堀佳子の作品の値段や評判は?人形教室や個展をチェック!

今回は、球体関節人形作家である堀佳子さん

について注目していきます。

堀さんの作る人形は、まるで生きた人の表情

のようにリアルだそうですが、どんな作品な

のでしょうか。

また気になる値段や評判は?

堀さんが開催されている個展や人形教室など

の情報についても詳しく調べていきます。

堀佳子さんのプロフィール

堀 佳子(ほり よしこ)

年齢:54歳(2017年8月13日時点)

出身地:岡山県岡山市

堀さんは、1987年より人形作家の吉田良さん

や本城光太郎さん、彫刻作家の武田譲さんに

師事し、人形制作に関わるようになります。

「里歩」という名前でも活動されている

ようですね。

本もいくつか出版されていますよ。

う~~ん、表紙を見ただけでも、堀さんの

作品の完成度の高さやリアリティが伝わっ

てくるってのが凄いですねぇ。

堀さんが主に作っていたのは、球体関節人形

といわれるもの。

球体関節人形とは、関節部分が球体によって

作られ、自在なポーズをとらせることができ

る人形のことを総称しています。

ドイツのハンス・ベルメールという人形作家

の作品が日本に紹介されてから、日本でも

同様の人形を作る作家が急増したのだとか。

その中の1人である、吉田良さんの元で堀さ

んは修行されたわけですね。

ちなみに、吉田良さんの作品は

http://pygmalion.mda.or.jp/yosida/yosida3.html

本庄光太郎さんの作品

出典:http://www.angel-dolls.com/news/2006/20060312honjo/main.html

なるほど… なんとなくですが、堀さん

が師匠である吉田さんや本城さんの影響

を受けていらっしゃることも、これらの

作品の写真から伝わってきます。

作品の値段や評判は?

さて、堀さんが手がけた作品の評判や値段

ってどのくらいなのか気になるところです。

堀さんの作品については、人の温もりや

感触まで伝わってくる独特の生命感がみ

なぎり、吸い込まれそうな魔力を感じる

など、ネット上での評価は高いようです。

値段については、実際いくらで取引されて

いたのか情報がありませんでしたが、等身

大のものだと、1体30万円はくだらない金

額であったものと思われます。

球体関節型人形の相場としては、大きさに

もよりますが、特に有名な人の作品でなけ

れば、40cm前後で3~6万円ほどで販売

されているようですね。

個展や人形教室について

堀さんは個展や人形教室などは開催され

ているのでしょうか。

公式サイトを見ると、現在癌の治療に専念

されており、人形制作の方は活動休止され

ているようです。

1994年にはじめて倉敷市美術館に個展を

開催されてからは、翌年にはイタリア・

ミラノ展開催。

その後は東京銀座三越美術ギャラリーに

も個展を開催されるほか、全国各地にて

数々の個展や出品をされています。

また、人形教室については、地元の倉敷

にアトリエ教室を開き、毎月2回2時間

半のレッスンをされていたようです。

Skypeによるスクールも開催されていた

ようですが、現在はガンの治療ということ

で休止中ですね。

まとめ

今回は、間接球体人形作家の堀佳子さんに

ついて書いてきました。

最後までお読みくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク