いだてん(大河ドラマ2019)ロケ地&撮影場所は?主題歌やあらすじも!

リンクユニット




いよいよ2019年大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』が始まります♫

”クドカン”こと宮藤官九郎さんのオリジナル脚本で送られる、知られざる日本人とオリンピックの歴史物語。

主人公の中村勘九郎さん(金栗四三 役)、阿部サダヲさん(田畑政治 役)はじめ、ビートたけしさん(古今亭志ん生 役)、綾瀬はるかさん(春野スヤ 役)、神木隆之介さん(五りん 役)、役所広司さん(嘉納治五郎 役)、大竹しのぶさん(池部幾江 役)、杉咲花さん(シマ役)などなど、豪華なキャスト陣も見どころです。

今回は、大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』のロケ地や撮影場所についてや、主題歌やあらすじについてなど、気になる話題に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

大河ドラマ『いだてん』のあらすじは?

日本初参加の1912年(明治45年)のストックホルムオリンピックから始まり、幻となった1936年(昭和11年)のベルリンオリンピック(1936年)を経て、1964年(昭和39年)の東京オリンピック開催までの52年間を背景に描かれていきます。

ストックホルム大会に出場したマラソン選手・金栗四三と、東京オリンピック招致に奔走した田畑政治のW主人公がリレー形式で登場し、古今亭志ん生が高座で語る落語が物語をナビゲートしていく展開となっています。

第1話のあらすじは…

1959年、五輪招致目前の東京。

大渋滞の日本橋を通りかかった落語家の古今亭志ん生(ビートたけし)は寄席に向かっていた。

その日、高座で志ん生が語り出したのは、50年前の日本のオリンピック初参加にまつわる噺(はなし)。

1909年、柔道の創始者、嘉納治五郎(役所広司)はストックホルム大会を目指して悪戦苦闘していた。

スポーツという言葉すら知られていない時代。

初めての派遣選手をどう選ぶか。日本オリンピック史の1ページ目を飾る物語。

(出典:NHK公式サイト)

大河ドラマ『いだてん』の主題歌は?

『いだてん』の音楽は、2013年NHK連続テレビ小説『あまちゃん』の音楽を手がけられた大友良英さんが担当されています。

『いだてん』のオープニングテーマ曲は、『あまちゃん』の楽曲とは異なり、躍動感あふれるサンバ風なんだそうです。

大友氏が別の仕事でブラジルを訪れた際、ひらめいたんだとか。

ぬお~~っ、まさにこの動画のBGMのことなんじゃないっすか♫


フルバージョンで聴けるのは、2019年1月6日開幕まで待ちましょう。

大河ドラマ『いだてん』のロケ地や撮影場所は?

最後に、『いだてん』のロケ地や撮影場所についてですが、エキストラ募集や各地での目撃情報によると、少なくとも下記の場所で撮影が行われてきたようです。

【熊本県】玉名市、山鹿市、人吉市、宇城市、芦北町、美里町

【栃木県】鹿沼市、足利市

【千葉県】九十九里町

【茨城県】つくばみらい市、笠間市、那珂市、常陸太田市

【静岡県】浜松市、掛川市、島田市、川根本町

【三重県】桑名市

【京都府】京都市

さすが、東京オリンピックの歴史を語る上で、スケールの大きさや力の入れようがわかります。

まとめ

今回は、2019年大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』のロケ地や撮影場所についてや、主題歌やあらすじについて書いてきましたが、いかがでしたでしょうか。

2019年1月6日(日)20時 いよいよ開幕です♪

いだてん(第1話~最新話)見逃し&再放送動画配信フルの無料視聴法!

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク