ホーキング博士の病名や死因は?離婚した元妻や子供の現在は?

リンクユニット




このたび76歳の生涯を閉じられた理論物理学者

ホーキング博士について書いていきます。

車椅子の天才宇宙物理学者」と言われた

ホーキング博士は、ガリレオ・ガリレイ

命日に誕生し、

アルベルト・アインシュタインの誕生日

と同じ日に死去したことについては、

不思議な縁を感じずにはいられません。

ホーキング博士の経歴や業績などについて、

離婚した元妻や子供など家族の現在や

病名や死因についてなど、気になる話題に

ついて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ホーキング博士のプロフィール

出典:https://www.gizmodo.jp

まずは、プロフィールからみていきます。

スティーヴン・ウィリアム・ホーキング
(Stephen Willoam Hawking)

生年月日:1942年1月8日

没年月日:2018年3月14日(76歳没)

国籍:イギリス

研究分野:物理学、理論物理学、天体物理学、宇宙論

研究機関:ケンブリッジ大学

学歴:オックスフォード大学→ケンブリッジ大学

(出典:Wikipedia)

筆者がホーキング博士の名前を知ったのは、

こちらの本が出版された時です。

この本は、世界的ベストセラーとなり、

20年間で1,000万部以上の手にされて

いるものです。

子供の頃から、宇宙の始まりはどうなっていたんだろう?

ビッグバンはなぜ起きたんだろう?

その前の闇の世界って?

なんて子供ながらに考えてたら、

眠れなくなってしまったあの日のことが

ついこの間のことのように思い出されます。

現代宇宙論に多大なる影響を与えた

ホーキング博士の経歴についてみていき

ましょう。

1942年1月8日 オックスフォードで生まれる

1957年 オックスフォード大学附属の
ユニバーシティ・カレッジに進学。

1962年 オックスフォード大学卒業。
ケンブリッジ大学大学院、応用数学・理論物理学科に入学。

1963年 筋萎縮性側索硬化症と診断される。

1965年 ペンローズと共同で「特異点定理」発表。

1967年 論文「特異点と時空の幾何学」でアダムズ賞受賞

1974年 「ブラックホールの蒸発理論」発表。
→史上最年少でロンドン王立協会フェローに選出。

1977年 ケンブリッジ大学教授職に就任。

1983年 ジェームズ・ハートルと共同で「無協会仮説」発表。

1988年 『ホーキング、宇宙を語る』出版。

1991年 「時間順序保護仮説」を提唱。

宇宙論の賢威であるホーキング博士の

言葉にはとても説得力があり、時には

私たちに厳しく諭すように、強烈な

メッセージを発信してくださいました。

最近では、AIについて警鐘を鳴らしていた

コメントがとても印象的でしたね。

「完全な人工知能を開発できたら、それは人類の終焉を意味するかもしれない」

また、こんな警告で科学者たちが騒然とした

こともありました。

「エイリアンが地球に来た場合、コロンブスの米大陸上陸時のように、先住民族のことをよく知らないために起きた結果(大虐殺)になる」

宇宙に精通していたホーキング博士には

私たちには見えない地球の未来が見えて

いたのかもしれませんね。

離婚した元妻や子供について

ホーキング博士のプライベートについては

あまりしられていませんが、

実は2度離婚を経験されています。

そして、最初の妻との間に2人の息子

と1人の娘が誕生しているんですね。

長男:ロバートホーキングさん

1967年生まれ

出典:https://www.thefamouspeople.com

次男:ティモシー・ホーキングさん

1979年生まれ

出典:https://saisin-news.com/

長女:ルーシー・ホーキングさん

出典:https://news.mynavi.jp

1人目の妻は、ジェーン・ワイルドさん。

博士が筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断

された翌年の1965年にご結婚されました。

出典:https://loveactors.exblog.jp

既に余命2年と宣告され、徐々に身体が

不自由になっていく博士の介護と育児、

さらには当時学生だったジェーンさんの

精神的肉体的負担は想像を絶するもの

だったでしょう。

そんな時、ホーキング夫妻の子供にピアノ

を教えるために出入りするようになる男性

とジェーンさんは恋に落ちてしまうことに…

そんな複雑な三角関係のラブストーリーが

映画化され、話題を集めました。

1991年、49歳の時、博士はジェーンさんと離婚。

ジェーンさんは恋に落ちた男性と再婚されます。

その4年後の1995年、ホーキング博士は

看護師のエレイン・メイソンさんと再婚。

しかし、2011年には離婚し、晩年博士は

独身として余生を過ごしたわけですね。

まとめ

今回は難病に苦しみながら、最期まで

私たちに勇気と希望を与え続けてきた

ホーキング博士について書いてきました。

76歳、自宅で永眠されましたが、死因に

ついては現在のところ明らかにされていません。

「多くの人々の助けに感謝しなければならない。病気は仕事上の成功の妨げにはならなかったし、誰でも望みを失う必要はない」

博士の生き様は、どれだけ多くの人に

希望と勇気を与えてくれたか計り知れません。

ホーキング博士

ありがとうございました。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク