ジョンヒョンのタトゥー画像や意味を調査!自死の理由や遺書の内容は? 

リンクユニット




韓国の5人組アイドルグループSHINee

メインボーカル・ジョンヒョンさんの訃報

が入ってきました。

ジョンヒョンさんは、どんな人物だった

のでしょうか?

プロフィールや経歴について

タトゥーの画像や意味は?

熱愛中の彼女はいたのでしょうか?

どうして自死を選んだのか?

その理由についてや姉に送った遺書

めいたメールの内容についてなど

気になる話題に迫っていきます。

スポンサーリンク

ジョンヒョンさんのプロフィール&経歴

出典:http://japan.ajunews.com/

まずは、プロフィールからみていきます。

芸名:ジョンヒョン/Jonghyun/종현/鍾鉉

本名:キム・ジョンヒョン/Jonghyun Kim/김종현/金鍾鉉)

1990年4月8日~2017年12月18日

年齢:27歳没

出身地:ソウル特別市

血液型:AB型

身長:173cm

学歴:星雲大学校実用音楽家卒

明知大学校大学院映画ミュージカル学科

特技:作詞、作曲、中国語、日本語

趣味:映画鑑賞、アロマキャンドル収集、LP盤収集

(出典:Wikipedia)

ジョンヒョンさんは、SHINee(シャイニー)

のメインボーカルの他、作詞・作曲を務めていました。

SHINeeは、2008年5月に韓国でデビュー。

shine(輝く)に受動的接尾辞eeを組合わせ

「輝く光を浴びる人」という意味で名づけ

られたそうです。

2011年6月には1stシングル

Replay-君は僕のeverything-」で日本デビュー。

オリコンウィークリーチャートでは

最高2位にランクインします。

その後も、

2ndシングル「JULIETTE」(最高位3位・2011年8月発売)

3rdシングル「LUCIFER」(最高位2位・2011年10月 発売)

日本デビューから3作連続でオリコンTOP3入り。

海外アーティストとしては、

シングルランキング発表開始以来初の快挙

となりました。

ハイレベルなダンスパフォーマンスと

歌唱力、ファッションセンスが話題となり、

韓国、日本にとどまらずアジア、ヨーロッパ

など世界中に活躍を広げています。

ジョンヒョンさんは、元々作曲家志望で

SHINeeのメンバーとして活躍する前から

数多くのアーティストにも楽曲を提供

していました。

2015年には、「Crazy (Guilty Pleasure)

で韓国にてソロデビューも果たし、

東京ドーム、ソウル市での単独講演を開催。

独特のハイトーンボイスとキレのある

ダンスで、ソロとしてもかなり人気の

高いアーティストでした。

こちらが、Crazy (Guilty Pleasure)のMVです。

JONGHYUN 종현 'Crazy (Guilty Pleasure) (feat. 아이언)' MV

タトゥーの画像や意味は?

出典:https://ameblo.jp/chamimax/

ジョンヒョンさんのタトゥーがネット上

で話題になっていましたね。

腕には、「INSPIRATION」(インスピレーション、霊感)

NEVER・THE・LESS」(それにもかかわらず)

なんて文字が…

ボディペイントだという人もいれば、

本物のタトゥーだという人もいて、

諸説あるようですが、、

SNSの画像で検証する限り、ペイント

ではないかと推測します。

熱愛中の彼女はいたの?

ジョンヒョンさんの彼女について調べて

みました。

過去には、女優のシン・セギョンさんと

交際が発覚したことがあります。

出典:http://jongjong2323.com/

しかし、お互い多忙を極める中、

心が離れて別れてしまったのだとか。

次にスクープされたのが、女優のイ・ユビ

さんとの交際。

こちらは真相がうやむやのまま

決定的なスクープとはならなかった

ようですね。

しかし、ジョンヒョンが一番大切に

していた女性は、どうやらお姉さん

だったようです。

周りからも恋人と勘違いされるほど

べったりだったのだとか。

出典:https://prcm.jp/

出典:https://prcm.jp/

出典:https://prcm.jp/

お母さんと姉との3ショット。

お母さんも若くて美人ですねぇ。

自死の理由や姉に送った遺書?

2017年12月18日午後6時10分ごろ、

ジョンヒョンさんはソウル市清潭洞の

宿泊施設で倒れているのを発見され、

病院に搬送されましたが、死亡が確認

されました。

同日の午後4時42分頃には、ジョンヒョン

さんの姉に自死をほのめかす遺書めいた

内容のメールが送られ、すぐに警察に通報。

しかし、警察がかけつけた時には、時既に遅し。

ジョンヒョンさんは練炭とみられる物体を

フライパンで燃やした形跡があり、倒れた

まま帰らぬ人となってしまったのです。

ジョンヒョンが最期に姉に送ったメッセージ

は下記の内容だったといいます。

「이제까지 힘들었다」(今まで辛かった。)

「나 보내달라. 고생했다고 말해달라」(僕を行かせてくれ。お疲れ様と言ってくれ。)

「 마지막 인사예요」(最後の挨拶です。)

ジョンヒョンさんが自ら命を断った理由

については様々な憶測が流れています。

特に家族関係については、父親の話を

一切したことがなく、幼い時の写真は

全て捨てたなどと、辛い過去を思わせる

コメントもありました。

一方で、ジョンヒョンさんはナルシスト

でもあったと言われていますので、

常に何か満ち足りない、常に心が疲弊

している、常人では想像がつかない暗い

闇を抱えていたのかもしれません。

韓国では、これまでにも芸能人やスポーツ

選手など数多くの有名人自ら命を断っています。

OECD(経済協力開発機構)30ヶ国の

中でも、韓国は最も自殺の割合が高い国です。

2002年以降は人口10万人当たりの自殺

者数が日本を超えており、2004年以降

OECDではずっと1位で推移しているのが現状。

このような背景も少なからず影響して

いるのではないかと思われますが、

それにしても残念でなりません。

まとめ

今回は、SHINeeのメインボーカルでソロ

でも人気の高かったジョンヒョンさんに

ついて書いてきました。

ジョンヒョンさんの死は、日本でも韓国でも

あまりにも衝撃的で悲しみが深く、

なかなかその現実を受け入れられないファン

も多いようです。

2018年2月には京セラドーム大阪・東京

ドームでの公演も控えているSHINee

のメンバーにとってはなおさらでしょう。

せめて、SHINeeの残されたメンバーの

皆様には、ファンのためにも今後も活動

を続けていただきたいです。

ジョンヒョンさんのご冥福をお祈りいたします。

今回も最後までお読みくださって

本当にありがとうございました。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク