柳澤秀夫(あさイチ)の退局理由や現在の仕事は?年収や経歴も!

リンクユニット




今回は、「あさイチ」の初代キャスターを務めるなど、

”ヤナギー”の愛称で親しまれた柳澤秀夫さんに注目していきます。

柳澤さんのプロフィールや経歴についてや、

2018年9月30日付でNHKを退局されていたそうですが、理由は?

現在の仕事や嫁や子供などの家族についてなど、

気になる話題に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

柳澤秀夫さんの経歴

出典:http://www.jarl.gr.jp

まずは、柳澤さんのプロフィールからみていきましょう。

柳澤 秀夫(やなぎさわ ひでお)

出身地:福島県会津若松市

生年月日:1953年9月27日

年齢:65歳(執筆時点)

学歴:福島県立会津高等学校→早稲田大学政治経済学部

(出典:Wikipedia)

続いて、柳澤さんの経歴についてですが、

1977年、NHK入局。

1984年、外信部記者就任。

その後、バンコク、マニラ各特派員、カイロ支局長を歴任。

1990年、湾岸戦争時、日本人で初めてバグダッド入りし命がけで戦場をリポート。

2000年、解説委員に就任し、中東情勢を担当。

2006年、『ニュースウォッチ9』初代メインキャスターに就任。(~2017年10月)

2007年、肺癌を患い、同番組を降板して1年あまり治療に専念する。

2010年、『あさイチ』初代キャスター就任(~2018年3月30日)

2012年、NHK放送総局解説委員長に昇進。

退局理由や現在の仕事は?

出典:https://twitter.com

柳澤さんが退局された理由について、NHKからは

「お答えしておりません」

と、何やら謎めかしいコメントですねぇ。

65歳という年齢であれば、世間一般には定年が理由と考えるのが自然です。

しかし、NHKの規定では55~60歳の間に自身の希望で定年退職をすることになっているのだとか…

ということは、柳澤さんは既に一旦退局しており、フリーとしてNHKに出演されていたのでしょうか。

現在の仕事についてですが、2018年10月より

テレビ朝日系情報番組『ワイド!スクランブル』の

水曜・金曜レギュラーコメンテーターに就任されました。

民法初出演となる初回の放送では、

「民放のスタジオに入ったのは生まれて初めてなんです。

ものすごく今、蚊取り線香の状態です。

キンチョウ(金鳥蚊取り線香、緊張です。大概、こういうふうに言うと、今まではスルーされていましたが、スルーされるのは慣れています」

と、相変わらずの”ヤナギー節”を炸裂して笑いを誘っていました。

今後は、これまでの記者やキャスターとして培った経験を活かし

報道番組や情報番組などコメンテーターとして、

他の民法にも出演されていくのではないでしょうか。

【追記】

柳澤さんはやはり60歳で定年を迎えて65歳までNHKに勤務。

ここで初心にかえりもう一度記者人生でやり残したこと、

夢に思うことにチャンレジしたいと思い、9月30日付で同局を退局。

以前から面識のあったホリプロと契約されたとのことです。

年収は?

出典:https://instagrammernews.com

NHKの公式サイト「よくある質問集」にて、職員の年収についても下記のように触れています

管理職については年俸制となっており、29年度の基本年俸は…

  • 全国職員の場合、913.6万円(D1(課長クラス))
  • 1,173万円(D5(部長クラス))
  • 1,428万円(D8(局長クラス))などとなっています。

柳澤さんの契約形態が不明ですが、

少なくとも部長クラスよりは上位の管理職になるかと思いますで、

年収1,200万円以上はあるものと推測されます。

フリーになった柳澤さんが、今後池上さんのような

ポジションになりレギュラー番組を持つようになれば

もっと年収は高くなってもおかしくはないですね。

柳澤さんの今後のご活躍に期待したいと思います。

今回も最後までお読みくださって

本当にありがとうございました。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク