史上最強の自由なライフスタイルとは?

リンクユニット




誰しも一度は、

お金や時間や人間関係に縛られない、
自由な生活ができたらどんなに素晴らしいだろうか、、

なぜ、自分はこんなに毎日息苦しく窮屈に人生を送っているのだろう?

本当にこれでいいのだろうか?

一度人生をリセットして、もっとやりたいことをやりたい。。

将来が不安で仕方ない、、
このまま終わってしまうと後悔する。
そんなことを考えたりしたことは
ないでしょうか。

PTとは

実は、今、自分におかれているリミッターを全て解き放して
自由になれる生き方が存在します。
それはPTとよばれるものです。

インターネットの普及したおかげで、
現実に様々な形でPTを実現している方が増えています。
PTとは、Permanent Traveler の略で
パーマネントトラベラー、終身雇用者といったりします。

簡単に言うと、国籍、ビジネス、居住地、
試算運用、余暇において日本を含めて
海外の国々を使い分けて生活するスタイルのことをいいます。

元来は、欧州の富裕層が過剰な税負担を逃れるために、
いわゆる節税の目的がありました。

しかし、現在のPTは、節税だけでなく、
テロ、政治、経済、自然災害などのリスク回避として大変有効な制度となります。

まだまだ日常ではあまり耳にしない言葉だと思いますが、
ライフスタイルの選択肢として是非知っておいてください。

日本は島国なので実感がないかもしれませんが、
世界的にはどんどん境界が無い時代になっています。

1951年に設立されたEU(欧州連合加盟国)に参加する28ヵ国計5億人は、
EU加盟国内であれば自由に国境を移動でき共通通貨で買い物もできるわけです。

また、TPPという制度も国と国の間でモノの売買を自由にできるように、
境界を無くして国を超えた物流を加速させることを目的としています。

消費者にとっては、海外の良い商品が安く手に入るようになる反面、
販売側にとっては、競争力のないものは淘汰される、弱肉強食の時代に突入したといえます。

PTのメリット

これから益々進むグローバル化時代に即した生き方として、
最善かつ最強の生活スタイル、それがPTです。
PTのメリットとして主に次の4点があります。

・国家の崩壊リスクから逃れられる。

・自然災害やテロなどの人的災害を回避できる。

・課税リスクから逃れられる。

・物事を広く捉えられる幅の広い人間になれる。

5つのフラッグ理論

また、目的別に国を使い分ける概念として
W.G.ヒル氏が確立した、「5つのフラッグ理論」があります。

第1のフラッグ:国籍を持つ国

第2のフラッグ:ビジネスをする国

第3のフラッグ:居宅(居住権・永住権・市民権)を持つ国

第4のフラッグ:資産運用を行う国

第5のフラッグ:余暇を過ごす国

以上最低5つの国を選んで、使い分けてリスクを分散していく生き方です。

格差社会に向けて

いかがでしょうか。

日本人である以上、独身貴族ならまだしも
家庭を持つサラリーマン、主婦の方には、あまりピンとこない、
あるいは憧れはあっても実現が難しいと感じるでしょう。

しかし、グローバル化、ボーダレス化時代への流れは誰にも止めることはできませんし、
「格差社会」と呼ばれる弱肉強食の時代は既に始まっています。

PTという選択肢を知っているだけでも、大きな強みとなり、また準備もできます。

東京オリンピックが1つの節目になるのは間違いありません。
それまでは日本の景気も好調であることは予想できますが、
開催後の状況など誰も正確な予想はできないわけです。

まだ後3年ありますので、PTという生き方も視野に入れながら、
理想のライフスタイル実現に向けて情報を配信していきます。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク