秋元司議員の関係会社やアドバイザーは誰?元政策秘書や年収も調査!

 

今回は、自由民主党の衆議院議員、内閣府副大臣兼環境副大臣の秋元司氏に注目していきます。

 

IR(カジノを含む統合型リゾート)をめぐり、秋元衆議院議員が中国企業側から現金数百万円を不正に受け取っていた容疑で東京地検特捜部に逮捕されてしまいました。

現役国会議員の逮捕は実に10年ぶりのこと。

 

秋元議員とはどんな人物なのでしょうか?

秋元議員の経歴や出身高校・大学などの学歴についてや、

嫁や子供などのご家族や年収は?

 

収賄に関わった元政策秘書は誰?

日本人アドバイザーや都内の関係会社はどこ?

などなど、気になる話題に迫っていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

秋元司衆議院議員の経歴や年収について

出典:https://mainichi.jp/

まずは、秋元議員のプロフィールや経歴についてみてまいります。

秋元 司(あきもと つかさ)

出身地:東京都足立区

生年月日:1971年10月23日

年齢:48歳(執筆時点)

学歴:鹿児島市立吉野東小学校→鹿児島市立吉野東中学校→鹿児島県立武岡台高等学校→大東文化大学経済学部

所属政党:自由民主党(二階派)

選挙区:東京15区

当選回数:3回

在任期間:2012年12月21日~ 現職

国会:衆議院 議員運営委員会 理事

自由民主党:国会対策委員会 副委員長

主な役職(議員連盟):

日本・台湾経済文化交流を促進する議員の会 事務局長
弁理士制度推進議員連盟 事務局長
自民党 サービス産業振興議員連盟 事務局長
ダンス文化推進議員連盟 事務局長
自民党 歌舞伎振興議員連盟 事務局長
時代に適した風営法を求める会 事務局長
自民党 マリンスポーツ議員連盟 事務局長
自民党 フィンテック議員連盟 幹事長
自民党 時間市場創出推進議員連盟 事務局長
日本の明日を考える議員連盟 事務局長

その他役職:

学校法人 大東文化学園理事・評議員
公益財団法人 日韓文化協会 理事
一般社団法人 茶道裏千家淡交会 東京第二西支部 副支部長
一般財団法人 昭和経済研究所 理事
一般社団法人 日本玩具協会 顧問
一般社団法人 東京都食品衛生協会 顧問
一般社団法人 日本サーフィン連盟 顧問
東京行政書士政治連盟 顧問

(出典:Wikipedia、公式サイト)

 

1993年4月  衆議院議員事務所に学生秘書として入所。

2004年7月  第20回参議院通常選挙 当選。

2007年8月  安倍内閣 防衛大臣政務官就任。

2012年12月 第46回衆議院総選挙 東京都第15選挙区(江東区)当選。

2014年12月 第47回衆議院総選挙 同上。

2016年9月  衆議院内閣委員長就任。

2017年9月  国土交通副大臣 内閣府・復興副大臣就任。
10月 第48回衆議院総選挙 東京都第15選挙区(江東区)当選。

2018年10月 環境副大臣 内閣府副大臣就任。

 

秋元議員は、2004年に参議院選挙に初当選し、当時最年少(32歳)ながら参議院委員会の質問数で自民党最多記録を作り、安部・福田内閣で防衛大臣政務官に任命されるなど若手のホープとして1期目から全力で政治活動に臨んでおられます。

2011年3月に発生した東日本大震災では被災地支援活動を行い、レポートを作成。これを基に自民党本部に提出した緊急提言が復興支援法の基礎にも反映されています。

IR(統合型リゾート)を担当し、世界の富裕層を集めた「KIWAMIプロジェクト研究会」を立ち上げるなど観光先進国の実現に向け現在に至るまで精力的に活動をされてきました。

 

年収についてですが、国会議員の報酬は「歳費」として定められています。

国会法第35条にて「議員は一般職の国家公務員の最高の給与額(地域手当等の手当を除く)より少なくない歳費を受ける」と規定されており、議員は129万4千円を歳費月額としています。

歳費だけで年収1,552万8千円。これに年2回の期末手当(ボーナスに相当)約580万円が加算されて年間約2,100万円支給されます。

その他、文書通信交通滞在費が毎月100万円、年間1,200万円支給。この費用は議員活動に必要な経費として非課税かつ領収書の提出義務がないとされています。

 

 

スポンサーリンク

秋元衆議院議員の嫁や子供は?

 

出典:http://blog.livedoor.jp/inoue_shinji

 

秋元議員は2009年6月14日に一般女性の方とご結婚されています。

自民党の井上議員のブログに秋元議員夫妻の画像が掲載されていました。
奥様については元アナウンサーで、お父様が元テレビ局社長との情報があります。

結婚披露宴は、六本木ヒルズのグランドハイアット東京当時の河村建夫内閣官房長官、中曽根弘文外務大臣ら約400名も参加されるなど、かなり盛大に行われたのだとか。

 

お二人の間には、双子の息子さんがいらっしゃるようですね。

秋元議員の公式サイトにも息子さんとの写真が掲載されています。

出典:https://www.akimoto-web.jp/policy.php

 

ご自身のTwitterでも元気な息子さんたちの様子をTweetされています。

2014年当時の画像ですので、現在は小学校低学年でしょうか。

 

 

スポンサーリンク

日本人アドバイザーや都内の関係会社は?

 

統合型リゾート(IR)事業への参入を目指していた中国企業が沖縄と北海道のIR事業参入を目指し、2017年10月に日本法人「500.comジャパン」を設立しました。

500.comは中国の深圳が本拠地をおくオンラインスポーツくじを販売する企業。中国ではくじ関連事業の先駆者として多数のくじ販売事業を運営し、2017年に欧州のくじ市場に参入した他、最近ではIR業界など新しい事業に強い興味を示していました。

日本法人設立後、沖縄へ最大3,000億円、北海道・留寿都村に1,500円超の投資を計画。

その日本法人元役員の男性とアドバイザーを務める日本人男性が国内に違法に数百万円を持ち込んだことが報じられましたが、その日本人アドバイザーと親密な間柄でありパイプ役となったのが秋元議員であったと言われています。

関係者によると、500.comジャパンは、IR事業の本格参入に向けて、カジノ依存症対策システム導入を検討し、その技術を持つ日本企業との仲介役を秋元議員側に依頼していたとのこと。

会社の紹介を受けた500.comジャパンの元役員から秋元議員の元秘書に送られた「謝礼メール」も報道されていました。

 

出典:https://news.goo.ne.jp/article/fnn/nation/fnn-00429408CX.html

 

メールの文面には「技術の詳細や、ゴミ分解などの資料」とありますが…

一見、カジノ依存症対策システムとは関係なさそうですが、関係会社の名前や元政策秘書については現段階で公表されていませんね。

 

2019年12月25日、中国企業から不正に現金を受けとったとして、収賄の疑いで逮捕されました。また、中国企業の元役員も贈賄容疑で逮捕。

自身のTwitterでは関与を完全否定していた秋元議員ですが、既に離党届を提出し受理されましたので、やはり事実であったのでしょう。

 

新たな情報が入り次第追記させていただきます。

 

今回も最後までお読みくださりありがとうございます。

 

政治家
スポンサーリンク
takahiroをフォローする
すべらないネタ帳