根尾昂の球種&球速やフォームは?父母や兄姉の経歴も凄い!

今回は、2018年秋のドラフト1位候補として

注目を集めている大阪桐蔭高校の根尾昂選手

に注目していきます。

根尾選手のプロフィールや球種&球速についてや、

三刀流」として活躍されていますが、投球や打撃フォームは?

父・母や兄・妹の経歴も凄いとの評判ですが、

どんなご家族なんでしょうか?

それでは早速、根尾選手の気になる話題に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

根尾昴のプロフィール

出典:https://a-sounanda.com

まずは、プロフィールから見ていきましょう。

根尾 昂(ねお あきら)

出身地:岐阜県飛騨市

生年月日:2000年4月19日

年齢:18歳

身長/体重:177cm/75kg

所属:大阪桐蔭高等学校

投打:右投左打

野球人らしい、いい顔してますねぇ。

不朽の名作野球漫画「キャプテン」に出てくる、

天才肌で全てのポジションを守れる

イガラシ選手を思い出すのは筆者だけでしょうか。

出典:https://gamy.jp/bokupoke

根尾選手の学歴についてですが、

河合小学校

→ 古川中学校

→ 大阪桐蔭高等学校

と進学しています。

小学2年生で古川西クラブに入り、野球を始めます。

小学5年生では陸上100mで全国大会に出場し、5位入賞。

小学6年生では、ソフトボール投げで

なんと当時日本記録となる88m92を記録。

ちなみに、小学6年男子の平均は約30m。

おそらく50mでもクラスのヒーロー的存在

だと思うのですが、全く次元が違いますね。

中学時代は飛騨高山ボーイズに所属。

最速146kgを記録するなど、一躍注目を集めました。

高校野球の名門・大阪桐蔭高校でも1年夏からベンチ入り。

二刀流どころか、投手、外野手、遊撃手と

三刀流として活躍し、観客を沸かせます。

2017年、2018年と春の選抜高校野球で

大阪桐蔭高校連覇に大きく貢献したことは

記憶に新しいですね。

好きな選手は、打者ではイチロー選手。

投手では大谷翔平選手なんだとか。

さすが、目指すところも超一流ですね。

球種&球速やフォームについて

「三刀流」として活躍されている根尾選手の

投打のフォームや、投手としての球種・球速

など詳しく迫っていきましょう。

まずは、投球フォームです。


う~ん、ナイスですねぇ。

球速はMAX148kgを記録。

常時135~142kgの速球を武器とした

安定感抜群の投球フォームは中学時代に

既に完成されていた感があります。

球種はストレートの他、125kg前後のスライダー、

110kg台のカーブやチェンジアップなど、

同じフォームから緩急をつけたボールで

打者を翻弄します。

若干コントロールに難があるようですね。

一方、打撃フォームはこちらの動画を御覧ください。

うぃ~ですねぇ。

凄く身体にバネがありますねぇ。

全打席思いっきりのよいフルスイング。

長打力もありますが、左右に打ち分け

られるバッティングセンスも光ります。

家族(父・母・兄・姉)について

根尾選手のご家族にスポットを当てていきます。

父親の根尾 浩さん、母親の根尾 実喜子さんは

夫婦共に医師として勤務されています。

お二人とも、自治医科大学出身で同級生だったそうです。

浩さんは、地元飛騨市で講演をしたり、

地域医療の活性化などにも意欲的に活動されているようですね。

素晴らしいご両親です。

そして、根尾昂さんには兄と姉がいらっしゃいます。

3歳年上の兄・根尾学さんは、現在岐阜大学医学部

に在学中で、両親と同じく医師を目指されています。

出典:https://gum-basketball.jimdo.com/

大学ではバスケットボール部に所属しているようです。

公式サイトにはプロフィールが掲載されてました。

そして、姉の根尾春陽さんは、富山大学医学部

看護学科を卒業し、看護師として働いているのだとか。

春陽さんもスキーや陸上競技をされていた

ようで、姉兄弟共々スポーツも勉強もできるご家族なんですね。

まとめ

今回は、2018年ドラフト1位候補の目玉である

根尾昂選手について書いてきましたが、

いかがでしたでしょうか。

今や「二刀流」としてメジャーで大活躍

されている大谷選手に続く「三刀流」と

してプロでの活躍が早くも期待されていますね。

根尾選手の活躍には引き続き大注目していきます。

今回も最後までお読みくださって

本当にありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク