葉加瀬マイの結婚相手の夫も実家も医者!馴れ初めや元彼氏も調査!

リンクユニット




芸能人令和婚第一号のおめでたいニュースが飛び込んできました。

葉加瀬マイさんが3歳年上の外科医と令和元年5月1日に婚姻届を出されました。

葉加瀬さんのご実家も夫も医者だなんてすんごいですねぇ。

お二人の馴れ初めや、葉加瀬さんの元彼氏のことなど、気になる話題に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

葉加瀬マイさんのプロフィール

それでは、まずは葉加瀬マイさんのプロフィールからみていきます。

葉加瀬マイ(はかせ まい)

本名:袴田 真衣(はかまだ まい)

生年月日:1987年3月25日

年齢:32歳(執筆時点)

出身地:静岡県静岡市

身長:170cm

3サイズ:93-60-90

カップ:Gサイズ

学歴:静岡雙葉高等学校→日本女子大学文学部史学科

特技・趣味:韓国語、クラシックバレエ、キモ体操、水泳

資格:フードアナリスト、アントーレ・オブ・ワイン検定、スキューバダイビングライセンス、温泉ソムリエ

事務所:アービング

(出典:Wikipedia)

葉加瀬マイさんといえば、なんといってもダイナマイトバディ!

カップは堂々のGサイズです。

うまやらすぃ~ですねぇ。

ちなみに妹さんは、元東北放送所属で現在はフリーアナウンサーの袴田彩会さんです。

葉加瀬マイさんは2011年「ハカマイ」として『あいのり2』に出演したことがきっかけで、芸能界入りしました。

2012年2月、「ミスFLASH2012グランプリ」を受賞し、芸名を「袴田真衣」から「葉加瀬マイ」に改名。

その後、グラビアアイドル活動のほか、テレビドラマや映画、ラジオ、バラエティ番組などに出演するなどマルチに活動されてきました。

2015年5月からは芸能活動の拠点を韓国に移します。

2018年公開の映画「LADY NINJYA~青い影~」で初主演を果たし、話題を集めましたね。

2019年1月発売の「FLASH」でグラビア活動を完全に卒業することを発表されたばかりでしたので、既に結婚を見据えて準備されていたのでしょう。

結婚相手も実家も医者!馴れ初めは?


葉加瀬マイさんの父親も開業医であることで知られていましたが、まさか結婚相手もお医者さんだとは驚きです。

気になるお二人の馴れ初めについてですが、友人の紹介で知り合い、10ヶ月の交際期間を経てゴールイン!

葉加瀬さんは夫について、

「“幸せにする”と初めから真っすぐに言ってくれました。優しさに満ちあふれた穏やかな人」

周囲の人からも、

「可愛らしいリスを連想させるような愛きょうある笑顔が印象的。一緒にいると癒やされます」

とかなり愛されキャラのようですね。

可愛らしいリスを連想させるような笑顔?って、櫻井翔さんのような男性なのでしょうか

どんな方なのかとても気になるところですが、現段階ではお名前や顔画像などは一切公開されていません。

元彼氏は?

ダイナマイトボディで美人な葉加瀬マイさんのことなので、さぞかしたくさんの恋愛をされてきたのだろうなぁ と想像してしまいますが…

意外にも彼氏には恵まれてこなかったんだとか。

実家が教育熱心な医者の家庭で、お嬢さんばかりがいる学校に通われていたため、なかなか男性を見る目が培われていなかったのだそうです。

2018年3月12日放送「おぎやはぎの『ブス』テレビ」(AbemaSPECIAL)では、元彼の浮気にまつわる壮絶なエピソードを語られていました。

「昔、私の家に住み着いた彼氏がいて、その彼氏は昼まで結構帰ってこなかった。『居酒屋で寝ていた』とか言っていたんですけど、いつもシャンプーの匂いがしていた。

彼氏の家に遊びに行った時に、ソファに金髪の長い髪が落ちていたけど、私は何も言わなかった。

そして『先に寝るね』って布団に入ったら、ゴムの袋の切れ端が布団の中に入っていて、それをそっと隠した。布団もすごい香水の匂いがしたけど、嗅ぎながら寝ました」

さらに、2018年10月24日放送の日本テレビ系「今夜くらべてみました」に出演された時は、こんなクズ彼のエピソードも。

 「私も何かのきっかけでクレジットカードの番号を(彼氏と)じゃれている時に言っちゃったんですよ。言っちゃったらいつの間にか使われていて…

ブランドバッグがなんか無くなってると思ったら、彼が売ってた」と続けて告白。スタジオが騒然となる中、「けっこうだまされたことがある」

葉加瀬マイさんのような典型的な才色兼備の方が異性に恵まれてこなかったというのは意外です。

令和元日に、周囲からも愛され癒やされるような素敵な男性とご結婚できて本当によかったですね。

葉加瀬マイさんの今後のご多幸を心よりお祈りいたします。

今回も最後までお読みくださって、本当にありがとうございました。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク