください!

 

「バットの感触を感じていたい」と素手でバットを持つ姿は、まるで侍のようですね。

ボールがピンポン玉に見えて仕方ありません。

 

まとめ

今回は、阪神タイガース期待の助っ人外人・ジャスティン・ボーア選手について書いてきましたが、いかがでしたでしょうか。

プロ野球開幕まであとわずかですが、阪神ファンにとってはボーア選手の活躍が楽しみですね。

今回も最後までお読みくださって、本当にありがとうございました。

 

スポーツ
スポンサーリンク
takahiroをフォローする
すべらないネタ帳