クッキングシートの代用となるか?レンジ用ラップの活用法を考察

スポンサーリンク
クッキングシートの代用となるか?レンジ用ラップ 生活

クッキングシートがない時でも、レンジ用ラップを上手に代用することができます。急いでいる時や新たに購入するのが面倒な時には大変便利です。

特に冷やし固めるタイプの料理や蒸し料理には最適ですが、全ての料理に使えるわけではない点に注意が必要です。

この記事では、レンジ用ラップの効果的な使用法と適した料理、そして注意点を紹介します。

スポンサーリンク

レンジ用ラップが活躍する料理

プラスチックラップには以下のような特徴があります:

  • 水に強い
  • 保湿性が高い
  • 幅広い耐熱範囲(冷凍からレンジ対応)
  • 密着力が高い
  • 丈夫で柔軟

これらの特徴を生かし、レンジ用ラップを使いこなすと、冷やし固める料理、蒸し料理、巻き料理などに最適です。

冷やし固める料理における使用法

例えば、レアチーズケーキやゼリーを作る際、型からスムーズに取り出すためクッキングシートを使うことがありますが、プラスチックラップでも同様の効果を得られます。

さらに、冷蔵庫での乾燥を防ぐ役割も果たします。適切に使用すれば、仕上がりも綺麗です。

同じく、トリュフや生チョコを作るときにもバットにラップを敷くと後片付けが楽になります。

蒸し料理における活用法

普段蒸し野菜を作る時にはクッキングシートを使うことがありますが、ラップを使用すれば、電子レンジで手軽に蒸し野菜を作れます。

例えば、ジャガイモをラップに包んでレンジで加熱するだけで簡単に仕上がります。

茶碗蒸しも、材料を混ぜた後、耐熱容器にラップをかけてレンジで加熱するだけで作れます。

巻き料理への応用

手巻き寿司やロールケーキ作りにおいて、ラップは巻きすやクッキングシートの代わりに役立ちます。

巻き終えた後、キャンディのように両端を閉じて冷蔵庫で形を整えられます。切り分ける時も、ラップの上から直接包丁を入れれば、手を汚すことなく、中身が崩れるのを防げます。

スポンサーリンク

レンジ用ラップ使用時の注意点と種類別の特徴

レンジ用ラップは、クッキングシートの代わりとして使用する場合、いくつかの重要な注意点があります。特に耐熱性に関する理解が重要です。

クッキングシートは一般に250℃まで耐えるのに対し、プラスチックラップは約110~140℃の耐熱範囲しか持ちません。

これは、電子レンジでの使用には適していますが、オーブンやトースター、フライパン、煮物などの高温調理には不適切であることを意味します。また、高温でラップが溶ける可能性があるので、使用時は注意が必要です。

 プラスチックラップの種類とその特徴

プラスチックラップには主に3つのタイプがあります。

1. ポリ塩化ビニリデン(サランラップやクレラップなど)

  • においや酸素の透過を防ぎ、食品の酸化を抑える
  • 水蒸気を通さず、食品の乾燥や湿気を防ぐ
  • 食品や食器にしっかりと密着
  • 耐冷温度-60℃、耐熱温度140℃

2. ポリエチレン(ポリラップ、ハイラップなど)

  • 無添加で環境に優しく、比較的安価
  • 密着性やにおい移り防止の効果がやや劣る
  • 野菜や果物の保存に適している
  • 耐冷温度-70℃、耐熱温度110℃

3. 塩化ビニル樹脂(ファミラップ、ダイアラップなど)

  • 密着性、伸縮性、耐久性に優れる
  • 業務用として多く使われている
  • 酸素や水分の透過性があり、長期保存には向かない
  • 耐冷温度-60℃、耐熱温度130℃

これらの特徴を理解し、適切なラップを選ぶことで、より効果的に活用できます。

高温調理にレンジ用ラップは不適切 – 代替品の紹介

レンジ用ラップを使用する際は、その耐熱限界を理解しておくことが重要です。

電子レンジでの使用には適していますが、オーブンやトースター、フライパン、煮物などの高温調理には不向きです。このような調理方法でプラスチックラップを使用すると溶ける危険があるため、注意が必要です。

アルミホイルの使用

アルミホイルは耐熱性に優れており、オーブンやトースター、フライパンでの使用に適しています。また、落し蓋としても利用できます。

ただし、電子レンジでの使用は避けるべきです。また、直火や熱電線に直接触れる場合は溶けるリスクがあるため、その点にも注意が必要です。

キッチンペーパーの活用法

吸水性に優れているキッチンペーパーは、蒸し料理や落し蓋の代用に適しています。キッチンペーパーを落し蓋として使用すると、同時にアク取りも可能で、調理時間の短縮にもつながります。

しかし、キッチンペーパーは紙製品であるため、高温になるオーブンやトースターでの使用は避けるべきです。

 コピー用紙や半紙の使用

コピー用紙や半紙は、オーブンでの調理においてケーキ型の敷紙やクッキー焼きの下敷きとして使用することができます。

これらはオーブンの温度に耐えうるものの、焦げないように注意が必要です。特にオーブンの鉄板に敷く際は、端が焦げないように中に折り込んでから使用すると良いでしょう。

まとめ

レンジ用ラップは食品の酸化や乾燥を防ぐ密着性の高さから多くの料理に便利ですが、耐熱温度が低いため、高温調理には不適切です。

代替品を使用する際は、各々の耐熱性や使用目的に合わせて選ぶことが重要です。適切な使用方法で安全かつ効果的に料理を楽しみましょう。

 

生活
スポンサーリンク
takahiroをフォローする
暮らしなんでも情報館