井山裕太の経歴や高校を調査!室田伊緒との離婚原因や再婚は?

今回は、囲碁で2度の七冠という偉業を

達成している井山裕太棋士に注目して

いきます。

将棋の羽生善治棋士と共に国民栄誉賞

が検討されているというニュースも

飛び込んできましたね。

井山棋士の経歴や出身高校などの学歴に

ついてや、

元嫁・室田伊緒さんとの離婚原因や

再婚の噂についてなど、

気になる話題にズームイン!

井山棋士のプロフィール

井山裕太さん画像

出典:https://twitter.com/y_iyama_bot

まずは、プロフィールからみていきます。

井山 裕太(いやま ゆうた)

生年月日:1989年5月24日

年齢:28歳

出身地:大阪府東大阪市

所属:日本棋院関西総本部

(出典:Wikipedia)

井山棋士は28歳という若さで、囲碁界

において前人未到の数々の記録を打ち出し、

囲碁界の錦織圭」なんて言われてます。

こんな本も出版されてますね。

現在の段位は十段。

井山裕太さんがいったいどれだけ凄い

棋士なのか経歴など詳しくみていきましょう。

出身高校や経歴は?

出典:http://www.zakzak.co.jp/

井山棋士は、父親が買ってくれた囲碁の

テレビゲームがきっかけで5歳から囲碁

を覚え始め、6歳には石井邦生九段から

の指導を受けることに。

石井九段と井山棋士

出典:http://archive.nihonkiin.or.jp/

小学1年で囲碁3級になっていた井山棋士

の才能に驚き、石井九段の方から弟子に

したいと申し出られたのだとか。

一人っ子でまだ幼かった井山棋士を内弟子

にすることはできず、

かといって通わせるにも遠かったため、

週2日ほどインターネットと電話による

指導を続けていったそうです。

囲碁界で師匠と対局を交えるのは、

入門時とプロ入りを断念して田舎に帰る

時の記念の1局のみというのが慣例。

ところが、井山棋士は石井九段と1,000局

以上も対戦してもらったのだとか。

井山棋士の圧倒的な強さの秘訣は、囲碁

界の常識を破った異例の師弟関係にある

ようですね。

井山棋士は中学1年でプロ入り。

7大タイトルの1つ「名人」を最年少記録

の20歳4ヶ月で獲得します。

その後も次々とタイトルを獲得し、

2013年、囲碁界史上初の六冠を達成

2016年、26歳にして前人未到の七冠達成。

同年11月の名人戦で破れて一旦七冠独占

が終了するも、2017年10月に再び七冠

独占を達成します。

井山棋士画像

出典:www.47news.jp

井山棋士が囲碁界で成し遂げた偉業は

数多くあります。

  • 史上初の年間グランドスラム
  • 史上初の「六冠」「七冠」「2度の七冠」達成
  • 年間最多タイトル(8)獲得
  • 七大タイトル(9)連続制覇
  • 賞金・対局料の史上最高総額(1億7,212万円)

すんごいですねぇ。

詳しい個人記録については、日本棋院

の公式サイトもご参照くださいませ。

井山裕太棋士公式プロフィール

ところで、そんな天才・井山棋士の学歴

をしらべたところ、

東大阪市立孔舎衙中学校を卒業された後

なんと高校には行かずにプロ棋士として

の道を選ばれたようです。

もし高校に進学していたら、厳しい囲碁の

世界でここまでのスピードで偉業を達成

できていなかったかもしれませんね。

元嫁・室田伊緒さんとの離婚原因や再婚について

井山棋士と室田棋士結婚式

出典:https://matome.naver.jp/

囲碁界での偉業ばかりがクローズアップ

される井山棋士ですが、プライベートでは

既に離婚歴があるとのこと。

早速しらべてみたところ、2012年に、

将棋界の美人棋士・室田伊緒さんと結婚

されていました。

室田伊緒棋士とは?

室田棋士画像

室田 伊緒(むろた いお)

生年月日:1989年5月24日

年齢:28歳

出身地:愛知県春日井市

学歴:愛知県立春日井南高等学校→愛知淑徳大学

段位:女優二段

(出典:Wikipedia)

ぬうぉ~~っ、井山棋士と室田棋士は、

誕生日だけでなく、生まれた年まで全く

一緒じゃないっすかw

しかも、記念すべき2人の誕生日に入籍

をされています。

まさに、運命的な出会いで結ばれたはずの

2人ですが、わずか3年半で離婚。

当時、タイトル戦の対局で全国を飛び回る

井山棋士と、同じく普及イベントなどで

各地に出向いていた室田棋士の間ですれ違い

が生じたことが離婚原因のようです。

井山棋士の方は、室田さんにもっと家の

ことをしてほしく、子供も早く作りたい

という気持ちがあったそうですが、

室田さんは、もっと将棋を強くなりたいし

いろいろなことをしたいので、子供は

まだ先でいいという決定的なすれ違いが

あったのだと。

普及イベントと称した飲み会も多く、

井山棋士が対局を終えた日にも、室田さん

が酔って帰ることもあり、かなりストレスが

溜まっていたと関係者はいいます。

井山棋士が七冠を達成したのも、離婚の

おかげと言われたりもしています。

離婚原因について、どちらかが一方的に

悪いということはありません。

やはり最終的には会話の時間もなく、

お互いの気持ちを確認しあえる場がない

まま修復不可能な状態にまで至ってしまっ

たのではないでしょうか。

現在、お2人とも再婚の話はないようです。

まだ若いですし、仕事を理解し合えるよき

パートナーを見つけていただきたいですね。

まとめ

出典:https://matome.naver.jp/

今回は、二度の七冠達成など囲碁で数々の

偉業を達成している井山裕太棋士について

書いてきました。

囲碁の世界では、輝かしい経歴を持つ井山

棋士もプライベートでは、既に離婚を経験

されているなど、決して公私共に順風満帆

というわけではない一面も垣間見えました。

トップになることより、いかにトップで

い続けるか、の方が大事だという井山棋士。

同じく将棋界で若くして七冠を達成し、

現在もトップに君臨し続けている羽生善治

棋士を理想像だそうです。

囲碁の世界は、日本国内だけでなく、

世界中に強豪がひしめいている世界。

井山棋士でさえ、国際戦での優勝は

3年前のテレビ棋戦のただ一度だけ。

井山棋士が今後さらに進化して世界を

制していくのを期待して陰ながら応援

していきたいと思います。

今回も最後までお読みくださって、

本当にありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク