ゴーン会長の自宅豪邸はどこ?元嫁リタとの離婚理由や総資産も!

リンクユニット




今回は、日産自動車、三菱自動車工業会長、ルノーの取締役会長兼CEOのカルロス・ゴーン氏に注目していきます。

ゴーン会長の経営手腕が評価される一方で、その役員報酬の高さもしばしばクローズアップされてきました。

ゴーン会長の年収や総資産額っていくらくらいなの?

豪邸と言われる自宅(マンション)の場所はどこ?

元嫁のリタ・ゴーンさんとの離婚理由や子供は?

などなど、気になるゴーン会長の素顔に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

ゴーン会長のプロフィールと経歴

まずは、ゴーン会長のプロフィールからみていきましょう。

カルロス・ゴーン

出生地:ブラジル(レバノン系ブラジル人の父とフランス人の母より誕生)

生年月日:1954年3月9日

年齢:64歳(執筆時点)

学歴:パリ国立高等鉱業学校卒

肩書:ルノー取締役会長兼CEO、日産自動車会長、三菱自動車工業会長、ルノー・日産・三菱アライアンスCEO

(出典:Wikipedia)

続いて、ゴーン会長の経歴についてです。

1978年、ミシュラン(フランスのタイヤメーカー大手)入社

1981年、ル・ピュイ工場長就任

1984年、土木建設、 農業機械用タイヤ研究開発部門統括

1985年、ブラジル・ミシュランの社長に就任

1989年、ミシュランの北米子会社の社長兼CEOに就任

1990年、北米ミシュランの会長・社長・CEOに就任

1996年10月、ルノーに入社

同年12月、上級副社長に就任

1990年6月、日産自動車COO(最高執行責任者)に就任

2000年6月、日産自動車取締役社長に就任

2001年6月、社長兼CEOに就任

2005年5月、ルノーの取締役会長に就任

2012年6月、OAO AvtoVAZ(アフトヴァース)の取締役会の副会長に就任

2013年6月、同上会長就任

ゴーン会長は、ルノーとの資本提携を果たした日産の社長時代に経営手腕を発揮し、経営不振に陥っていた日産を短期間で黒字化させることに成功しました。

当時「コストカッター」の異名をとるほど、大規模なリストラを断行されて話題になりましたね。

ゴーン会長の経営論は、圧倒的な実績の裏付けがあるだけに凄く説得力があります。

筆者もゴーン会長の著書は2冊ほど読ませていただいています。

ゴーン会長の年収や総資産額は?

出典:https://www.bestcarweb.jp/

ゴーン会長の経営手腕については誰しもが認めるところだと思いますが、一方で際立つ役員報酬の高さもしばしばクローズアップされていましたが…

まさか…

こんなニュースが飛び込んでくることを誰が予想できたでしょうか…


このニュースは世界中で話題になり、Mr.ビーンの間違いでは…

といった噂も飛び交い、ついにビーン氏もトレンド入りになったようです。


そんなビーン氏 いや、ゴーン社長の役員報酬についてですが、

2018年3月期    7億3500万円

17年3月期   10億9800万円

16年3月期   10億7100万円

15年3月期   10億3500万円

14年3月期    9億9500万円

13年3月期    9億8800万円

12年3月期    9億8700万円

11年3月期    9億8200万円

10年3月期    8億9100万円

(出典:日産自動車の有価証券報告書)

2018年度こそ前年度から33%ダウンとはいえ7億円超え。

2015年~2017年度は3年連続10億円超えです。

過去9年の累計は実に90億900万円にものぼります。

しかしながら、ここ5年間で約50億円も過少申告していた疑いがあるというから驚くしかありませんね。

総資産額は約300億円超とも言われますが…

信じるか信じないかは、

あなた次第です!

なんでやねん!

自宅豪邸のマンションの場所はどこ?


豪邸と言われるゴーン氏の自宅マンションについては、元麻布ヒルズ最上階にあるという情報が流れています。

元麻布ヒルズといえば、福山雅治さんや二宮和也さんなど芸能人や社長クラスのセレブが多数住んているという超億ションですね。

場所は、東京都港区元麻布1丁目

都営大江戸線麻布十番駅徒歩6分の好立地。

2002年に竣工した地上29階地下3階建総戸数213戸の鉄筋コンクリート造マンションです。

地下にはスパや住民専用のワインセラー、最上階は住人専用のルーフガーデンなどもあるんだとか。

ゴーン会長は、故郷のブラジルやパリ、レバノン、オランダなど自分の国籍がある国にそれぞれ住居を構えているという情報もあります。

元嫁リタ・ゴーンさんとの離婚理由や子供は?

出典:©週刊ポスト 2004年12月24日号

ゴーン会長の元嫁であるリタ・ゴーンさん。

中東レバノンで生まれ、内戦下のベイルートで少女時代を過ごしたリタさんは、留学先のフランスで11歳年上のゴーン会長と出会い19歳で結婚します。

ゴーン会長との間に1男3女をもうけ、育児をしながら夫を支え続けてきました。

こんな本も出版されています。

リタさんは、ゴーン会長を陰でずっと支えてこられましたが、2015年6月に離婚されました。

ゴーン会長の浮気やDVが理由の1つであったことがご自身からの激白により明らかにされています。


ちなみに、ゴーン会長は2016年5月に再婚されています。

まとめ

今回は、日産自動車の窮地を救ったゴーン会長について書いてきましたが、いかがでしたでしょうか。

尊敬する経営者の1人であっただけに、ゴーン会長逮捕の報道や、前妻へのDV疑惑報道などについて非常に残念な想いを隠せません。

報道が真実ならば決して許されることではありませんが、一方で優れた経営者であることも事実。

その経営手腕をもっと経済発展のために活かし続けてほしかった…

今回も最後までお読みくださって本当にありがとうございました。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク