戦略的ノウハウと技術的ノウハウの違い

リンクユニット




macbook

インターネットのおかげで、
私たちはいつでもどこでも瞬時に無料で
情報を手にすることができるようになりました。

少し前までは高いお金を出して手にしてた情報が、
普通に無料で配布されていたりします。

ここで気をつけなければいけないのは、
情報を受け取っただけで満足してしまい、
情報の海に溺れてしまい、
自分が本来目指すべき方向性を見失ってしまうことです。

ノウハウコレクターからの脱出

ノウハウコレクターとは、
まさにこのような状態に陥っている人のことを言います。

インターネットで検索すれば、
実に様々な、魅力的なノウハウ、ツールが無料で配布されていますよね。

月数万レベルの副収入を目指すならば、
そのような無料で手に入る情報でも十分稼げます。

でも、それらは結局「お試し品」でしかないわけです。
本当にしっかりとしたスキルを身につけ稼げるようになりたいならば、
残念ながらお金をかけて習うしかありません。

インターネット業界で大きく稼げている人たちは、
例外なく百万、千万円単位で
自分の脳みそに現在進行形で投資してます。

中には、価格に見合わない商材に出くわすこともあるかもしれませんが、
それでも学ぶことがゼロということはあり得ません。

合法的に戦略を自分のモノにする方法

例えば、

なぜ、自分がその商材を買いたいと思い「購入ボタン」を押したのか?

セールスレターの組み立て方について
効果的なキャッチコピー、キーワード写真や文字の使い方、見出しの演出など。

メールアドレス登録後に送られてくるステップメールの組み方について
何通送られてきて、頻度、全体構成など。

プロダクトローンチの販売手法について
動画、コメントの返し方、メールとの連動、特典のボリューム、質など。
(最近の無料オファー案件はほとんどこの形をとられています。)

少なくとも、ここまでの戦略的なノウハウは学べます。

もっと言えば、お金を支払わなくても、
ここまでの情報は合法的に費用をかけることなく、
自分のモノにできるわけです。

だから、時間が許すならば自分が何か少しでも引っかかった情報は、
アドレスを登録し、かたっぱしから研究することをおすすめします。

しかしながら、今もし貴方が、
目標とする金額が稼げていないのなら、
まだ単なるノウハウコレクターの段階です。

そこから上のステージに抜け出すためには、
お金を払って直接「」から学ぶしかありません。

「師」が稼げているのには、必ず理由があります。
その「理由」までタダでばら撒いているお人好しはさすがにいません。
それは、自己投資して学ぶしか無いですね。
守破離」のうち、まずは「」の段階です。

師の選び方

では、ノウハウをどう選んだらよいのか?
つまり誰を「師」と仰いだらいいのか?

先日お話したように、
ノウハウには大きく2種類あります
技術的ノウハウと、戦略的ノウハウです。

技術的ノウハウというのは、
例えばブログの開設方法だったり、
パソコンの操作方法だったり、
どちらかというと「マニュアル」的なノウハウを示します。

これに対して戦略的ノウハウは、
ビジネスで成功するための道筋、考え方等
文字通り「戦略」を学べるものです。

ビジネスで成功を収めたいなら、
私たちはこの「戦略的ノウハウ」を手にしなければなりません。

技術的なことは、Googleで検索すればほとんど解決できます。ほんとに。
それでも納得できなければ、
Amazonで関連する本を中古で安く買って調べれば
たいていのことは解決しますよ。

所詮「技術的ノウハウ」に分類される商材は、
そのような調べる手間を省くためにまとめたものに過ぎないことを理解しましょう。

それに対し、「戦略的ノウハウ」とは
成功までの全体地図を示してくれるようなものです。

稼ぐための「戦略」を教えてもらえる「師」を見つけ、
そのノウハウを主軸として、
補助教材として「技術的ノウハウ」を利用しましょう。
そうすれば、あなたが望む結果をもたらす近道となるはずです。

関連記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク